MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年2月号表紙
2月号 Now on sale
おいしい時間

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2022.01.04

「ガチャ」と聞いてどんな気持ちになりますか?【壇蜜の今更言葉】

日ごろから“言葉”についてあれこれと思いを巡らせている壇蜜さんの連載『今更言葉で、イマをサラッと』第48回目。言葉選びと言葉遣いが、深く、楽しくなる。そして役に立つお話。どうぞお楽しみください!

壇蜜プロフィール写真

その48 『親ガチャ』

昔からある言葉だが、今は新たな概念として認知されるようになった言葉・・・「ガチャ」がこれほど人生に絡んでくる言葉になるとは思わなかった。最近では「親ガチャ」という言葉が流行となっている。親は選べない→親を抽選式玩具「カプセルトイ(通称ガチャガチャ)」のように例える→「親ガチャ」の誕生。当たり外れと仲間たちの間で話題になる→メディアが取り上げる・・・そんな流れで生まれたようだ。

子供を持つ親御さんたちは親ガチャにかなりショックを受けたという。親は選べないのは親御さんたちも分かっているし、恐らく自分たちも「親は選べないからねぇ」なんて不満のひとつも一度は言ったり思ったりしただろう。しかしまさか子供から親ガチャなんてカプセルトイの当たり外れのように言われる・・・しかも流行言葉として親ガチャが周知されているなんて、と馬鹿にされたような感情を覚えるかもしれない。新たな言葉、親ガチャについて実際に子持ちの男女にインタビューをした映像を観たことがある。「もし娘から『うちは親ガチャ当たった』と言われてもあまりうれしくない、ましてや外れなんて言われたらショックだし怒りもわくかもしれない」と、中学生の娘を持つという親御さんは言っていた。

今のところ私のなかでは、使っても誰も幸せにならない確率がきわめて高い言葉と認識している。毒親、ダメ親なんかよりずっとライトに親を傷つけ、ライトについた傷なのに流行ゆえになかなか聞かない日が来ない・・・つまり癒えにくい言葉、それが親ガチャだろう。現実世界でコインを入れて何が出るかな?とハンドルを回すカプセルトイ以外にも、少し前からガチャの様式は携帯電話でできるようなゲームのなかに組み込まれている。キャラクターやアイテムなどを抽選式で選ぶシステムは無論当たり外れがあり、携帯ゲームにハマる若人には外れはストレスだろう。もしかしたら、それを発散させるような悪ぶった言葉として生まれたのかもしれない。ハンドルを回してカプセルトイが摩擦する音に由来したガチャ。あの音は当たり外れ恨みっこなしでワクワクを引き出す音なのに。

TEXT=壇蜜

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年2月号表紙

2月号 Now on sale

おいしい時間

最新号を見る

定期購読はこちら

2月号 Now on sale

おいしい時間

自分を取り巻くひとつひとつの物事を大切に受け止めて、心が動くことを見つけ出し、自分だけの“おいしい”時間を全力で味わっていこう! 12月22日(水)全国発売のGINGER2022年2月号では「おいしい時間」を特集します。フォーチュンアドバイザー・イヴルルド遙華さんによる2022年上半期の運気、風の時代に賢く生きるためのキーワード解説も。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する