MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER202106表紙
6月号 Now on sale
“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2021.01.20

岡田健史、陶芸に挑戦してみた!

俳優 岡田健史さんが今やってみたいことに挑戦する連載。今回は、初の陶芸体験。愛おしそうに土に触れる姿が印象的でした。陶芸は、穏やかな精神状態を維持することでストレスや邪念、迷いなどを発散し、リラックス効果があるともいわれています。健史さんの日本伝統工芸への挑戦が生み出したのは、世界唯一の作品と・・・思わぬ体への影響!?

完成度ではなく、想いや背景を大事にしたい

岡田健史

伝統工芸に限らず、もともと“ものづくり”が好きだという健史さん。

「自分好みに欲しいものが作れるからではなく、そのときの想いや背景に広がるストーリーが物にぐっと込められていく。作る過程で愛着がわき、世界に一つのかけがえのないものになる・・・。それが、理由なんじゃないかと思います」

岡田健史

今回は初めての陶芸体験。初心者には土を指先で伸ばしながら成形する「手びねり」という方法がおすすめだそうですが、せっかくの機会なので「電動ろくろ」をリクエスト。

野球をやっていた健史さんの手を見て「大きい手は陶芸に向いてますよ」と先生が言っていました。その言葉に背中を押されるように、健史さんが足元のペダルを踏み込み、ろくろを回します。

陶芸

「通常のレッスンでは500gの土を使うところ、僕はできるだけ大きな皿を作りたかったので、先生にお願いをして2㎏の土を用意してもらいました(笑)」

両手に水をつけ、土の塊をほぐすように上げ下げする作業の繰り返し。これは土全体の質を均一にしていく「土殺し」という工程で、ここをしっかりやらないと成形に影響が出たり、焼くときに割れやすくなるのだそう。

撮影を忘れるくらい、心も体も集中しました

陶芸

次に土台作り。指先で真ん中に穴を開けて外側にスライドしていくと、皿の大きさが徐々に広がっていきます。焦らずに、少しずつ・・・少しずつ・・・。

「底を平らに保つことや、外側の角度を等しくするのはとても難しかった。この最後の成形作業は自分でも驚くくらい集中していて、完全に撮影を忘れていましたね。カメラマンさん、ごめんなさい(笑)。でもとても気持ちのいい緊張感でした」

岡田健史

時間があったので同じ平皿をもう一枚。今度は釉薬も変えて、先生のサポートなしにすべて健史さんひとりの力と技術(?)だけで作り上げました。

「今回の体験を通して感じたのは、指先や腕だけでなく、全身の力が必要なんだということ。見た目ではわからないかもしれないけれど、陶芸は体幹が大事だっていうのが新しい発見でした。

余談ですが、普段使わない筋肉を使ったことが翌日の筋肉痛で実証されました(笑)」

完成した2枚のお皿がコチラ!

岡田健史

焼いている途中に割れてしまうこともあるのが陶芸の奥深さ。1ヵ月後、健史さんのお皿はどちらも美しく焼き上がりました。

「先生と一緒に作った皿(写真右)は、売り物みたいに美しい! でも僕の指の感触が残っているような、少しいびつな2枚目の皿(写真左)も気に入っています。しゃぶしゃぶのときに切った野菜をのせようかな。チャーハンも映えそう♪ 使うのが楽しみです」

陶庵 上野
陶芸家・吉岡正義氏がディレクターを務め、ブックカフェ「ルート ブックス」の2階スペースに工房を開設。電動ろくろ、手びねり、絵付け、金継ぎなどの1DAY LESSONを予約制で受付中。
東京都台東区東上野4-14-3 route books
https://to-an.jp/

大好評の出演ドラマ「ウチカレ」もCHECK

岡田健史

水曜22時から放送中のドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」では、恋愛に興味のない漫画オタクの水無瀬空(浜辺美波)と同じ大学に通う陽キャラ・入野光を熱演中。誠実なイメージの健史さん演じる“チャラ男”が、すでにひとつの見どころになっていますよね。

ウチカレ

脚本家・北川悦吏子さんが描くラブストーリー。今後どんな展開を見せるのか、皆さんもぜひ見届けてください!

岡田健史(おかだけんし)
1999年5月12日生まれ、福岡県出身。2018年ドラマ「中学聖日記」でデビュー。映画『ドクター・デスの遺産—BLACK FILE—』『新解釈・三國志』が大ヒット公開中。現在は水曜ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)に出演中。2月14日(日)からはNHK大河ドラマ「青天を衝け」がスタート。3月19日(金)に映画『奥様は、取り扱い注意』が公開予定。

PHOTO=倉本ゴリ(Pygmy Company)

STYLING=Takafumi Kawasaki(MILD)

HAIR & MAKE-UP=CHINATSU(SIGNO)

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

GINGER202106表紙

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

4月23日(金)全国発売のGINGER2021年6月号には、昨年の9月号表紙で話題になった佐藤健が登場。新しい環境に身を置き、活動を始めた彼の今の気持ち、未来への想い、そして素の表情を垣間見せながらの特別ビジュアルを12ページにわたって紹介します。また特集では、所有へのこだわりを捨て、身軽さと、自由を求めるようになっているミニマルな“持たない”時代の今、本当に必要なものは何なのかを探ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる