初心者にもできるプロ級の味、捏ねないフォカッチャの作り方!

パン作りは「捏ねるのが面倒で・・・」と敬遠してしまう方が多いと思いますが、実はパン作りには捏ねると言う作業は必要ありません。それどころか捏ねずに時間をかけて発酵させる方が、ずっと味わいのある美味しいパンを作ることができます。


ということで、今回は初心者にも簡単に作れるシンプルなフォカッチャの作り方を紹介します。捏ねないパンは簡単なだけでなくボウルの中で混ぜるだけだから、後片付けもとっても簡単。そしてさらにうれしいのは、ゆっくり発酵させるので食べたい時間に合わせて、発酵時間を調整することができることです。パン作りが苦手な方も、ぜひ試してみてくださいね!

捏ねないフォカッチャの作り方

フォカッチャを作るにあたって、水分が多くベタベタして扱いにくいですが、間違いではありません。パンは水分が多いほど美味しく出来上がるからなのです。実際の作業時間はとても短いですが、発酵時間を含めると完成まで最低15時間かかるので、食べたい時間までに完成するよう、計画的に作りましょう。

●材料
強力粉 250g
砂糖 小さじ1杯
インスタントドライイースト 小さじ1杯
塩 小さじ1杯
ぬるま湯 240ml
オリーブオイル 大さじ1+大さじ1+小さじ1杯
シーソルト適量

●作り方
1. ボウルに強力粉から塩までを加え、混ぜる。ぬるま湯を注ぎ、スパチュラを使って粉気がなくなるまでざっくりと混ぜ、一つにまとめる。上からオリーブオイル大さじ1杯をかけラップし(皿や濡れたふきんでもOK)、冷蔵庫で12時間以上(24時間まで保存可能)発酵させる。表面全体に気泡ができ、約2倍にふくらむのが目安(写真1と2)。

写真1
写真2


2. 希望の焼き上がり時間の3時間ほど前になったら、生地を冷蔵庫から取り出し、オイルを塗った手で縁から生地を引っ張り上にかぶせる作業を数ヵ所から繰り返してガス抜きをし、生地をボウル状にまとめる(写真3と4)。

写真3
写真4


3. 20cmのスクエア型にオリーブオイル大さじ1杯加え、その上に2の生地を乗せる。オイルを生地全体にコーティングし、もう一度全体を一つにまとめて閉じた面を下にしておく。生地が倍に増して、型いっぱいに広がるまで2時間前後発酵させる(写真5と6)。

写真5
写真6


4. 生地全体に指でくぼみを付け(写真7)、オリーブオイル小さじ1杯をふり、シーソルトを全体に散らす。230℃に余熱したオーブンで、良い焼き色が付くまで20分前後焼く。取り出し、網の上で粗熱を取って完成。

写真7

★ポイント
20cmスクエア型以外に、20~25cmケーキ型・パイ型・耐熱容器で代用できます。
焼き立ては格別ですが、あらかじめ焼いておいたパンを170℃のオーブンで温めれば焼きたて同様の美味しさになります。オリーブオイルをレシピ通りしっかり使わないと、フォカッチャではなく普通のパンになってしまうので、気をつけてください。

〈詳しい手順は動画をチェック!〉

写真・文/ブライデン陽子

ブライデン陽子/料理研究家
ナビゲーター
ブライデン陽子/料理研究家
料理研究家。1991年に渡米。インテリアデザイナーとして数々のスペースを手がけた後、Yoko Design Kitchenを立ち上げる。ハーバード大学でリサーチアシスタントを務める他、料理教室、レシピ開発など幅広い分野で活動。世界中を旅して得たルールに拘束されない自由な発想とスタイリッシュな料理が人気。
このナビゲーターの記事を見る