MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙
3月号 Now on sale
TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

MYSELFメイクアップ

2018.10.24

美人度は「眉」で決まる。ムラをなくしてキレイに仕上げる方法とは?

ヘア&メイクアップアーティスト 木部明美さんの人気連載「おとなメイク実験室」通称“キベラボ”。 毎月さまざまなテーマを決めて、木部さんの感性が光るメイクのTIPSをお届けしています。 今月は、顔の印象を大きく左右する「眉」にフォーカス。美GINGERメンバーの渡邊成佳さんが、“眉を変えるだけ”で4変化!

ナチュラル眉に必要なアイテムは?

足りないところを足すだけでなく・・・?

「まずペンシルで、眉全体の土台を作ります。毛のすき間を埋めるように描き足して、形を整えて」

「アイブロウブラシでぼかします」

ここでひと手間、今回のポイントとなるプロセスが。

「渡邊さんの眉は、眉頭側に毛が密集していて濃く、眉尻は薄いのが特徴。このムラを抑えるために、まずは濃い部分に薄めカラーのアイブロウマスカラを塗って、薄くするんです」

つまり、もともと均一な眉の人は、この段階は省いてもOK。

「ただ、色を乗せるだけで雰囲気が変わるので、肌にコンシーラーを塗るのと同じく、眉もまずマスカラで整えるのがおすすめです」

色ムラを整えたところで、実際に乗せたい色を乗せていきます。

「眉のラインの、中央線に沿って細く塗るようにすると、立体感が出ますよ」

完成!

メイク全体になじむ、ナチュラルな眉に仕上がりました。主張しすぎることなく、自然に見えるのに、凛とした雰囲気を醸し出しています。

「まずはこのナチュラル眉さえマスターすれば、毎日のメイクの仕上がりが格段によくなります。次回以降は、ちょっとしたアレンジを加えてみますのでお楽しみに!」

PHOTO=勝吉祐介(PEACE MONKEY)

MODEL=渡邊成佳

TEXT=GINGERweb編集部

HAIR & MAKE-UP=木部明美(PEACE MONKEY)

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

1月22日(金)全国発売のGINGER2021年3月号では、新しい価値観で新しい時代を生きていくためのヒントとなる「TOKYO New Style」を大特集。表紙にはデビュー1周年を迎え輝きを放っているSnow Manが初登場。常に上を目指し走り続け、時代のアイコンとなった9人の今、そしてこれからについてインタビュー!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる