メーカー勤務32歳、貯金額100万円の賢い貯金術

毎月ひとりずつ、読者の皆さんにお財布の中身や家計簿を公開していただくGINGERの人気連載「MONEY事情」


今回登場していただいたのは、メーカー勤務の伊藤真紀子さん(仮名/32歳・独身)。彼女の家計簿とお財布の中身を、さっそくチェックしていきましょう!

年収と、現在の貯蓄額を教えてください! 

「年収は現在630万円ほど。新卒で入った広告代理店から、オンラインショップを中心に販売している美容商材のメーカーに転職。商品をどうやってPRしていくか戦略を立てる広告宣伝部にいます。前年の査定で役職が付き、給料が150万円上がりました」 

入社2年目で昇格し、給料が上がって収入には満足しているものの、なかなか貯金が増えないと悩んでいる伊藤さん。

「老後資金が2000万円必要なんていわれているのを聞くと、働いているうちにちゃんと貯めておかなくちゃと思います。親が定年になったときも考えると、ある程度貯金がないと不安で・・・。いつも後先考えずに欲しいものを買ってしまうので、気付いたらクレジットカードの引き落とし額がすごいことになることもしばしば・・・。欲しいと思ったものは衝動買いしてしまうので、どうしてもここの支出が高くなってしまいがち。使う金額を月にいくらまで、と決めて、家計を見直していきたいです」


現在の貯蓄額は? 

「ピーク時は(貯蓄が)300万円くらいあったのですが、転職するタイミングでオーストラリア、ハワイ、グアム、沖縄と立て続けに旅行に行って減ってしまいました」

理想は、勤続年数×50万円程度の貯金をキープすること。次のステップとして目標額や働き方、暮らし方などを思い描いて、理想のマネープランを考えてみてくださいね。

 
撮影/植一浩

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る