MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年4月号
4月号 Now on sale
変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

LIVING

2019.04.15

疲れた胃にやさしい、あさり入りスンドゥブで癒される

何かと変化の多い新年度の仕事環境。自分でも気づかぬうちに、食生活も乱れて胃が疲れているかもしれません。料理家 田中美奈子さんの連載「野菜が際立つ簡単ごはん」。今回は、あさりの水煮缶を使った、旨味たっぷりのスンドゥブをご紹介します。

あさりの水煮缶で作るヘルシースンドゥブ

田中美奈子
スーパーマーケットやコンビニでも入手できる、あさりの水煮缶を使った時短レシピ。豆腐、野菜、卵と、カラダにやさしい食材だけで作る、主役ごはん。疲れた胃に負担も少ないこのレシピ、ぜひ覚えておいて。

●材料(1人前)
田中美奈子
あさり缶 130g
白菜キムチ 80g
絹ごし豆腐 1丁
卵 1個
ネギ 2〜3本
水菜 適量


水 500ml
コチュジャン 大さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1杯
醤油 小さじ1

●作り方[所要時間10分]
1. 鍋で水500mlを沸かしている間に、ネギと水菜を食べやすい大きさに切る。
田中美奈子

2. 鍋の水が沸騰したら、あさり缶を汁ごと、材料Aをすべて入れてひと煮立ちさせ、豆腐をスプーンですくって入れます。
田中美奈子

3. 白菜キムチ、もやし、ネギを加えてさらにひと煮立ちさせたら、卵を落とし半熟まで火を通す。
田中美奈子

4. 食べる直前に水菜をお好みで。

出来上がり!
田中美奈子
アツアツをふぅふぅしながらいただく幸せごはん。水菜は食べる直前に入れて、シャキシャキ感を楽しんで。スープが残ったら、翌日はご飯を入れて雑炊にしても◎。

季節の変わり目は、体調を崩す人も増えます。鍋料理で胃を温めて、元気に乗り切りましょう。

RECIPE=田中美奈子

PHOTO=田中美奈子

PICK UP

MAGAZINE

2021年4月号

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

2月22日(月)全国発売のGINGER2021年4月号では、幸せのチャンスを引き寄せ、自分の可能性を広げるための最新トピックスを満載した「おしゃれもマインドも変化を楽しむ時代へ!」を大特集。“CHANGE”を存分に楽しんでいる素敵な人へスペシャルインタビュー。カバーウーマンには、インスタが上がるたびに美しさとコメントに注目が集まる桐谷美玲が近況報告と最強のビューティショットで登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる