MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年3月号表紙
3月号 Now on sale
Self Styling

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2021.12.31

「昔から似たような空気を感じる」北村匠海×黒島結菜のスペシャルトーク!

映画『明け方の若者たち』で久しぶりの共演を果たした北村匠海さんと黒島結菜さん。気心の知れたふたりが、お互いのこと、そして本作について教えてくれました。

北村匠海、黒島結菜

お互いの印象は?

北村 昔からなんか似たような空気を感じるんだよね。

黒島 わかる! 写真とか、好きなことが同じだったり…。

北村 お互い、物を見る視点がちょっと俯瞰ぎみだよね。なんていうか、同じひねくれ方をしてる感じ(笑)。

黒島 確かに(笑)。そこは昔から互いに変わらないところ。

お互い、どんな俳優だと思っている?

黒島 北村くんは、どんな女優さんと組んでもなじむ人。

北村 いつも、わりとフラットだからかな…。

黒島 なかなかいないよ、そういう空気感を持つ俳優さん。

北村 黒島ちゃんは、声が印象的な俳優。声量が大きいとかそういうことでもないんだけど、なんか言葉が残る人。
北村匠海、黒島結菜

3回目の共演、楽しかった?

黒島 楽しかった! 私はストーリー的にも、ほとんどが楽しいシーンばっかりだったから…(笑)。

北村 楽しかったけど、自分が演じた「僕」は悲しい経験が多い役だったから、僕はずっと悲しかったです(笑)。

切ない青春映画ですが、一番エモいシーンはどこ?

黒島 ふたりが初めて手を繋ぐところじゃない? 

北村 あー、夜の下北沢のシーンだね。あれはエモい!

黒島 事情はあるけれど、ふたりの気持ちは純粋。だから私も余計なことを考えず、好きの気持ちだけで演じたの。

北村 同世代の人ならきっと共感してくれると思うよ。
北村匠海、黒島結菜

演じた役柄は、自分と重なるところはあった?

北村 “僕の人生を見ていたのか!?”ってくらい重なった…。

黒島 ロケ地も全部思い出があるって言ってたね。

北村 うん。下北、高円寺、明大前、それから大塚のバッティングセンターも行ったことあるし(笑)。

黒島 私は、演じた「彼女」がめちゃくちゃ魅力的な女性だったから、重なるところはないかな…。あんなに私は余裕はないなぁ。

北村 え、あるように見えるよ?

黒島 全然。必死ですよ(笑)。

撮影で思い出に残っていることは?

黒島 脚本のおかげだと思うんですが、今回はすべての会話がとても気持ち良く…。芝居なんだけどすごく楽しかった。

北村 随所にその空気感が出てるけど、一番わかりやすいのは、“餃子の王将”のシーンかな。完成した映画観て笑っちゃった。

黒島 間違ってお酒が出てきちゃって、一口ずつ飲んで撮影に入ったんだよね(笑)。だから肩の力が抜けた感じの、すごくいいシーンが撮れた気がする。ぜひ観てほしい!

>>派手な時代を経てシンプルに。北村匠海&黒島結菜の共通点

北村匠海、黒島結菜

[黒島結菜]カーディガン¥74,800/フミカ ウチダ(クリフ) ロングTシャツ¥20,350/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) パンツ¥29,700、シューズ¥19,250/ともにヴィンテージ(タナゴコロータス) イヤーカフ¥57,000/シャルロット シェネ(エドストローム オフィス) ソックス¥2,970/パンセレラ(真下商事) [北村匠海]コート¥107,800、パンツ¥50,600/ともにアワー レガシー(エドストローム オフィス) Tシャツ¥19,800/ユウキハシモト(サカス ピーアール) その他/スタイリスト私物

北村匠海(きたむらたくみ)
1997年11月3日生まれ、東京都出身。2022年1月より舞台『マーキュリー・ファー』に出演。白井晃演出、共演に吉沢亮ほか。また同じく’22年に映画『とんび』が公開予定。

黒島結菜(くろしまゆいな)
1997年3月15日生まれ、沖縄県出身。2022年前期より放送されるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で主演を務める。また先日オールナイトニッポンのパーソナリティを務め話題に。

映画『明け方の若者たち』

明け方の若者たち

©カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

Twitterでの“妄想ツイート”が話題となり、10~20代から圧倒的な支持を獲得している作家、カツセマサヒコのデビュー作。二度と戻れない青春の一瞬をせつなく届ける。
12月31日より全国ロードショー。
【監督】松本花奈 【脚本】小寺和久
【出演】北村匠海、黒島結菜、井上雄貴ほか
【原作】カツセマサヒコ『明け方の若者たち』(幻冬舎文庫)

PHOTO=佐藤航嗣(UM)

STYLING=[北村さん]鴇田晋哉、 [黒島さん]伊藤省吾(sitor)

HAIR & MAKE-UP=[北村さん]佐鳥麻子、 [黒島さん]加藤恵

TEXT=河野友紀

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年3月号表紙

3月号 Now on sale

Self Styling

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

Self Styling

1月21日(金)全国発売のGINGER2022年3月号では、今よりも素敵な毎日のために必要な「Self Styling」について特集。その通常号の表紙には、年末にジャニーズ初となるライヴフェスの総合演出を果たし、1月20日から始まるドラマ「となりのチカラ」で主演を務める松本潤が初登場。一昨年末、嵐の活動休止した後の彼が、満を持して新作の連続ドラマに挑み、“俳優”としての顔そしてこの作品の見どころについて語ります。さらに一昨年、大きなターニングポイントを迎え、新たな年を舞台からスタートする三宅健に、仕事に対する今の気持ちから美肌の秘訣まで伺いました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する