一緒にお出かけしませんか? パリ郊外の田舎道をのんびり“妄想”散歩

ドッグラバーはそれこそ世界中にいて、かけがえのないパートナーとして愛犬と仲睦まじく暮らしています。パリの街にもそんな幸せそうな、飼い主&犬のカップルやファミリーがたくさん。その素敵な関係を、ちょこっと覗き見。  
今回はパリからちょっと離れて、とある静かな村からお届け!


撮影/MANABU MATSUNAGA  

ステイホームが基本だけど、お散歩は大事よね

てくてくてくてく。ワタシ、歩くの大好き。
読者の皆さんは、おうちの近所ばかり散歩していて、ちょっと飽きてきたころでしょう? 
今日は、ワタシがお散歩にご案内しますよ。

あっと、まずはご挨拶しないとね。
マダム ジョゼット、ワタシを抱っこして!

飼い主さん あ、はいはい。(よいっしょ)

ワタシ、プラリーヌです。
1歳半のキャバリア・キングチャールズ・スパニエルよ(舌をかまないでね)。
私の飼い主、マダム ジョゼットは、ちゃんと毎日、お散歩に付き合ってくれるの。


見てください、この景色。癒やされるでしょ?
空気もキレイで、人も少なくて、本当に最高のお散歩コース。

この村の名前は、ヴィリエ・ル・バークル 。パリから、そうね、車で一時間ぐらい?
レオナール・フジタ(藤田嗣治)が最後に暮らした場所として、知る人ぞ知る観光地なのよ、ね? マダム。

飼い主さん そうよ。自慢になってしまうけど、私が生まれた家は、フジタのアトリエ兼住居(Maison-atelier Foujita)のお隣だったの。フジタがこの村で暮らし始めたのは、1961年と聞いているわ。子供のころ、彼に会ったこともあるんだから。

へぇ~。マダム、それは大いに自慢していいお話ね。

飼い主さん 亡くなった私の父は、フジタに庭を売ったこともあるらしいわ。

マダム、あれ見せてあげちゃって。


飼い主さん これはフジタからいただいたリトグラフよ。今も大切に飾っているの。


ふふ、可愛い。
ちょっとワタシに似てる~?


じゃあそろそろ、歩みを進めましょ。

この村には、フジタのアトリエだけでなく、彼のお墓もあるのよね。あまり知られていないけど。

こっちこっち。


ここよ。

でも実はね・・・

彼はここに埋葬はされていないの。今は、ふたりともランスにあるフジタ礼拝堂 (Chapelle Foujita)に眠っているけどね。

フジタが亡くなったあとも、奥さんは20年以上この村に住んでたのよ。  


飼い主さん 日本からも観光客が訪れるけど、アトリエだけ見てすぐ帰っちゃうから残念だわ。この村はお城もあるし、のどかな田舎の風景が広がっていて、季節ごとの自然の美しさを感じられるところだから、もっとゆっくりしていって欲しいのに。

お城の一角には、有名な俳優が住んでいるのよ(小声)。大型犬を飼っていて、いつも遠吠えしているの。ほら!聞こえてきた!


マダムはね、以前はパリの近くでカフェを経営していたんだけど、今は生まれ故郷のこの村に戻って暮らしているの。
旦那さんがおうちで療養中だから、看病もしているのよ。

ワタシとの散歩が、息抜きになってるんだって。

飼い主さん ほんと、このコとの散歩は気分転換になるわ。ずっと家の中にこもっていると、病気じゃなくても病気になっちゃうわよ。外に出て日差しを浴びたり、気持ちのいい空気を吸わないとね。

うんうん、ワタシも外が好き。


飼い主さん 今日は週末だから閉まっているけど、美味しいパン屋さんもあるのよ。次に遊びに来たときに、紹介したいわ。


今日は教会のあたりで、ちょっと遠くに人がひとりだけいたけど、ほとんど誰にも会わなかったな。
もともと人口がそんなに多くない村だからさ、いつも静かだけど、ステイホームでますます静まり返っているわ。お散歩中によく会った友達にも会えてないし、マダムと休憩するカフェも閉まっているし。
はやくコロナってヤツがいなくなればいいのに。コロナなんて大嫌い。


皆さんも、また自由に旅ができるようになったら、ここヴィリエ・ル・バークルに遊びに来て。ワタシとマダムを見かけたら、ぜひ声をかけて欲しいわ。
一緒にお散歩しましょう! 待ってます。

MANABU MATSUNAGA/フォトグラファー
ナビゲーター
MANABU MATSUNAGA/フォトグラファー
北海道生まれ。幼少の頃から父の影響で写真を始める。ポートレイト、ルポルタージュなど幅広く活躍中。パリ在住。
このナビゲーターの記事を見る