【ピンクリボン強化月間】おっぱいのセルフチェック、これだけはしておくべきこと

10月は「ピンクリボン強化月間」。例年なら乳がんの啓発イベントがあちこちで行われますが、今年はコロナ禍で中止が相次いでいます。

でも、モニュメントのライトアップやセミナーなどを実施する「ピンクリボンフェスティバル2020」は一部開催されていますので、気になる人は覗いてみてください。

ピンクリボン強化月間にちなんで、アラサー世代に知っていてほしい乳房のセルフチェック法をご紹介します。

月1回はおっぱいを真剣に触って!

乳房のセルフチェックは、20歳から毎月行いましょう。生理が終わって2日目から3日目がおすすめです。生理前、生理中の張りがおさまり、乳房がやわらかくて安定している時期に行います。 

まず、鏡の前で両腕を上げた状態で、

☑左右の乳房の形や大きさに変化はないか
☑乳房や脇の下、鎖骨周辺にしこりはないか
☑皮膚にへこみやひきつれはないか
☑乳首にただれやへこみはないか
☑乳首から分泌物は出ていないか

をチェックします。

両腕を下げて、力を抜いた状態でも同様に変わりはないかチェックします。

触り方は「の」の字で!

指の腹で、乳房の真ん中、乳首かららせん状に移動していきますが、そのときに4本の指を揃えて、小さな「の」の字を描きながら移動するのがコツです。


お風呂でボディソープをつけながら

石鹸やボディソープ、ジェルなどをつけると、乳房の凹凸がよくわかります。

指の腹でクルクルと、クリームを塗りこむような感じで、乳房全体はもちろん、リンパのある脇の下、鎖骨周辺も丁寧に触ります。

指でつまむように触るのはNGです。しこりを発見しづらくなります。

あお向けで寝た姿勢でも

入浴時だけでなく、ベッドの上であお向けに寝て触ると、起きた姿勢では発見できないしこりに触ることがあります。

寝る前に、あお向けの姿勢で、あまり高くない枕か、タオルを折って、背中の下に入れます。チェックするほうの腕を上げて行います。脇の下も忘れずに触ります。

前の月と違う!がサイン

セルフチェックは毎月行うことで、前月との違いに気づくことが大切です。「いつもと違う!」と感じたら、乳腺科を受診しましょう。

乳がん検診やセルフチェックの情報、近くの医療機関検索は、こちらのサイトでわかりやすく取り上げています。参考にしてみてください。

「ワコール ピンクリボン活動」
https://www.wacoal.jp/pink_ribbon/selfcheck/

セルフチェックは、毎月行うことで、前の月との違いがないかを確認することが大切です。「いつもと違う!」と感じたら、乳腺外科を受診しましょう。

アラサー世代の乳がん、どんなことに注意すれば?

20代30代の乳がんに関しては、さまざまな情報があふれています。正しい知識を得て、冷静に行動してほしいと思います。

「どんな人がかかりやすく、何に注意すべき?」について、まとめました。

まず、知ってほしいのは、20代、30代の乳がんは、乳がん全体の3%未満[*]しかいないということです。非常に少ない数です。

34歳以下の乳がんのことを「若年性乳がん」といいます。

今年、日本女性の乳がんは、9人に1人となって、日本でかかる人が最も多いがんで、罹患者数、死亡者数も増加し続けています。

けれども「若年性乳がん」は、40代、50代の乳がんと比べて決して多くないのです。

乳がんは、40代〜60代の女性がかかる率が高いがんです。

20代、30代で乳がんにかかるリスクは決して高くありません。必要以上に心配する必要はありません。

*厚生労働省 若年性乳がん患者のサバイバーシップ支援プログラムより

20代30代で、乳がんに注意すべきは?

34歳以下の若い世代で、乳がんに気をつけたいハイリスクの人は、血縁に乳がんや卵巣がんの方がいらっしゃる場合です。

若年性乳がんは、「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」と関係しているといわれています。HBOCは、女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが告白したことでも有名です。

ただし、遺伝性の乳がんは、乳がんや卵巣がんにかかった人全体の約1割以下です。多い数ではありません。

もしも、血縁(母、姉妹、祖母、叔母、いとこ)に乳がん、卵巣がんの方がいらして心配な場合は、20代30代でも一度、乳腺外科専門医を受診して相談してください。

若い世代の若年性乳がんについての詳しい情報は、

「厚生労働省 若年乳がん患者のサバイバーシップ支援プログラム」(http://www.jakunen.com)が参考になります。

若年性乳がん体験者の会「Pink Ring」(https://www.pinkring.info/)もあります。

アラサー世代の乳がん検診はどうすれば?

20代、30代は、自治体などの乳がん検診(対策型検診)はありません。

もしも20代、30代で、乳房にしこりなどの症状を感じたら、乳腺専門医がいる乳腺外科、外科(乳腺専門)を受診することが大切です。多くの産婦人科は、乳腺は専門ではありませんので、間違えないようにしましょう。

症状がある場合は、検診ではなく、診療ですので、健康保険が使えます。

乳房に気になる症状がなくて、血縁に乳がんや卵巣がんの方がいらっしゃらなければ、必要以上に心配しなくて大丈夫。マンモグラフィなどの乳がん検診を受ける必要はありません。

20代30代は、先ほど紹介した乳房のセルフチェックを月1回、生理終了から2~3日後に毎月、行うことが大切です。

取材・文/増田美加

増田美加/女性医療ジャーナリスト
ナビゲーター
増田美加/女性医療ジャーナリスト
NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。本誌「30歳美容委員会・女性ホルモン整え塾」でもお馴染み。エビデンスに基づいた健康情報、予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書は『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人「みんなの漢方R」理事長、NPO法人「乳がん画像診断ネットワーク(BCIN)」副理事、NPO法人「女性医療ネットワーク」理事、CNJ認定「乳がん体験者コーデイネーター」ほかを務める。
このナビゲーターの記事を見る