GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2022.08.10

田中みな実、35歳夏の一大イベント?!タフさを磨いた親知らず抜歯体験記

35歳の夏を目前に、田中みな実さんがお仕事を調整して1週間のお休みを取り、親知らずを抜くことに。タフさが磨かれたという体験の一部始終をご紹介。【連載「田中みな実のここだけ話」】

田中みな実

ワンピース(参考商品)/エーヴィーエヌ(コロネット)

今回のテーマ:親知らず

「いつかは抜きましょうね〜」

どこの歯医者さんに行ってもレントゲンを撮るとそう言われるので、いつかいつかとは思っていたけど、遂にそのときがやってきた! 仕事が一段落したタイミングでマネージャーさんがあれこれ調整してくれて1週間の休みを設けてくれた。親知らずを抜くのって、一大イベントじゃない?

抜くことが決まってからというもの黙ってはいられず方々に宣言して回った。馴染みの鮮魚店、お花屋さん、たまに行くケーキ屋さん、果ては美容機器のイベントの質疑応答で(この夏楽しみにしていることを聞かれ、何も浮かばず「親知らずを抜くこと」と口走った)世間様にまでご報告をば(笑)。

皆一様に「腫れるよ〜」「覚悟しておいた方がいいよ」と脅かすものだから、恐怖心を煽られる一方、怖いもの見たさで心待ちにしてしまう。上の1本は既に抜いていたから残るは3本。どうせやるなら一気に抜いちゃおう! と息巻いていると、事前のチェックで2本は骨に埋もれているから無理して引っこ抜くことはないし、もう1本も埋まっているから今すぐどうこうという感じでもないとの診断に拍子抜け。

休みをいただいて、各所に言いふらしたからには後戻りできず、「先生、恰好がつかないので1本でもいいから抜いてください!」と頼み込み、左下の1本を処置することに。

当日は暫く固形物を食べられなくなることを想定してりんごやら玄米、煎餅など噛み応えのある物をしっかりお腹に入れて、万全の状態で治療に向かう。しかし、いざ椅子に座って麻酔を打つと、途端に恐ろしくなり「先生、痛いですか? 今の麻酔の注射が限界です」と涙が込み上げる。「やめます? やめるなら今ですよ」先生、苦笑い。「う〜ん、う〜ん」バンジージャンプで直前まではしゃいでいたのに急に怖気づいて半べそをかくお調子者みたいでカッコ悪過ぎる。3本一気にやっちゃいます〜?なんてどの口が言った? しかし、歯茎をメスで切り開いて砕いて引きずり出すなんて怖くてたまらなくない? 万が一、大手術になっても待合い室で私を迎えてくれる人は誰もいない。お母さん…。孤独と恐怖に押し潰されそうになりながら処置が始まる。

複雑な形でおかしな生え方をした私の親知らずを抜くのは骨が折れる作業だったに違いないけど、腕のいい先生のおかげでドンドンドンドンギリギリぐいぐいぐいぃぃー―っと僅か5分ほどでするんと出てきてくれた。2針縫って30分もかからず終了。

止血のために綿を噛みしめておかなければならず、この嫌な感じを紛らわせたくて、帰りにいつものヘアサロンに駆け込み、頭皮とお顔の幹細胞ケアでリフレッシュ。帰宅すると、痛みも和らいでいたからお中元でいただいた冷凍のウナギを湯煎してあっつあつのご飯にのっけて食べてみる。たっぷり出血しながらウナギを頬張ると、縫い口にウナギの小骨が突き刺さって青ざめた。

腫れも痛みも少ないし、ラッキーだったと楽観し、ぐっすり眠った翌朝、左頬がしっかりと腫れていて笑ってしまう。夕方になるといっそう腫れ、リスなんて可愛いもんじゃない、四角! で、夜になるにつれ肥大し台形に。明日には少し治まっているかしら。そんなことをぼんやり考えながら、楽しみにしていた手毬寿司(前々から予約していた)を小さくカットして無理くり口におさめる。35歳の夏を目前にまた少し逞しくなってしまった気がした。

田中みな実

リス期。このあと四角→台形に。

▼こちらの記事もおすすめ!

【田中みな実のここだけ話】をもっと読む。

TEXT=田中みな実

PHOTO=伊藤彰紀(aosora)

STYLING=西野メンコ

HAIR & MAKE-UP=AYA(TRIVAL)

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する