MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

表紙
1月号 Now on sale
SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING

2021.08.02

テラス席は争奪戦!NYで話題の“ボタニカル”なレストラン

NY在住のエディターライター山田ヒロミさんが、気になるトピックスをレポート。今回は、コロナ禍で変化したNYの最新レストラン事情をご紹介します。

まるでリゾート?思わず入りたくなる癒しの空間

テラス席

(c)Hiromi Yamada

今年の夏は例年(ロックダウン前)よりも、心なしか街に活気があるニューヨーク。というのも、コロナをきっかけにほとんどのレストランが屋外にテーブルを出すことを許可されているため、レストランのテラス席がストリートを占拠して、趣向を凝らしたインテリア合戦がヒートアップ中なのです。

なかでも都会にいながら自然に囲まれて食事ができるようにと、花やグリーンを使ったガーデンレストラン風の装飾が目を引きます。なかなか避暑地へ旅行できない人たちも、食事をしながらリゾート気分を味わっているわけですね。その一部を覗きながら、一緒に旅気分を味わって。

華やかなインテリアの主役は…

花

(c)Hiromi Yamada

装飾に使われているフラワーアレンジメントは、アーティフィシャルフラワーで作られたもの。アーティフィシャルフラワーとは造花の一種ではあるのですが、通常の造花とは一線を画した高品質で、生花をリアルに再現しているちょっと高級感のある造花とでもいいましょうか…。コサージュやヘッドドレスなどにも使われるような、芸術性が高く、耐久性のある造花なのです。

特に人気のカラーはピンクのよう。それぞれのレストランでは個性豊かに取り入れて、華やかなムードに昇華させています。

レッドカーペットさながらのエントランス

Kahlo Restaurant

(c)Hiromi Yamada

コンクリート打ちっぱなしのビルが並ぶチェルシーのギャラリー街の一角に、遠くからでも目立つフラワーアーチ。セレブが車から降りて颯爽と入って行きそうなゴージャスな店構え。モダンなメキシカンと、カクテルを出すレストランバー「Kahlo Restaurant」(カーロ・レストラン)の入り口です。

平日はディナーのみの営業ですが、週末にはブランチも。週末の夜にはDJも入っているので、特別な日を盛り上げたい人や、パーティー気分を味わいたい人にもおすすめのお店。

Kahlo Restaurant
525 W 29th St, New York, NY 10001

Pinto Garden

(c)instagram@lili_in_ny

ブルックリンの閑静な住宅街キャロルガーデンで、ローカルに愛されていた古いバーを改装して昨年秋にオープンしたバーレストラン「Court Street Tavern」(コートストリート・タバーン)。店内のインテリアは、当時のままのバーコーナーや大理石を活かした内装、そして広いガーデンテラスが人気です。

Court Street Tavern
449 Court St, Brooklyn, NY 11231

奥にシークレットガーデンがあるところも

Pinto Garden

(c)Hiromi Yamada

ウエストビレッジの路地裏にある、ファンシーな雰囲気の可愛いタイ料理レストラン「Pinto Garden」(ピント・ガーデン)。おしゃれな盛り付けが人気のフュージョンメニューを中心に、カレーや、ヌードルなどオーセンティックなタイフードも味わえます。

Pinto Garden内観

(c)Hiromi Yamada

お店の作りはそんなに広くないのですが、奥に進むと中庭の席も有り。まさに「秘密の花園」的な雰囲気。バズる動画が撮れることから、インスタグラムのストーリーズの定番スポットにもなっています。

Pinto Garden
117 W 10th St, New York, NY 10011

フラワーパラダイスにトリップ!

Lola Taverna外観

(c)Hiromi Yamada

Lola Taverna

(c)Hiromi Yamada

訪れる人のレビューでは、「ギリシャの小さな村に迷いこだような気分」とみんなが口を揃えていっているのが「Lola Taverna」(ローラ・タベルナ)。ギリシャの島々で見かけるピンクのブーゲンビリアをイメージした花が一面に施されているテラス席は予約必須です。
Lola Taverna内観
ギリシャ料理の新鮮な魚介類や、前菜の盛り合わせが人気で、夜のライティングも素敵です。女子会にもおすすめ。

Lola Taverna
210 6th Ave, New York, NY 10014

ペットも一緒で癒し効果UP

LOULOU外観

(c)Hiromi Yamada

コロナ禍でのオープンにもかかわらず、ゴージャスなテラス席が注目され、一気に人気になったフレンチビストロ「LOULOU」(ルールー)。この夏には、地下にスピークイージー(看板の出ていない隠れ家風)なバーラウンジもオープン予定だそう。

LOULOU外観

(c)Hiromi Yamada

店名はオーナーの愛犬の名前が由来していて、お店のトレードマークに。もちろんペットフレンドリーなのも嬉しい。

LOULOU
176 8th Ave, New York, NY 10011

都会にいながらリゾート気分を満喫 

Baby Brasa外観

(c)Hiromi Yamada

こちらはストリートから見てもかなりのインパクト。プラントに囲まれたインテリアの「Baby Brasa」(ベイビー・ブラサ)。もはや、ガーデンというより、熱帯ジャングルに迷い込んだような雰囲気。

Baby Brasa内観

(c)Hiromi Yamada

オーナーのフランコ・ノリエガは、ドルチェ&ガッバーナの広告などでも活躍していた元モデルで、裸にエプロン姿で料理番組などにも登場して話題になり、世界一セクシーなシェフとしても有名。オーガニック素材を使った本格派のペルー料理を堪能できます。

Baby Brasa
173 7th Ave S, New York, NY 10014

花や植物に囲まれた空間は、暑さしのぎの避暑感覚を味わえるだけでなく、ストレスフルな日常から解放されて癒されますよね。まだまだ旅行はちょっと…という人も、写真を見るだけでもフラワーパワーで幸せな気分になってもらえたらうれしいです。

少しずつ活気を取り戻してきているニューヨークですが、新型コロナウイルスの変異株も広まりつつあるというニュースも入ってきています。感染予防にはくれぐれも気を抜くことなく、残りの夏を満喫しましょう!

HIROMI YAMADAの記事をもっと読む。

TEXT=HIROMI YAMADA

PICK UP

MAGAZINE

表紙

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

11月22日(月)全国発売のGINGER2022年1月号通常号は、田中みな実がシースルーのボディースーツを着用して登場。また、Special Editionの表紙には、11月にデビュー10周年を迎えたSexy Zoneが初登場!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する