MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2019.03.17

キュンキュンする♡ アラサー女子が体験した、“夜の営み”最中のときめき10選

大好きな彼と、さらに愛を深めるために体を重ねることはとても重要なことです。ですが、ただ流れ作業のように行為を進めたり、漫然とただ行為を行うだけでは意味がありません。より充実した時間が過ごせるよう、今一度パートナーとの関係性を見直すきっかけとして、アラサー女子たちが実際に体験した、セックス中にときめいた‟キュンキュン体験”を調査しました。世のカップルがどのように愛を営んでいるのか、みていきましょう。

※この記事はGINGERサポーターアンケート(今回の調査対象は約600人)を軸に構成。名前・年齢はプライバシー保護のため仮名で入れております。

(c)Rohappy/Shutterstock.com

セックス中に思わず「キュン♡」としたことはある?

なんと!9割近くもの方が「キュン♡」とも、ときめきを感じた充実した夜を過ごした経験があるという結果が。羨ましい幸せエピソードをご覧ください。

エピソード1
「行為が終わったあとに『愛してるよ』と頭を撫でながら言ってくれたことです。行為前に、盛り上げようと甘いセリフを言ってくれる男性はいるかと思いますが、私にとっては行為後の言葉のほうが大事。ときめきが止まらなくて、そのまま2回目に突入しちゃいました(笑)」
U・Iさん(28歳)

エピソード2
「エクスタシーを迎える瞬間にぎゅっと体を抱きしめられたときにキュンとします。自分本位ではなく、相手を思いやりながらできる男性って素敵。今の彼はいつもそうしてくれるので、毎回飽きずにときめています♡」
S・Dさん(30歳)

エピソード3
「普段はすごくクールで、無口な彼が行為中は『可愛い』とか『好きだよ』と言ってくれるので、キュンキュンしちゃいますね! 普段も言ってほしいなという気持ちはありますが、たまに言ってくれるから真実味と有難味、そしてときめきがあるかなって思いますね」
M・Eさん(33歳)

エピソード4
「いまいち調子が悪くて、今日はやらないでおきたいと伝えたら『大丈夫? Yの体調が最優先だから無理しないで、ゆっくり休んで』と言ってくれた時です。彼と結婚して良かったと心の底から思いました」
Y・Yさん(29歳)

エピソード5
「行為中、マメに『気持ちいい?』と確認してくれて、『うん』と答えると、ほにゃっと笑って『良かった』と言ってくれるところです。どんなときも私のことを、ちゃんと考えてくれてるんだなぁって嬉しくなります」
R・Tさん(27歳)

エピソード6
「行為が終わったあとに、口移しで水を飲ませてくれたことです。ちょっとぬるくなってるのに、喉を通り過ぎて体に行きわたった瞬間、彼の一部と一体となった感じがしました」
H・Fさん(32歳)

エピソード7
「彼の上に乗っているとき、体のラインが本当にキレイと褒めてくれたんです。彼に喜んでもらうために、日頃から女性らしいボディラインを維持するよう心掛けていたので、内心『よっしゃ!』とも思いました(笑)」
K・Oさん(28歳)

エピソード8
「ちょっと人に言うのは恥ずかしい話ですが・・・、相手が想定外に尽くしてくれたときにときめきます。『え!そんなことまで!きゃ!』みたいな(笑)。その分私もお返ししたいって気持ちになります」
N・Oさん(30歳)

エピソード9
「優しい顔で見つめられて、おでこにキスしてくれたとき、今まで生きてきたなかで一番キュンとしました! すごいイケメンってわけでもないけど(彼氏ごめんね)、その時は王子様みたいに見えました」
E・Aさん(34歳)

エピソード10
「行為中に私の表情を見ていてくれて、私が気持ちよくなってくれているのが一番興奮すると言われて、思わずキューーン♡  あと、終わったあとは必ず飲み物を持ってきてくれて、労わってくれるんです」
A・Wさん(31歳)

いかがでしたか?
他にも多数寄せられたエピソードを含めて、「彼が自分を大切にしてくれている」という事実が伝わってきた瞬間に、“きゅんきゅん”指数は高まるという結果がみえました。

セックスレスで悩んでいたり、彼とどうコミュニケーションをとればいいか悩んでいる女性の皆さんも多いかもしれません。自分がときめいた瞬間、その喜びを彼に伝えていますか?
そしてもしかしたら、彼自身も“きゅん”とする瞬間を求めているとしたら、自分には何ができるのか、考えてみる必要があるかもしれません。

ときめきを持続させるためには、やはり努力が必要。最近“きゅん”とすることがない・・・という方は、ラブラブだった頃の気持ちを思い出して、あの時のときめきを取り戻すアクションを考えていきましょう。

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる