MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙
3月号 Now on sale
TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TIMELESSPERSON

2018.09.03

壇蜜より「いいんですか」を有効活用

日ごろから“言葉”についてあれこれと思いを巡らせている壇蜜さんの連載『今更言葉で、イマをサラッと』第9回目。言葉選びと言葉遣いが、深く、楽しくなる。そして役に立つお話。どうぞお楽しみください!

壇蜜プロフィール写真

その9『いいんですか』

「いいんですか?」、これを言うだけで相手が「自分のためにしてくれたこと」が何倍もありがたく伝わる。ご飯をおごってくれた、高価なものをもらった、大きな助けとなってくれた・・・、この言葉を使う状況は多い。丁寧に言えば「よろしいんですか?」。応用編として「えっ、本当に? よろしいんですか?」。亜種(トリッキーバージョンといってもいい)として「そんなことしていただいて、私後から誰かに怒られませんか?」「いいの? ダメって後から言ったら泣くよ?」などなど、多少の大げさ感はあるが、相手はその大げさな雰囲気すらも「自分はとても良いことをした」と感じてくれるだろう。結果、優越感として受け止めること間違いない。こういう文章を書いていると、「いいのよ、もー、オーバーなんだから」と呆れながらもえびす顔で聞いていた昔の上司のことをふと思い出す。確かに「効く」言葉なのだ。わざとらしい、と切り捨てるのはあまりにももったいない。

ここ最近、忖度という言葉をよく耳にする。相手のことをおもんばかる、気を使う、という行為には賛否両論あるだろう。報道から伝わってくるのは「忖度はいいものではない」というムードがほとんどだと感じる。確かに、力あるものの状況や心理を想像して「いい方向」に「こうあるべき、ということをねじ曲げて」でも、「相手をたてた」というニュースに好印象を持つものは極めて少ないことも分かる。しかし、我々が「日常生活内」で「ささやかに相手を気持ち良よくさせる」行為ならば、プチ忖度ともいえる「いいんですか?」系統の言葉たちを使っても批判は受けないと考える。お金や利権がからむから良くないものだと捉えられるのだから。

言った側にだって旨味はある。身銭をきることもなく、相手から善意をもらっておきながらも相手がちょっとした優越感に浸れるのだから。ジンジャー読者は「いいんですか?」を言う側でもあり言われる側でもあるだろう。からくりを知り、願わくばおおらかに使い&使われてほしいものだ。

TEXT=壇蜜

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

1月22日(金)全国発売のGINGER2021年3月号では、新しい価値観で新しい時代を生きていくためのヒントとなる「TOKYO New Style」を大特集。表紙にはデビュー1周年を迎え輝きを放っているSnow Manが初登場。常に上を目指し走り続け、時代のアイコンとなった9人の今、そしてこれからについてインタビュー!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる