気になったことには即反応!見習いたいマギーの瞬発力

“瞬発力“それが、さまざまなものを手に入れていく人に共通しているもの。欲しいものやしたいこと 。閃(ひらめ)きから行動に移すために必要なこと、さらに腰が重い人に向けてのアドバイスまで、マギーさんにじっくり語ってもらいました。

自分と対話して、なりたい自分を明確にしていく

「興味のあることに対して、素早く反応するタイプです。気になったヒト、コト、モノをそのままにしておけない体質なんですよね」

雑誌もインスタグラムも隅々までチェック、気になった情報はすかさずカメラロールに保存する。さらにそれらを実際に自分の目で見て、どう感じるかまでリサーチするのがマギー流。

「基本的に愛あるものだけに囲まれて生きていきたい。そのためには、好きなものとそうでないものを明確にする必要がありますよね。だからまずはSNSを含む情報の海にアンテナを張る。でもそれだけでは不十分で、気になったお店には足を運ぶし、ピンときた海外ブランドはオンラインで買ってみる。実際に触れてみないとわからないから、フットワークを軽くするようにしているんです」

気分が落ちてもいい。そこに気付きがあるはず

SNSとリアルをバランスよく行き来することで、「自分に合う!」もしくは「どこか違う」というセンサーが研ぎ澄まされていく。結果、「“私を幸せにするもの”を見つける速度と精度がどんどん上がっていく」と語る。

「大事なのは心の声や体の反応を敏感に察知して、常に心地よい状態をキープしておくこと。すると自分を大切にする環境で生きられるから、人生全体のパフォーマンスがぐんと上がるんですよね」

自身でプロテインやファッションブランドをプロデュース

こだわりを詰め込んだプロテイン『CRAS(クラース)』をプロデュース。また、『SURIPSIA(スリプシア)』はファッションやメイクはその日の気分でガラリと変えていいという思いを込めて立ち上げたブランドだそう。

そうやってマギーさんは、本当に体が喜ぶ商品を作りたいという想いから、「マネジャーに直訴した」という高品質の植物性プロテイン作りや、新しい試みというファッションブランドのプロデュースなど、次々に道を力強く切り拓いている。

「やりたいことがあるのに、腰が重くて動けないという女性がいたら“自分との対話”をおすすめします。まずは腰が重い本当の理由をキャッチすること。そこから不安、世間体、見栄を捨て、どうなりたいのかをもっと明確にする。そうすればもう自然に体が動き出すはずです。あとはね、すべて経験と思ってやってみること。失敗しても落ち込んでもいいと思う。だからこその気付きが絶対にあるはずだから」

マギー
1992年5月14日生まれ、神奈川県出身。モデル、女優として活躍中。初出演映画『東京喰種トーキョーグール【S】』が公開中。

撮影/神戸健太郎
スタイリング/角田かおる
ヘア&メイク/YUMBOU(ilumini)
インタビュー/本庄真穂

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る