乳がん女性を応援する果物や植物、ミネラルだけのコスメ「MⅰMC」

「乳がんの女性がメイクで元気になってくれたら」・・・と今年の乳癌学会患者イベントに協賛予定の、ミネラルコスメの「MiMC」。代表の北島寿さんは化学物質過敏症の経験から、肌に負担になる成分を排除し、製品を開発したそう。肌によいものを使いたい・・・と女性なら誰もが思うことを実現した彼女。その製品誕生の背景、そして想いを、最新の健康と栄養を熟知した増田美加が探ります。

皮や種まで使ったホールフーズ発想

MiMCの全アイテムは、肌に負担になる合成防腐剤、紫外線吸収剤、石油由来成分や化学合成成分、タルクを一切配合せず、植物の力を丸ごと生かしたホールフーズ発想の製品。“植物成分”と“植物由来成分”の違いを知っていますか? 植物成分とは、植物をそのまま抽出したもの。植物成分に化学合成を行った植物由来成分とは、違います。MiMCは“植物由来成分”ではなく“植物成分”のみ。さらに、植物成分の抽出法も、薬品や熱処理ではなく、ビタミンやミネラルを壊さないコールドプレス製法(圧搾)にこだわっています。

植物とミネラルだけなのに発色がいい!

私のナチュラルミネラルコスメのイメージは、発色が悪く、仕上がりやカラーバリエーションがいまいち…というものでした。その固定観念を変えてくれたのがMiMC。私も乳がんを経験者ですが、治療中は肌荒れ、乾燥、黒ずみ、湿疹などに悩まされ、メイクどころではありません。でも女性にとって、鏡の前の自分の姿を肯定できることは、メンタルにとって非常に大切。特に治療中は、心が折れることも多く、治療を継続できない人も少なくないのです。そんなとき肌に負担なく、美しい発色のコスメで晴れやかなメイクができたら…がん治療中の女性の支えになります。

乳がん女性に元気なってほしい!

代表取締役の北島寿さんは、自身が化学物質過敏症で肌がボロボロになった経験から、ナチュラル100%成分のファンデーションを、2007年世界で初めて日本人の肌質・肌色に合わせて開発。ミネラルファンデーションと呼ばれるものの中には“ミネラルだけ”もあれば、“ミネラルも使っている”というブランドまで玉石混合。その中で、MⅰMCは肌へ負担を取り除くだけでなく、逆に肌にプラスになるミネラルだけのファンデーションを発表。「乳がん患者さんが前向きに治療と立ち向かっていただくために、メイクは大切なアイテムとお聞きしました。全ての女性が心からメイクを楽しみ、美しくなれる、メイクで肌を傷めるストレスから自由になれることを願って、これからも日々の研究を続けていきます」と北島さん。MⅰMCは、2016年6月19日第24回日本乳癌学会患者イベントの公式スポンサーになっています。

MⅰMC公式ホームページ http://www.mimc.co.jp/

文/増田美加


増田美加/女性医療ジャーナリスト
ナビゲーター
増田美加/女性医療ジャーナリスト
NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。本誌「30歳美容委員会・女性ホルモン整え塾」でもお馴染み。エビデンスに基づいた健康情報、予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書は『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人「みんなの漢方R」理事長、NPO法人「乳がん画像診断ネットワーク(BCIN)」副理事、NPO法人「女性医療ネットワーク」理事、CNJ認定「乳がん体験者コーデイネーター」ほかを務める。
このナビゲーターの記事を見る