2020年上半期占い【ふたご座・てんびん座・みずがめ座】幸せの未来予想図

大人気フォーチュンアドバイザーのイヴルルド遙華さんによると、2020年の上半期は、愛も仕事もプライベートも、全方位からチャンスを掴み取る「クイーン」を目指すことが重要なのだそう。
この記事では、「風のエレメント」ふたご座、てんびん座、みずがめ座の皆さんへ、幸せになるためのお告げと開運アクションをお届けします。

イラスト/オカダミカ

ふたご座・・・「これまで築いてきた関係から幸せが訪れる」

仕事でもプライベートでも、奢ってもらえたり、気遣ってもらったり、可愛がってもらえたり、そんな女性を目指したい2020年上半期。ふたご座はさらに他人との関わり合いが密に。困っているから手伝ってあげたい、そんなふうに思ってくれる人があなたの周囲にきっといるはず。誰かの目に留まる女性にチャンスは巡ってきます。

一方でその関係性を見直すという暗示もあので、両親や自分のルーツについて考えるときです。リサーチ力があるふたご座は、ヒヤッとすることも周りの力を借りて乗り越えられるはずです。

クイーンになるために・・・
人を惹きつける魅力があると同時に、誤解されやすく、嫉妬されやすいタイプでもあります。相手の立場を考えて行動を。
ふたご座は優しい言葉や誘惑に弱い一面もあるので、品格を見失わないよう意識して!

てんびん座・・・「お気に入りをちりばめた暮らしを」    

2020年がてんびん座のこれからの基盤となりそう。つまり今が、暮らしを見直し、心の拠り所を考える絶好のタイミングです。「日々が大切」をテーマに、毎日が幸せか、充実しているかというのを念頭に置き、生活のいたる所にお気に入りをちりばめておきましょう。

仕事、携帯、両親、友達と、モノや人との距離感も考えて。カップルの人は彼を甘やかしすぎるのはNG。フェアな関係性を保つのがベストです。結婚に向けて突き進むのも吉!

クイーンになるために・・・
控えめなてんびん座。人の顔色ばかり見て、そこになじみすぎていませんか? もっと笑顔を振りまいて、みんなに思い出してもらえる存在に。
バランス感覚に優れているので、後輩や彼の足りないところについつい手を出しがちですが、尽くしすぎても、都合のいい女に成り下がってもダメ!

みずがめ座・・・「好奇心の先にハッピーが!」

ふと思ったこと、行きたいと思った場所、こういう気がする・・・そんなひらめきを記憶してほしいのです。もともとみずがめ座は直感力に優れていて、そのパワーがまさにピーク。生活に追われてこなすだけの毎日ではそのセンサーは鈍化。触れる、見る、そして気持ちを切り替えることを意識して取り入れてください。

恋愛は感覚的に合うのがサイン。一目惚れもあるかもしれません。恋愛から遠ざかっているなら、ドラマや映画を観て恋したいムードを盛り上げて。

クイーンになるために・・・
周囲に左右されない、ブレない強さを持っているみずがめ座。でも今は「ひとりで何とかしよう」と思わないで。人を頼る機会も持つこと。
また、今一度常識やルールを身に付けながら、律する部分、はずす部分のバランスを整えて。

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る