MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年10月号
10月号 Now on sale
ちょっといいコト、したい♡

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING

2021.09.02

ミニマムだけが正解じゃない!雑貨×グリーンで作る素敵な空間

おうち時間が増えてインテリアに力を入れている人が急増中の今、注目されているのがインドアグリーン。デザイナーAYAKOさんのインテリアを参考に、まずはひと枝、取り入れて!

大切に育てたグリーンを小物とともにたっぷり!

多くの家ならテレビが置かれそうなリビングの真ん中に、大好きな植物やオブジェが並ぶハイセンスな部屋。

8年間のイギリス生活を経て2年前に帰国したAYAKOさん。世界の旅先で集めたオブジェや花器、そして個性的な植物やドライフラワーに囲まれたリビングはおしゃれなカフェのよう。AYAKOさんが植物にハマったのは帰国してから。

グリーンのある部屋

この部分はガラスのオブジェやドライフラワー多くして、少しトーンを変えているそう。

「長らく日本を離れていたので、四季の移り変わりで街の花や植物が次々に変わることに感動して…」

休日にお散歩がてらグリーンショップを訪れて少しずつ買い集めたそう。
「結婚記念日には、ちょっといい植物を買っています」とAYAKOさん。植物の世話が楽しくて、休日は3時間くらいかけて水やりや霧吹き、古い葉を取るなどして過ごしているそう。

「一番好きなのはコウモリランで、種類も豊富なので飽きません。自分で板付けして楽しんでいます。もっといろんな種類のコウモリランを育てたい!」

AYAKOさんのグリーンスタイル

グリーンのある部屋
カウンターで区切られたキッチンとダイニングは植物を並べておくことで丸見え感を抑えている。

グリーンのある部屋
リビングとダイニングの境目に真っ赤な螺旋階段があるAYAKOさん宅。そのステップにはぐるりと植物が!

グリーンのある部屋
ダイニングテーブル脇の窓辺には、ドライフラワーやグリーンがミニチュアのオブジェとともに。

AYAKO(あやこ)
イギリスで靴とバッグのデザイナーとして働いたのち、2年前に帰国。現在はデザイナーの傍ら美術関係の仕事も。暮らしを伝えるYouTube「ヒゲとわたし」は4万人以上の登録者が。

>>葉物&枝物でナチュラルに!取り入れたいインドアグリーンのアイデア

>>部屋ごとにテイストを変えるのもアリ!真似したいおうちグリーン

PHOTO=名和真紀子

COOPERATION=吉野ユリ子

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年10月号

10月号 Now on sale

ちょっといいコト、したい♡

最新号を見る

定期購読はこちら

10月号 Now on sale

ちょっといいコト、したい♡

8月23日(月)全国発売のGINGER2021年10月号では、同じ事務所の先輩・後輩でありながら2ショットを披露することもなかった伊野尾慧さん×神宮寺勇太さんのふたりが表紙を飾ります。新しい時代のフェーズを迎え、人生の価値観が大きく変わった人も多い今。改めて自分のために、誰かのために行いたい、ちょっといいコトについて特集。冨永愛さん、前田敦子さん、井手上漠さん、MEGUMIさんらが自身の生き様について語ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する