GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING趣味

2021.05.26

モネはクズキャラ、ミレーはキレキャラ?【水曜夜はアートの話を】

美術を面白おかしく、わかりやすく解説する“アートテラー”として活躍するとに~さんによる連載。読者の皆さまからの質問も随時受け付けています!

日傘をさす女

クロード・モネ《散歩、日傘をさす女》 (c)Everett Collection/Shutterstock.com

こんばんは。アートテラーのとに~です。緊急事態宣言が延長されてしまいましたね。通常時は毎日のようにどこかしらの美術館を訪れていただけに、3週間近く美術館に行ってないとなると、精神面がすっかり栄養不足に…。飲食店を開けられるなら、美術館も開けてほしいものです。20時までには閉めますし。マスク鑑賞しますし。

さて、美術館に取材に行けないので、本日は不定期企画「巨匠たちのすべらない話」の第5弾をお届けしたいと思います。
巨匠と言われる芸術家たちは誰でも1つはすべらない話を持っており、そして、それは誰が何度聞いても面白いものである。すべらんなぁ。

若き日のモネはクズキャラだった?

Claude Monet

(c)Everett Collection/Shutterstock.com

《睡蓮》や《積みわら》など、多くの名作を残した印象派の画家クロード・モネ。その穏やかな作風からは想像ができないでしょうが、実は若き日のモネ、つまり下積み時代のモネは、基本的にお金の話ばかりしていたようです。というのも、友人やパトロンに手紙を送っては、お金を無心するのが常でした。嫁や子供をダシにするのは当たり前。「不幸な星の下に生まれた」だの「愚かにも水に飛び込んだ」だの、よくわからない同情を誘い、お金を要求することも。「さして親しくもない人に借金を申し込んで冷たくあしらわれた」という謎のアピールをしたこともありました。

モネと名前がよく似たマネには、こんな手紙を送っていたそうです。

「20フラン紙幣を送ってくれれば、15分はしのげる」

……いや、15分しか保たないんかい!

実はキレキャラなミレー

熊手を持つ女性

ジャン=フランソワ・ミレー《熊手を持つ女性》 (c)Everett Collection/Shutterstock.com

《種をまく人》や《晩鐘》など、自然や大地とともに生きる農民の姿を敬虔に描き、「農民画家」と呼ばれたジャン=フランソワ・ミレー。しかし、最初から農民を描いていたわけではありません。実は若い頃は、生活のために裸体画も多く描いていたようです。そんなある日のこと、ミレーは自分が描いた裸体画の前で若者2人が会話している場面に遭遇しました。

「なぁ、お前、この画家知ってる?」
「あー、はいはい。確か、裸の女しか描かないミレーって画家じゃなかったっけ?」

そんなイメージが付いていたなんて! ショックを受けたミレーは、妻に「裸体画は二度と描くもんか!」と宣言し、自分が自由に描きたいものだけを描くべく、バルビゾン村に移り住んだそうです。

Jean-François Millet

(c)Esik Sandor/Shutterstock.com

ちなみに、若き日のミレーは同じく生活のため肖像画も多く描いています。とある市から、数年前に亡くなった市長の肖像画をオファーされました。その市長と面識が無かったミレーは、残された資料からどうにか肖像画を仕上げました。ところが、市議会は「本人に似ていない!」という理由で受け取りを拒否。それに腹を立てたミレーは、市長の肖像画とともに《モーセに扮した自画像》を市に贈り付けました。その絵の中では、怒りの表情を浮かべたミレーが、手にした十戒の「汝隣人に対して偽りの証をするなかれ」という一文を指差しています。結果、市はミレーに当初提示した金額の3分の1を支払ったそうな。「あなたは芸術以外にも、礼儀作法を学んだほうがいい」という言葉を添えて。

大正時代のキラキラネーム

与謝野晶子

「さかい利晶の杜」常設展示より

『みだれ髪』で知られる歌人の与謝野晶子は、パリに渡る前から、彫刻家のオーギュスト・ロダンを尊敬していたのだそう。ロダンと交流のあった有島生馬の紹介状のおかげで、晶子はパリ滞在中に、その憧れのロダンと対面することができました。その感激の様子は、『ロダン翁に逢つた日』という随筆に記されています。

さてさて、そのパリ滞在中に妊娠した晶子は、帰国後、四男を出産しました。長男は光、次男は秀、三男は麟と来て、四男に付けられた名前は、アウギュスト。そう、ロダンの名を取って付けられた名前です。妹のエレンヌとともに、12人兄弟の中で異彩を放っています…。

与謝野晶子

「さかい利晶の杜」常設展示より

ちなみに。パネルにある『昱』という名は、大人になったアウギュストが本人申請で改名したものとのこと。アウギュスト自身は、その名前を気に入っていなかったようですね。

皆さまからの質問大募集!

「デートにピッタリの美術館は?」「カフェがオススメの美術館って?」という具体的な質問から、「現代アートって、何が面白いの?」「何であんなに美術品って高いの?」「ピカソってすごいの?」という誰にも聞けなかった質問まで。
GINGERの問い合わせフォームから何でもお寄せくださいませ。わかりやすく、お答えします。

アートテラー・とに〜の【水曜夜はアートの話を】をもっと読む。

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する