思わずギクリ!「恋愛はしたくないの」と言う女たちの本音を探る

女芸人 紺野ぶるまさんによる女観察エッセイ「奥歯に女が詰まってる」。GINGER世代のぶるまさんが、独自の視点で、世の女たちの生き様を観察します。     

第20回 恋愛に興味がないという女

「恋愛にまったく興味がない」
と言う女性に立て続けに3人会った。

“彼氏が欲しくないという時期”とかそういう次元ではなく、もう10年以上その状態だと言う。

この3人の共通点は、
男性アイドルの熱烈なファンだということ。

そして、
「じゃあそのアイドルとだったら結婚したい?」
と聞くと3人とも食い気味で、「したくない」と答えたのだ。

こういう女が現れるとだいたい理解するのを一旦やめ、
「こじらせてる」とか「悟っている」など適当な言葉で片付けることが多いが、
どこが本音ではないような気がして、続けて掘ってみた。

するとアーティストとして、そのアイドルが好きということだったので、
「じゃあ、そのアイドルにそっくりで、尚且つ性格も良い一般人だったら付き合いたい?」
と聞くとそれも食い気味にノー。

思わず、
「嘘つけ!」と食い気味に突っ込んでしまったが、

彼女たちは、

「恋愛で一喜一憂してる人みると、引いちゃう」

「気になる人がいても自分よりもいい人がいるよな〜って思う」
などと、どこか冷めた様子で答えたのだ。

それを聞いて学生時代の“帰宅部がかっこいいと思ってるやつ”を思い出した。

なにかを頑張ること(誰かに恋をすること)が美しいというのは知っている。しかし部活(恋愛)には試合(告白)がつきものだ。正面から戦うのがこわい。自分はきっと負ける(振られる)だろう。だったら参加せずに自分のプライドを守りたい。不戦勝でも勝ちは勝ち!

といったところでないだろうか・・・。

こういうタイプに限って、自分が本気を出せば都大会くらいはいける!
「道端で出会った年下ハーフの男に、強引に告白されていやいや付き合う日が来る!」と頭の中で幻想が大きくなっていたりするからこわい。

実際は、少し走ってみただけで足をつる(自分からLINEを送るだけでも2時間悩む)レベルなのに。それでも、戦わずにスカしてるよりは、ずっと美しいのかもしれない。

最後に
臆病な人とかけまして
彼女をおんぶする人と解きます。

その心はどちらも、
本当は伝えたい想い(重い!)がそこにあるでしょう

今日も女たちに幸せが訪れますように。  


文/紺野ぶるま  

紺野ぶるま
ナビゲーター
紺野ぶるま
1986年9月30日生まれ。松竹芸能所属。「R-1ぐらんぷり」や「女芸人NO.1決定戦 THE W」で女芸人NO.1決定戦THE W」で2017年、2018年、2019年3年連続ファイナリストに進出するなど、今注目の女芸人。特技は大人のなぞかけ。
このナビゲーターの記事を見る