GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING

2022.04.13

新生活、おうちに美術を飾ってみよう!【水曜夜はアートの話を】

美術を面白おかしく、わかりやすく解説する“アートテラー”として活躍するとに~さんによる連載。読者の皆さまからの質問も随時受け付けています! 今回は、アートの飾り方について。

アートのある部屋
こんばんは。アートテラーのとに~です。先日、講演のお仕事がありまして。おかげさまで満員御礼、自分でいうのもなんですが、トークも大いに盛り上がりました。その終了後、お客さんらが駆け寄ってくださり、「写真撮ってもいいですか?」と一言。「あ、どうぞどうぞ」と、ピースをしてポーズを決めたところ、僕が着ていたシャツだけ撮影されました。講演中、僕の伊藤若冲シャツがずっと気になっていたとのこと。前から後ろから、いろんな角度からシャツの写真を撮って、女性たちは帰っていかれました。僕はピースしていた右手をそっとおろしました。

さて、新年度が始まりましたね。新居での新しい生活が始まったという方も多くいらっしゃることでしょう。そんなおうちにアートを飾ってみるのはいかがでしょうか。アートを飾ると生活が楽しくなりますよ。そこで今回は僕の家にあるアートを、飾り方とともにご紹介! ご参考になりましたら幸いです。

壁に飾る高さで遊んでみる

絵や版画といった平面作品を壁に飾るのであれば、目線の位置より少し低めに合わせるのがベターです。実際、多くの美術館では平面作品を掛ける際、その中心を床から140~150cmの位置に合わせています。ただ、それはあくまで一般論。自分が飾りたい高さで飾るのが一番です。

我が家にもいくつか平面作品がありますが、メゾチント(※銅版画の技法の一つ)作家の山城有未さんの作品は、描かれているのが足元ゆえ、あえて低い位置に飾っています。
アートアートのある部屋
美術館ではまずやらない飾り方。おうちだからこそできる楽しみ方です。

壁に飾らなくても

賃貸物件で、壁に穴が開けられない。そういう方も少なくないでしょう。キャンバスではなく、版画や切り絵、ドローイングのような厚みのない作品であれば、写真立てに入れて飾るのがオススメ。気分次第で置き場所を変えられるというのもポイントです。
アートのある部屋
ちなみに、僕はどちらかといえば、おおざっぱな人間なので、そんなに大きくない作品であれば、単純に机の上や本棚にそっと立て掛けるように置いてしまっています。意外と気に入っている飾り方が、スツールの上に置いてみるというもの。壁に飾るよりも、部屋のアクセントになります。

ぐい呑みコレクション

コロナ禍以降、家飲みの機会がぐっと増えました。それならば、日本酒を飲む際は、作家物のぐい呑みで飲もう。そう思って、陶芸家の展覧会に行っては、気に入ったぐい呑みを購入するようになりました。気が付いたら、1年間で20個近くのぐい呑みを買っていました。ぐい呑みをディスプレイする専用の棚も売ってはいるのですが、どれも意外と値が張ります。そのお金があったら、もう1個ぐい呑みが買える。そこで、棚を自作することに。1から作るのは面倒なので、100円ショップで手ごろな木箱を見つけ、それらを木工用ボンドでくっつけて、それっぽい棚を完成させました。
アートのある部屋
コレクションが増えたら、増築(?)するだけ。ぐい呑みのコレクションはまだまだ増えそうです。

皆さまからの質問大募集!

「デートにピッタリの美術館は?」「カフェがオススメの美術館って?」という具体的な質問から、「現代アートって、何が面白いの?」「何であんなに美術品って高いの?」「ピカソってすごいの?」という誰にも聞けなかった質問まで。
GINGERの問い合わせフォームから何でもお寄せくださいませ。わかりやすく、お答えします。

アートテラー・とに〜の【水曜夜はアートの話を】をもっと読む。

TEXT=アートテラー・とに〜

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する