MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER202106表紙
6月号 Now on sale
“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2020.02.17

田中みな実「上がったものは必ず突き落とされる」

まさにGINGER世代ど真ん中を生きる、田中みな実さん。場を仕切り、盛り上げ、ボケもツッコミもこなす知的な仕事人として、コスメ愛を探究する美容賢者として、チョコレートをこよなく愛する乙女として、その人気と注目度はますます上昇中。 そんな彼女が本音で綴る連載コラム「田中みな実 ここだけ話」。今回はみな実さんが“最近の胸うち”を告白。(編集部)

今回のテーマ:好感度

田中みな実
年末ごろからの風向きの変化に戸惑っている。

「嫌われ者から一転、好感度急上昇」「新・美のカリスマとして女性からの支持獲得」などと、出演する番組等で紹介してもらうことがあったり、雑誌のインタビューでは「どんな風にイメージアップを図ったのですか?」みたいなことを取材されたりする。

え、何かの冗談でしょう? みんなして私のことをイジって面白がっているんでしょう?と、都度勘ぐる癖がどうも身に付いているらしい。それにしたって、急にもてはやされて、手放しで喜べるほどの純粋さは持ち合わせていない。今まで通りぶりっ子もするし、あざとさだってフル稼働。世間の目は変わらず厳しい。なのに、どうして??

ただし、上がったものは必ず突き落とされる仕組みになっている。私がイケメン俳優と結婚なんかしたら間違いなく好感度は急降下するでしょう?(誓って何の予定もないけれど)そんなことではないにせよ、持ち上げられ続けることはないわけで、そのときに“旬が過ぎた”と思われないように派手な露出は控えたい。

でもね、オリコンの『好きな女子アナランキング』での2位獲得は素直にうれしかった。予想もしていなかったから、二度見して「え!」って声がでちゃうほど驚いた。

2019年は世の中がちょっと変わった物の見方をした年だったのだと思う。私はそれにあやかったラッキーパーソン。きっと今年からはまた通常通り嫌われ者に逆戻り。そして、どこかでその方が生きやすいと感じてる(笑)。
本年も変わらぬご愛顧よろしくお願いします。

 

田中みな実

《オフショット公開》年末は沖縄でリフレッシュ!

TEXT=田中みな実

PHOTO=吉田崇(まきうらオフィス)

HAIR & MAKE-UP=河北裕介

STYLING=筒井葉子(PEACE MONKEY)

PICK UP

MAGAZINE

GINGER202106表紙

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

4月23日(金)全国発売のGINGER2021年6月号には、昨年の9月号表紙で話題になった佐藤健が登場。新しい環境に身を置き、活動を始めた彼の今の気持ち、未来への想い、そして素の表情を垣間見せながらの特別ビジュアルを12ページにわたって紹介します。また特集では、所有へのこだわりを捨て、身軽さと、自由を求めるようになっているミニマルな“持たない”時代の今、本当に必要なものは何なのかを探ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる