MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年2月号表紙
2月号 Now on sale
おいしい時間

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2021.12.21

派手な時代を経てシンプルに。北村匠海&黒島結菜の共通点

映画『明け方の若者たち』で久しぶりの共演を果たした北村匠海さんと黒島結菜さん。削ぎ落としたファッションが好きだと語るお二人に、究極のシンプル“白と黒”で、自分らしさを表現していただきました!

北村匠海、黒島結菜

流行ではなく“ストーリー”が重要――北村匠海

北村匠海

コート¥107,800、パンツ¥50,600/ともにアワー レガシー(エドストローム オフィス) Tシャツ¥19,800/ユウキハシモト(サカス ピーアール) その他/スタイリスト私物

基本的に僕は、欲深い人間です(笑)。小さいころはサッカー、バスケ、水泳を習っていて、この仕事を始めてからは、芝居に加え、作詞、作曲、ギターなどの楽器、あと写真を撮ったり、絵を描いたりするのも好き。クリエイティブに関しては本当にいろいろなことをやりたいのですが、その一方で、ファッションはまっさらな感じが好き。究極、Tシャツにデニムが似合う人間でありたいです。20歳くらいまでは、けっこう派手というか、デザインや色で「俺ってこうだぜ(笑)!」と表現していたのが、21歳くらいからかなりシンプルに。いろいろと削ぎ落とされて、もはやゼロに近い感じですね。

でも、テイストは変化したけれど、“昔から古着好き”というところは変わらない。古着って、流行り廃りに関係ないところで存在するもので、それぞれにストーリーがあるじゃないですか。そういうのを知るのも好きだし、ヴィンテージ感があるアイテム同士をどう組み合わせるかを考えるのも楽しい。今回のスタイルは古着ではないけれど、“ヴィンテージ感”という意味では、自分の色がよく出ていると思う。ベースはデニムとTシャツですしね。

服って、背伸びをして着るものではなく、その人の生きざまで着るものだと思う。誰かを真似したりするのではなく、いかに自分らしく、着飾らずに生きるか。それが僕のファッションの目標です。

長く着られて飽きない服が好き――黒島結菜

黒島結菜

カーディガン¥74,800/フミカ ウチダ(クリフ) ロングTシャツ¥20,350/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ) パンツ¥29,700、シューズ¥19,250/ともにヴィンテージ(タナゴコロータス) イヤーカフ¥57,000/シャルロット シェネ(エドストローム オフィス) ソックス¥2,970/パンセレラ(真下商事) 

自分がどんな人か…。さっぱりしてます。あきらめがいいですし、執着もないし、欲もない(笑)。そのせいかファッションもとてもシンプルです。基本はTシャツにデニムが多いですね。好きなブランドもそんなにたくさんはなくて、そこに古着をプラスしたりするのが好き。だから今日のスタイルは、まさに私って感じ! でも、さっきスタイリストさんに伺ったら、このパンツ、ヴィンテージのエルメスだそうで…。確かに生地感も良くて、なるほど、と思いました。

とはいえ3年くらい前までは、実はけっこう派手な服を着ていたんです。古着のレトロなワンピースとか、柄物とかを選ぶことが多かった。でもあるときふと、“派手なものって長く着られないな”と思い、そこから選ぶアイテムが変わり、長く着るために質にこだわるようになりました。なので今の私のワードローブ、とっても地味です(笑)。

ファッションに関してはわりと頑固で、自分ではあまり人の意見を聞かないほうだと思います。でもデビュー以来お世話になっているスタイリストさんは、密かにヒントをくれているのかも…。自分らしさって、周りにいる人や環境によって形成されるものだと思うんです。もしかしたら私らしい着こなしやファッションは、周りの人のほうがわかっているのかも。そう考えるとなかなか興味深いですよね。

北村匠海(きたむらたくみ)
1997年11月3日生まれ、東京都出身。2022年1月より舞台『マーキュリー・ファー』に出演。白井晃演出、共演に吉沢亮ほか。また同じく’22年に映画『とんび』が公開予定。

黒島結菜(くろしまゆいな)
1997年3月15日生まれ、沖縄県出身。2022年前期より放送されるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で主演を務める。また11月にはオールナイトニッポンのパーソナリティを務め話題に。

映画『明け方の若者たち』

明け方の若者たち

(c)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

Twitterでの“妄想ツイート”が話題となり、10~20代から圧倒的な支持を獲得している作家、カツセマサヒコのデビュー作。二度と戻れない青春の一瞬をせつなく届ける。12月31日より全国ロードショー。
監督/松本花奈 脚本/小寺和久
出演/北村匠海、黒島結菜、井上雄貴ほか
原作/カツセマサヒコ『明け方の若者たち』(幻冬舎文庫)
http://akegata-movie.com/

PHOTO=佐藤航嗣(UM)

STYLING=[北村さん]鴇田晋哉、 [黒島さん]伊藤省吾(sitor)

HAIR & MAKE-UP=[北村さん]佐鳥麻子、 [黒島さん]加藤恵

TEXT=河野友紀

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年2月号表紙

2月号 Now on sale

おいしい時間

最新号を見る

定期購読はこちら

2月号 Now on sale

おいしい時間

自分を取り巻くひとつひとつの物事を大切に受け止めて、心が動くことを見つけ出し、自分だけの“おいしい”時間を全力で味わっていこう! 12月22日(水)全国発売のGINGER2022年2月号では「おいしい時間」を特集します。フォーチュンアドバイザー・イヴルルド遙華さんによる2022年上半期の運気、風の時代に賢く生きるためのキーワード解説も。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する