MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2018.12.09

「あなたと付き合ったらどんな特典が?」と男に見捨てられる美女のありさま

女芸人 紺野ぶるまさんによる女観察エッセイ「奥歯に女が詰まってる」。GINGER世代のぶるまさんが、独自の視点で、世の女たちの生き様を観察します。

第4回 男を選べると勘違いしている女

紺野ぶるま

(c)Roman Samborskyi/Shutterstock.com

先日、
東大生100人がスタジオに集まりトークするというテレビ番組を観ていた。
勉強ばかりしてきたので恋愛経験がない、という彼らに、彼女を作ろうというコーナーがあり、登場した選りすぐりの美女4人がひとりずつ、男性に求める条件を発表していった。
「まず東大生、実家が金持ち、顔はイケメンでなくてかまわない」。
4人ともそんな感じだった。

東大生側が美女たちにアピールしていく、という進行を誰も疑わなかったが、
そこでひとりの東大生が言い放ったひと言が最高だった。

「先ほどからそちらが選ぶ前提ですが、逆にあなたたちと付き合ったら僕たちにどんな特典があるのか、教えてほしいです」

ごもっとも過ぎてスタジオが騒然となっていた。

東大生は中身ペラペラの美女なんて求めないのだ。美女だからなんなんだ、こちとら東大生だぞ、なめんなよ!ともとれる発言。美女というだけで相手を選び放題と思っているのは、美女本人と傍観者たちだけの、とんだ勘違いだったのだ。

お店に例えるとわかりやすいと思う。

学生時代の恋愛は、条件やスペックなど求めず、ただ一緒にいるだけで楽しい、例えるならファストフード店。

しかし大人になるにつれて求めるのは、
西麻布や銀座のお高いお店(スペックの高い男性)。
人気と需要がある店であるほど、店側が客(女性)を選ぶのである。多少金払いがいい(顔面偏差値が高い)くらいで横柄な態度を取られては、店側も「おととい来やがれ」となるのだ。

それよりも、お金をすごくたくさん使うわけではないが(特別美人ではないが)、嘘でも店をたて、あくまで「こちらが通わせていただいている」というスタンスを取れる人のほうが、よっぽど店側から上客(いい女)と呼ばれる。

そのことに気付かず、いつからかどこぞのチンピラみたいになってしまっている美人が、少なくないのではないだろうか。

最後に
美人とかけまして
夏の終わりと解きます。

その心は
どちらも3日くらいで秋が(飽きが)くるでしょう。

今日も女たちに幸せが訪れますように。

TEXT=紺野ぶるま

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる