ローズウォーターは女性ホルモンを整え、生理不順、PMSにも!

ローズウォーターは、ヨーロッパで数千年前から医療、健康、美容に使われていて、その成分には、驚くほど多くの効能が秘められています。現在、新たにその価値が科学的に明らかになり、ヨーロッパを中心に内服、外用でさまざまな不調解消に使われています。女性ホルモンのバランスを整え、生理不順やPMS、乾燥肌にも試す価値あり! と言われています。女性ホルモンに詳しい増田美加が美容とヘルスケアに使えるローズウォーターの最新情報をお伝えします。

ハーブウォーターは、精油より即効性あり!

ハーブウォーターとアロマウォーターの違いをご存知でしょうか? アロマウォーターは、単に水に精油を加えただけのものです。 でも、ハーブウォーターはそれとはまったく異なり、植物(ハーブ)に水蒸気をあてて水蒸気蒸留法を行うことで、精油と水溶性芳香ウォーターの2つを抽出。この水溶性芳香ウォーターこそが、ハーブウォーターです。 ハーブウォーターは、精油とほとんど変わらない主成分で、精油以上の効果や即効性が期待できる作用もあるほど。 ハーブウォーターを抽出する蒸留法は、バラ発祥の地と言われるイランの医学者によって発見され、ハーブウォーターの歴史は、ローズウォーターの歴史でもあります。

生理不順、加齢臭、不眠、イライラにも期待…

こんな人は試す価値ありです!
  生理不順、PMS、更年期障害に悩む人
 加齢臭や汗の臭いが気になる人
 眠りに不安がある人
 忙しくストレスが強い人
 落ち込みやイライラがある人
 眼、口腔内、腟などの粘膜が乾燥している人
 敏感肌、乾燥肌の人

飲んでも、点眼しても、粘膜や素肌につけてもよし

ローズウォーターの主成分は、フェニエチルアルコール、ゲラニオール、シトロネロールといった“芳香成分”。 鎮静、抗不安、抗菌作用のあるフェニチルアルコールの含有割合は、精油より、高いのが特長です。
 ホルモンバランスを整え、体臭、加齢臭を抑え、ストレス緩和、鎮静作用も期待できます。 飲むことで、加齢臭、体臭を抑え、消化器や自律神経を整え、ホルモンバランスの調整やストレス軽減にも作用します。
 また、外用として皮膚につけることで、皮膚や粘膜への抗菌、抗炎症作用が期待できるため、皮膚や髪にローションとしての使うのはもちろん、目や鼻の粘膜をローズウォーターで洗ってもOK。

バラ発祥の地イラン産の原種のローズは貴重

イランでは、古くからローズウォーターの生産が盛ん。品種改良を一切行っていないイラン産ダマスクローズの原種は、非常に貴重で香り豊かです。 ez-es(エズ・エス)の代表、新井美月さんは、イランに毎年通い、今も行われているバラの丁寧な手摘みと、伝統的な水蒸気蒸留法に立ち会っています。

炭酸水で割って飲んでも、料理に使っても美味しい!

ヨーロッパでは伝統医療の中で、外用として肌につけるのはもちろん、内服用としても古くから使われてきた歴史があります。 コップ1杯の水に小さじ1杯のローズウォーターを入れて飲みます。
炭酸水やお茶にローズウォーターを加えて飲んだり、料理に使う方法もおすすめです。 飲んで美味しいローズウォーター。新しいヘルスケアと美容の習慣として、取り入れてみませんか。 

 「ヴァレデローズ 高濃度プレミアムローズウォーター」
イラン産ダマスクローズだけを使ったハーブウォーター。30%の蒸留濃度。希釈(約10倍)してもそのまま飲んでも可。

100mℓあたりエネルギー0kcal、炭水化物、タンパク質、脂質、糖質0g、ナトリウム10mg。
500ml ¥6,480(税込み)、(60ml ¥1,458もあり) 

ez-es(エズ・エス)http://vallee-des-roses.jp/index.php

文/増田美加


増田美加/女性医療ジャーナリスト
ナビゲーター
増田美加/女性医療ジャーナリスト
NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。本誌「30歳美容委員会・女性ホルモン整え塾」でもお馴染み。エビデンスに基づいた健康情報、予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書は『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人「みんなの漢方R」理事長、NPO法人「乳がん画像診断ネットワーク(BCIN)」副理事、NPO法人「女性医療ネットワーク」理事、CNJ認定「乳がん体験者コーデイネーター」ほかを務める。
このナビゲーターの記事を見る