MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER202106表紙
6月号 Now on sale
“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDファッション

2021.04.26

着るべき色は?注目ブランドは?今季の疑問にスタイリストがアンサー!

春トレンドも出揃っておしゃれがますます楽しくなる季節。ファッションに関するお悩みや質問に、スタイリストの小川ゆう子さんがお答えします!

松井愛莉

ジャケット¥86,900/サヤカ デイヴィス(ショールーム セッション) ブラウス¥28,600、パンツ¥33,000/ともにコラム(エストネーション) サングラス¥82,500/アーレム(グローブスペックス エージェント) ピアス¥41,800、リング¥30,800/ともにオール ブルース(エドストローム オフィス) バッグ¥170,500/ザンケッティ(八木通商ザンケッティ事業部) サンダル(Grazie Sergioコレクション)¥100,100/セルジオ ロッシ(セルジオ ロッシ カスタマーサービス)

Q1. こなれ感とかニュアンスの意味がわかりません…

A. 真面目に着るのではなく、着崩すことです

「おしゃれを決めすぎずほどよく着崩して、コーデに軽さを出すこと。きちんとしすぎていると、隙のない印象を与えてしまうんです。わざと着崩すことで、肩の力が抜けたこなれた感じを出せます」
こなれ感
「きちんと感が強いジャケットを個性的でありながらラフな柄のセットアップでハズしを効かせて。オープンカラーシャツの襟をあえてジャケットから出して’80sムードに。袖がそのままでは野暮ったいし、これからの季節にはちょっと暑苦しいので、無造作にまくり上げるとほどよいアクセントになります」

Q2. 今季、押さえておけば間違いない配色は?

A. 個人的にはオレンジに注目!

「着るだけで元気になるエネルギッシュなオレンジは、2021年春夏コレクションを騒がせているトレンドカラー。淡い色との配色コンビで爽やかに着こなして」

松井愛莉

シャツ¥52,250/レジーナピョー、ワンピース¥36,300/ラス(ともにエイチ ビューティ&ユース) ストローハット¥22,000/キジマ タカユキ リング¥72,600/ソフィー ブハイ、バッグ¥31,900/ヘリュー(ともにエスケーパーズオンライン)

「抜け感のある淡色ワンピと合わせれば、コントラストが爽やかな配色コーデの完成。オレンジならではのフレッシュで可憐な配色で、初夏のムードをまとって」

松井愛莉

ジャケット¥11,880/マウジー(バロックジャパンリミテッド) Tシャツ¥14,300/サクラ(インターリブ) スカート¥36,300/ラム・シェ(ブランドニュース) バッグ¥121,000/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン青山店) スニーカー¥12, 100/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)

「気分もウキウキするようなオレンジ&白に、補色としてぴったりなのがブルー。上品なスカートをスポーティにシフト」

Q3. おしゃれな人たちが着ている「アンスクリア」が気になるんだけど難しそう…

A.ビッグシルエットを選べば簡単に着こなせますよ

「モデルからもラブコールが絶えないアンスクリア。もともとメンズスタイルの解釈から生まれたブランドなので、サイズ感が絶妙。オーバーなシルエットが今どきな女らしさを作ります」
松井愛莉

松井愛莉

ニット¥53,900、スカート¥39,600/ともにアンスクリア(アマン) ネックレス(短)¥26,400/モダン ウィーヴィング(ショールーム セッション) ネックレス(長)¥20,900/グリン(シジェーム ギンザ) バッグ¥31,900/オルセット(オルサ) サンダル¥46,200/ジェーン スミス(UTS PR)

「背中開きのニットに艶やかなロングスカートを合わせたら、足元はサンダルで引き締め。女らしさとカジュアルのバランスがちょうどよく、ヘルシーに決まります」

Q4. ショートパンツが子供っぽく見えてしまいそうでトライできません…

A. ジャケットと合わせてハンサム要素を足しましょう

「年齢を重ねるごとに敬遠しがちなショートパンツだけど、ジャケットやカーデの肩掛けなどを合わせれば露出のバランスが取りやすく、おしゃれな雰囲気をまとえます!」

松井愛莉

パンツ¥31,900、ジャケット¥61,600/ともにイレーヴ Tシャツ¥9,680、肩に掛けたスウェット¥16,500/ともにスローン キャップ¥8,250/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) イヤーカフ¥14,300/ルフェール(UTS PR) メガネ¥63,800/アーレム(グローブスペックス エージェント) リング¥7, 200/グレイ(ハルミ ショールーム) バッグ¥75,900/ミチノ・パリ(サードカルチャー) ソックス¥935/靴下屋(タビオ) シューズ¥57,200/パラブーツ(パラブーツ青山店)

「端整な印象のジャケットセットアップなら、ショートパンツでも子供っぽさを難なく回避。ショートパンツ初心者が選ぶときのポイントは、次の3つ。

1. ヒザがちょうど出るくらいの丈感
2. シルエットは広がりすぎない台形
3. ハイウエストでタックが入っている

参考にしてくださいね!」

PHOTO=倉本ゴリ(Pygmy Company)

STYLING=小川ゆう子

HAIR & MAKE-UP=沼田真美(ilumini)

MODEL=松井愛莉

PICK UP

MAGAZINE

GINGER202106表紙

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

4月23日(金)全国発売のGINGER2021年6月号には、昨年の9月号表紙で話題になった佐藤健が登場。新しい環境に身を置き、活動を始めた彼の今の気持ち、未来への想い、そして素の表情を垣間見せながらの特別ビジュアルを12ページにわたって紹介します。また特集では、所有へのこだわりを捨て、身軽さと、自由を求めるようになっているミニマルな“持たない”時代の今、本当に必要なものは何なのかを探ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる