いつもと違ったら要注意!おりものの異常でわかる病気とは?

女性の子宮トラブルで不快なもののもうひとつが、おりもの。生理同様、いつもと比べて違いがあるようなら危険信号。STD(性感染症)など、重大な病気が進行している可能性も。普段から気にかける意識を持ちましょう!

いつもと違うおりものは要注意!

おりものは、子宮頸部、子宮内膜、腟から出る酸性の分泌物。腟内部のうるおいを保ち、粘膜を守り、汚れを排出したり、 バイ菌が子宮内に侵入するのを防ぎます。 女性のカラダを守る大切なものです。女性ホルモンの分泌や健康を判断するバロメーターで、量やニオイ、色などは生理周期や健康状態によって変わります。

おりものは、排卵期に向けて少しずつ増え、排卵期には卵の白身のような透明のゼリー状でよくのび、精子を受け入れやすい状態に。 排卵後は量が減り、粘り気のある黄白色のおりものに変化します。これらは正常なおりもの。いつもと違う量やニオイが気になったら、STD(性感染症)も考えられます。放っておかず婦人科を受診して。

こんな症状はありませんか? 

☑ 外陰部に水疱やイボがある
☑ 性交時や排尿時に痛みがある
☑ 性交後に出血がある
☑ おりものの量がいつもより多い
☑ おりものの色が違う。 ニオイが強い
☑ 外陰部がかゆい、痛い

➡ひとつでもチェックがあった場合は、何らかのトラブルが隠れている可能性が!

不正出血も心配な場合が・・・

不正出血とは、生理以外の性器出血のこと。不正出血は排卵時出血など、多 くの人が経験することですが、注意すべきものもあります。
放置すると貧血が進んだり、重大な病気が進行していることも。早めに出血の原因と部位をはっきりさせることが大切。なかには子宮体がん、卵管がん、腟がん、外陰がん、子宮肉腫などが原因のことも。

➡性交時出血、生理痛がひどくなる、貧血があったらすぐ婦人科へ!

性感染症の早期発見のために婦人科へGO!

性感染症には、さまざまな種類があります。最近は自覚症状のほとんどないク ラミジア感染症やHIV感染症が広がっています。性感染症は性行為によって、 皮膚や粘膜を通して感染する病気。カップルの片方がかかった場合、パートナー にうつしている可能性が。
本人が治療して治ってもパートナーも治療しなければ、その後の性行為で再び感染・・・。これをピンポン感染といいます。ふたり同時に治療することが大切。

予防には、コンドームを正しく使うことが重要。感染を放っておいたり、症状がないため気付かずにいると、女性は不妊症の原因になったり、 妊娠、出産時に赤ちゃんに感染することも。女性は婦人科でおりもの、尿、血液、腟分泌物検査などを行います。ほとんどのSTDは薬で治療できます。

放っておくと大変! STD(性感染症)

トリコモナス腟炎

腟トリコモナス原虫がおもに性行為で感染して起こる病気。原虫のため、性行為以外に下着、タオル、便器、浴槽での感染の可能性も。症状はあわ状で悪臭の強いおりものの増加。外陰部や腟の痛みや強いかゆみも。

クラミジア

女性の性感染症で最も頻度が高く、自覚症状がないのが特徴。気付かないうちに進行して、子宮や卵巣にまで炎症が広がり、不妊の原因にも。おりものの増加、頻尿、排尿痛、性交時出血や上腹部痛をともなうことも。

尖圭コンジローマ

性器や肛門周辺にカリフラワー状のイボができる。尖圭コンジローマは、低リスク型の6、11型HPV(ヒトパピローマウイルス)が原因。 高リスク型16、18型HPVは子宮頸がんに。出産時に母子感染する場合がある。

淋菌感染症

クラミジアに次いで多い。淋菌(病原菌)が性器や喉、直腸などに感染。おりものの増加程度で感染に気付きにくい。進行すると激しい下腹部痛と発熱が。子宮外妊娠や不妊症の原因にも。 感染中、出産すると赤ちゃんへの感染も。

性器ヘルペス

水疱ができ、破れて強く痛む。女性の初感染時は、排尿がつらいほど痛む。一度感染するとウイルスが潜み、抵抗力が落ちると再発することも。妊娠中に発症すると母子感染の危険があり、帝王切開をすすめられる。

HIV感染症

エイズウイルスで、正式にはヒト免疫不全ウイルス。ヒトに感染すると免疫力を低下させる。感染して治療をせずにいると、免疫力が弱くなりさまざまな病気が起こる。ほかのSTDに感染していると、HIV感染率は数倍増加する。

GINGER編集部ビューティ班
ナビゲーター
GINGER編集部ビューティ班
ありのままでは通用しなくなるアラサー世代に捧ぐ、リアルに役立つ美容情報をピックアップ。今の“きれい”をキープするだけでなく、レベルアップさせるための秘訣を大公開!
このナビゲーターの記事を見る