MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年4月号
4月号 Now on sale
変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TRENDライフスタイル

2020.10.09

狂っているのは世界か、それとも人間か。社会の闇を描いたダークファンタジー

ホロコーストを逃れ自分の故郷を目指してゆくユダヤ人の少年と、「異端者」である彼がさらされる狂気を、戦争を背景に寓話的に描いた衝撃作。自身もホロコーストの生き残りである作家イェジー・コシンスキが、実体験をもとに書いたと言われる発禁本を、50年の歳月を経て映画化したというこの作品の見どころを、映画ライター渥美志保さんにたっぷりと語っていただきました!(編集部)

絵本のようなモノクロの世界で「異物」を虐げる人たち

異端の鳥

映画の冒頭では、主人公の少年が小さな動物を抱えて森の中を逃げていて、そこに別の少年の一団が襲いかかります。ボコボコにされた彼が荒野にぽつんとある家に戻ると、その家主であるおばさんから「一人で外に出ちゃダメだ、自業自得だよ」と諭されます。なぜ「自業自得」なのかはわかりませんが、おばさんは彼の面倒をみてくれるし、少なくとも彼女との二人暮らしの中では安心なようでした。

ところがある晩、このおばさんが急死。死んでいることを発見して驚いた少年はランプを落としてしまい、家も焼失してしまいます。映画はここからはじまる、少年が「本当の家を目指す旅路」を描いてゆきます。

少年はどこにいってもイジメられひどい目に遭うのですが、それとは別に彼はさまざまなことを目にしてゆきます。

例えば、彼を拾った粉屋の主人が、妻の浮気を疑って彼女に暴力を振るうこと。鳥を売るおじさんに世話になっときは、「羽に色をぬられた鳥」が他の鳥たちに攻撃されて死んでしまったこと。奔放に情事を楽しんでいた女が、村の女性達にひどい目に遭わされること。親切な司祭に助けられ、預けられた先の敬虔なキリスト教信者が、実はとんでもない人物だったこと。

平和に暮らしていたらありえない経験をいくつも経て、少年はだんだんと自分を失ってゆきます。

やがて分かってくるのは、少年が第二次大戦のナチによるユダヤ人虐殺(ホロコースト)から逃れたユダヤ人であるということ。道中、彼がイジメられるのは彼が「羽に別の色を塗られた鳥」と同じように、そのコミュニティの「異物」だから。

映画はこの原作を書いたポーランド人の著者自身の実体験だともいわれているのですが、例えば「他と考えが違う」「他と見た目が違う」「他と行動が違う」「他と肌の色が違う」といった人たちが、あるコミュニティにおける「異物」として攻撃される状況は、ホロコーストとか戦争とかまったく無関係に、今の社会そのもののようにも思えます。

美しすぎるモノクロ映像もすごく魅力的です。完璧な構図や見たことのない映像、衝撃的なアイキャッチなど、どの場面も目を奪って離さないものが、それはもう美しく切り取られています。

この時代の東欧の村には、まじない師のおばあさんとかがいて、もはやファンタジーの世界なのですが、「主人公の少年が、ある場所にたどり着き、何かが起きて逃げる」というのが繰り返される構成と相まって、ダークなおとぎ話、大人向けの黒い絵本のようでもあります。

『異端の鳥』
監督・脚本/ヴァーツラフ・マルホウル
出演/ペトル・コトラール、ステラン・スカルスガルド、ハーヴェイ・カイテル
www.transformer.co.jp/m/itannotori/
© 2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN CESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCK
※10月9日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

TEXT=渥美志保

PICK UP

MAGAZINE

2021年4月号

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

2月22日(月)全国発売のGINGER2021年4月号では、幸せのチャンスを引き寄せ、自分の可能性を広げるための最新トピックスを満載した「おしゃれもマインドも変化を楽しむ時代へ!」を大特集。“CHANGE”を存分に楽しんでいる素敵な人へスペシャルインタビュー。カバーウーマンには、インスタが上がるたびに美しさとコメントに注目が集まる桐谷美玲が近況報告と最強のビューティショットで登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる