MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年4月号
4月号 Now on sale
変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TIMELESSPERSON

2018.03.20

香里奈のひとりごと「“20代の自分”に教えてあげたいこと」

『GINGER』の連載「KARINA’S GARDEN」のアーカイブを順番に振り返りながら、“あのころ”と“今”、ときには“これから”を語る「香里奈のひとりごと」。写真好きの香里奈が、連載用に撮り下ろしてきた思い出のショットも紹介します。

香里奈

必要なものを選べる自分であるために

最近は本当に“自分がラクチン”でいられる服ばかり着ている。それは必然的に、着ていてリラックスできるカジュアルなアイテムだったりします。
そして、そんなちょっとゆるめの着こなしに、“いえいえ、単に気を抜いているわけではありませんよ”みたいな(笑)ピリッとした緊張感を足すには、やはりハイブランドの小物が役に立ってくれるのです。

香里奈

GINGER 2010年12月号より

このページは、ルイ・ヴィトン 名古屋栄店のリニューアルオープン(2010年秋)にお呼ばれしたときに撮影。中高生時代から憧れていた、地元のストアレセプションにゲストとしてお招きいただいて「縁も感じたし、ルイ・ヴィトンを持つ大人になって帰ってきたよーって気分になった」と綴っていました。

20代はまだまだ背伸びしていたから、ハイブランドの服や小物をいろいろ試したい時期だったな、と思う。それこそ人気アイテムや限定アイテムは、出合ったときに購入しないと手に入らなくなるので、“今しか買えない!”というフレーズにも弱かった(笑)。
香里奈
最近のブランド小物との距離感は、定番で長く使えるものはもちろん選びやすいが、自分らしさがでるような色やデザインを探したりもしている。私はBasicなカラーの服を普段着ることが多いので、昔から、小物はコーデのスパイスになるようなネオンカラーやヒョウ柄とか派手なものに惹かれる。ちょっとオモチャっぽいデザインだったり、遊び心の感じられるものが好み。ハイブランドなのに、一見そうとは感じさせないルックスで、ハイブランドだからこそ、それが安っぽさとは無縁の個性になっていて。そこには、やはりブランドの実力を感じます。

逆にもっとデイリーなブランドで小物を探すときは、最初は「わ! 可愛い」とルックスから入るものの、次にプライス、それからポケットとかディテールをチェックして、モノの出し入れが面倒な構造だな・・・なんて使い勝手もしっかり吟味したり。コストパフオーマンスをきっちり考えるようになりました。さらに、これと似たようなものをすでに持っているのでは? と、冷静に考えたりもして、最近はあまり気軽にモノを買わない傾向になったかな。

香里奈

本誌より/名古屋でいただいたお抹茶と和菓子。香里奈が撮影。

それはたぶん、大人になるにつれて、ファッション以外にも関心ごとが増えてきて、他のいろいろなことに目が向いているからかも。必要なものだけ買って、必要なことに備えないと、と考え方にも変化があったというか。

(名古屋に対して)昔ながらのいいところは変わらないし、
そこはこれからも変わらないでいてほしいなって思う。
私は東京でもっともっと成長して、
大人になったら、っていう目標たちを
いくつも実現していきたい。

この回の本文でこんなことを綴っていたけれど、あの頃に私が思い描いていた“大人”というのは、今の私ぐらいの年齢を想定しているのかな・・・と考えてしまった。実現できた目標も、まだできていない目標もあると思うけれど8年前と今とでは、確実に異なることがいくつもある。
あの頃の“今”は、今思うと“その瞬間が大事だ!”という考えにしかすぎなくて、未来のためにその“今”を大事にするということに欠けていたと思う。でも、まさに“今”の私は、“これから”を思い描きながら、じゃあ “今、どう過ごすべきか”をなるべく優先的に考えて生きている。

香里奈

本誌より/香里奈が撮影した、名古屋の景色。

家族と過ごす時間の大切さも痛感しているし、仕事との向き合い方も変化しているし。買い物の仕方だけでなく、時間の使い方も変わったと思う。
大人になるって、いろいろなことを知ってラクになるのではなく、いろいろなことが見えてきたから、より複雑。だからこそ、自分という軸をしっかり持たないと何も進まないし、迷ってしまって大変。すべては“自分”がやりたい、欲しい、頑張りたい、と思ってこそ、面白さや楽しさが付いてくるのだと思うから。

だから、あの頃の私に教えてあげたいのは、“今”を楽しみながら、自分の“好き”をしっかり見極めていく訓練をしてね、ということ。自分のことがわかっていれば、必要なモノゴトをきちんと選べるはずだから。

PHOTO=三保谷洋平

STYLING=豊島優子

HAIR & MAKE-UP=木部明美(PEACE MONKEY)

PICK UP

MAGAZINE

2021年4月号

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

2月22日(月)全国発売のGINGER2021年4月号では、幸せのチャンスを引き寄せ、自分の可能性を広げるための最新トピックスを満載した「おしゃれもマインドも変化を楽しむ時代へ!」を大特集。“CHANGE”を存分に楽しんでいる素敵な人へスペシャルインタビュー。カバーウーマンには、インスタが上がるたびに美しさとコメントに注目が集まる桐谷美玲が近況報告と最強のビューティショットで登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる