MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELFウェルネス

2019.05.17

腸が元気でも美肌はつくれない!? 今から「毛細血管」のゴースト化を阻止!

女性医療ジャーナリストの増田美加さんによる連載。人生の基礎になる“健やかな体”を手に入れるための最新知識をお届けします。

切っても切れない大腸と美肌の関係。腸内環境が整っていると、栄養の吸収がよくなり、肌のすみずみまで必要な栄養が届きます。でも、その栄養を運ぶのは、毛細血管! 毛細血管は、もろく傷つきやすく、老化しやすい特徴が。毛細血管が健康で安定していることも、美肌にとって大切です。最新研究から、腸内環境を高めて毛細血管を健康にするコツをお伝えします。

善玉菌の代表、乳酸菌は年齢とともに減っていく!

お腹

(c)aslysun/Shutterstock.com

年齢を重ねるごとに、大腸の働きや腸内環境が変わるって知っていますか? 
加齢によって、筋肉量や血流が落ちれば、腸の機能も低下します。さらに腸の粘膜は、腸内細菌に大きくかかわっています。

腸内には数100種、100兆個という菌がいて、これらを腸内フローラと言いますが、この腸内フローラが腸の健康に大きな影響を与えています。
 
善玉菌と悪玉菌、そしてどちらにも傾く日和見菌があって、善玉菌の代表格が乳酸菌やビフィズス菌などです。
善玉菌は、腸内フローラのバランスを整え、腸の運動を活発にして、便秘や下痢を防ぎ、美肌、免疫力を高めるなどの重要な役割があります。腸内環境をよくするためには、善玉菌を増やすことが重要です。

善玉菌の代表格、乳酸菌の数は年齢とともに減っていきます。
生まれたときの赤ちゃんの腸内は、乳酸菌が圧倒的に多く、腸内細菌全体の70~80%を占めていました。それが除去に減っていき、40〜50代になると20%を切ってしまいます。さらに70代以降は10%を下回るというデータも。

善玉菌を増やすには、食物繊維を摂ることが大事

サラダ

(c)AnastasiaKopa/Shutterstock.com

では、乳酸菌などの善玉菌を増やして、腸内環境を整えるにはどうしたらよいでしょうか?

腸内細菌の栄養になる発酵食品があります。多くの発酵食品には乳酸菌が含まれています。さらに、腸内の乳酸菌のエサとなるのが食物繊維。
善玉菌を増やすためにも食物繊維を積極的に摂ることは大事。大腸がんの原因のひとつに食物繊維が少なく、脂肪分の多い食生活が考えられます*。
乳酸菌や食物繊維が食事で摂りきれないときはサプリを利用するのも手です。

*国立がん研究センターがん情報サービス 最新がん統計より

どちらも大事!おなかの菌を助ける乳酸菌と、エサになる食物繊維

ひじき煮物

(c)masa44/Shutterstock.com

腸内の乳酸菌を喜ばせて増殖させ、活性化させるのがプレバイオティクスという成分です。これをよく含んでいるのが食物繊維。
乳酸菌は、食物繊維を好んで食べています。食物繊維が少ないと、乳酸菌のエサがなく、元気になれない。

食物繊維を積極的に摂ることが必要ですが、どれかひとつの食材だけを摂っていれば大丈夫ということはありません。食物繊維は、きのこ、海藻、豆類、野菜など、種類豊富にバランスよくとることが大事です。

腸が元気でも、毛細血管が健康でないと美肌は作れない!

毛細血管

(c)staras/Shutterstock.com

さて、美肌のカギを握るのは、腸だけでなく、栄養を全身に届ける毛細血管です。
腸内環境が整っていることで、栄養が吸収されやすくなりますが、毛細血管が健康で安定していないと、栄養が細胞のすみずみまで行き渡りません。

つまり、腸の“吸収”と全身の“巡り”の機能を高めることこそ、美肌を育む基盤になります。

近年、血管研究の成果によって、毛細血管の壁細胞を活性化して丈夫にするTie2(タイツー)受容体という酵素が発見されました。*
傷ついた毛細血管を修復する作用があることも判明。毛細血管が丈夫で元気でいれば、血流をスムーズにし、体のすみずみまで酸素や栄養が届きます。

*Tie2(タイツー)・リンパ・血管研究会 http://tie2.kenkyuukai.jp/about/

毛細血管をゴースト化させないためにどうすれば?

ルイボスティー

(c)iuliia_n/Shutterstock.com

でも、年を重ねるごとに毛細血管は老化し、40代半ばからは血液が流れない「ゴースト血管」になる恐れがあることもわかってきています。毛細血管が「ゴースト化」すると、肌に酸素や栄養が届かず、くすみやたるみ、シワなどの肌老化が加速します。

では、毛細血管を活性化するTie2(タイツー)受容体という酵素を活性化するには、どうしたらよいでしょうか?
 
いくつかの植物にTie2(タイツー)を活性化する働きがあることもわかってきました。シナモン、ヒハツ(長胡椒の一種)、ルイボス、ハス胚芽、月桃葉ほかの植物です。
ほかにも、血流を上げる有酸素運動もTie2(タイツー)活性化に、効果があります。

腸内環境を整え、毛細血管を丈夫にする!

乳酸菌を増やすために、乳酸菌のエサとなる食物繊維をたっぷり摂る。そして、毛細血管の健康を維持するために、Tie2(タイツー)を活性化する植物の力を借りたり、運動をする。

これらが腸と毛細血管を元気にして、美肌に導くコツです。また、最近では、腸と毛細血管に着目したサプリメントも作られています。

ブライトニングサプリメント「FTCホワイト チャージ」

FTC

90粒[30日分]

肌と密接な関わりを持つ「腸」と「毛細血管」に着目した、深層ブライトニングサプリメント。スキンケア効果を引き出し、透き通るような輝く美肌へ導きます。
日本の発酵文化である漬物から発見された植物性乳酸菌を使用。腸に届きやすく、腸内環境を整えて、栄養の吸収と老廃物の排泄を促進します。
さらに、毛細血管をケアするヒハツを配合。ヒハツはコショウ科の植物で、古来より体を温め、冷えを防ぐとして重宝されてきました。
フルーツの中でもセラミドが多いパイナップル果実の抽出エキス。また、パイナップルセラミドをサポートするルイボス葉エキスは、くすみや肌サビに効果を発揮し、月桃葉エキスはコラーゲン産生を助け、シミやシワ、たるみをケア。

FTC
https://www.ftcbeauty.com/

増田美加の記事をもっと読む。

TEXT=増田美加(女性医療ジャーナリスト)

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる