MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年4月号
4月号 Now on sale
変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TRENDライフスタイル

2020.02.05

長続きするカップルの秘密

ドッグラバーはそれこそ世界中にいて、かけがえのないパートナーとして愛犬と仲睦まじく暮らしています。パリの街にもそんな幸せそうな、飼い主&犬のカップルやファミリーがたくさん。その素敵な関係を、ちょこっと覗き見。

パリの蚤の市で・・・聞こえてきたつぶやき

松永学
ボンジュール。ワタシ、ギネスといいます。年齢は8歳。
人間でいうと、そうね、アラフィフっていうのかしら? 酸いも甘いも経験済みのマダム世代よ。なんてね、そんなたいしたもんじゃないけどさ、フフフッ。
松永学
ワタシの日課は蚤の市をパトロールすることなの。いろんな出店をハシゴして、顔なじみの店主たちに挨拶してまわるのよ。みんなワタシが立ち寄るのを待っていて、声をかけてきて、頭をなでたり、ちょっとした食べ物をくれるわけ。

松永学
ほら、ワタシって自分で言うのも何だけど、スタイルもいいじゃない? 顔も小さいし。ボーダーコリーとブラック&タンのミックスらしいのよ。めずらしいでしょ。どこに行っても、注目されちゃう(笑)。

あ・・・パトロールから戻ったワタシを待ち構えている・・・このオトコは・・・

松永学

ガストン「おい、戻りが遅いじゃないか」

いうなれば・・・ワタシの相棒というか・・・同居人かな。
ラブラドール・レトリバーで、ガストンって名前。年齢はだいたいワタシと同じ、あ、でもちょっとだけ上ね。
松永学
正直、ハンサムではないわね。悪くはないけど。
ちょっと今日は、ガストンのことを語らせてもらうわ。・・・だって、彼ったら、オトコの面倒なトコをぜんぶ持っているのよ。ワタシの苦労を聞いてほしいの。

その1 オンナを従わせようとする

ほら、よそ見するなよ、とか、そこ危ないぞ、とか。オトコって、あれこれと指図するのが好きよね。自分では、オンナを守ってあげているつもりなの。日本では、亭主関白っていうんでしょ? そういうの。
こっちはね、言うことに従っているフリをしてあ・げ・て・る、の。もちろん、心のなかでは、うるさいなぁってイライラしてるけど。言い争うのも面倒だし、時間と労力のムダだし。結局、オンナのほうが包容力あるからね、飲み込んであげてるのよ。そこ、たまには気付いてほしいわ。松永学


その2 目立ちたがり屋

ワタシが座っていると、必ずワタシより前に陣取るのよ。自分の後ろ姿を見せたいのかしら。あと、通りを歩く街の人たちを、自分の方に惹きつけたいのかもね。でも残念。この蚤の市のアイドルは、ワタシだかから。

松永学

その3 ボスに媚びる

飼い主のマニュエルが現れたら、すかさず、これ。可愛がられようとしてるのか、点数稼ぎなのか、謎・・・。ううん、もしくは・・・単に、カラダは大人だけど、精神的には子供ってこと? いい歳して、甘えているのね。
松永学

 

その4 疲れているとノリが悪い

さっきはボスには全力でサービスしていたのに、いきなり、ワタシを冷たくあしらったりして。むしろオレは疲れているから、オマエが気を遣えって態度なのよ。なんて身勝手なのかしら。いつものことだけど。
松永学

 

その5 いきなり醜態をさらす

カッコつけていたかと思えば、お腹が空いたり、眠かったり、気にくわないことがあると、急にだらしなくなるの。見ていて恥ずかしいわ。これじゃあ、100年の恋も冷めるって。
ううん、ワタシがガストンに恋してたときがあったって意味じゃないのよ。彼がワタシに夢中だったんだから。なのに、長年一緒にいると、カッコ悪いところを平気で見せてくる。ほんと、残念だわ。
松永学

まだまだいろいろあって挙げたらキリがないから、このへんでやめておくわね。
困ったところだらけなのに、何で彼と一緒にいるんだろう?って、考えることがあるのだけど。——自分でも、これって理由が見つからなかったわ(笑)。
松永学
ただ、そうね・・・。ときどきガストンから見えないところに隠れてのんびりしていると、ワタシの姿を探してキョロキョロしていたり。ワタシが誰かと仲良くしていると、ちょっと寂しそうな顔をしたり。
松永学
なんだか、ワタシがいないと、このひと可哀そうって思っちゃうの。ワタシがいないと、威張ったり、カッコつけたりする相手もいないわけだし、だらしない姿見せて許してくれるひともいないだろうし。
松永学
だから、ワタシのためというより、彼のために一緒にいてあげてるの。オンナって、そういうところあるわよね。心が広くて、情に厚いから。
そんなこっちの優しさに気付いているのかいないのかわからないけど、たぶんわかっていないと思うけど、でも、もういいわ。だってそれが、オトコってやつなんでしょ?

ずっと一緒にいられる理由は、きっと、こうやって、お互いがまるで違うことを考えているからなのかもね。相手のことが何だかよくわからないから、なんだかつい気になってしまう・・・みたいなこと(笑)。オンナとオトコの関係って、そんなふうにはっきりわからないほうが、長続きするのかもしれないわよね。

PHOTO=MANABU MATSUNAGA

PICK UP

MAGAZINE

2021年4月号

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

2月22日(月)全国発売のGINGER2021年4月号では、幸せのチャンスを引き寄せ、自分の可能性を広げるための最新トピックスを満載した「おしゃれもマインドも変化を楽しむ時代へ!」を大特集。“CHANGE”を存分に楽しんでいる素敵な人へスペシャルインタビュー。カバーウーマンには、インスタが上がるたびに美しさとコメントに注目が集まる桐谷美玲が近況報告と最強のビューティショットで登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる