GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MAGAZINE

12月号 Now on sale

服好きのためのシン・美容

2022年10月21日(金)全国発売のGINGER2022年12月号には常に全力、常にフリーダムな、新時代のアイドル道を突き進むSixTONESが約1年ぶりに表紙へ登場。6人で集まったときの空気感は変わらないのに、新しいことに挑み続ける彼らは、今回の表紙そしてカバーストーリーの誌面でも、ハイブランドをさらりと着こなした圧倒的にカッコイイビジュアル、そして仲の良さをクロストークで披露してくれています。

GINGER2022年12月号

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

6人はいつだってGOING MY WAY

会うたびに違う表情を見せてくれるSixTONES。前回GINGERの表紙に登場した2月号では、わちゃ!っと満面の笑み、飾らない表情が話題になり、編集部にも「このカットを採用してくれて感謝です」といったコメントが多く寄せられました。それを上回るメッセージが、表紙公開と同時に数多くSNSに集まっている今回。彼らのカッコ良さを最大限に引き出した黒コーデで決めた6人に「今、どんな感じ?」を聞いてみると…「眠いけど眠くない。疲れていても疲れていない。いつでもポジティブに」(ジェシー)、「プライベートでもいつも仕事で頭がいっぱい」(松村北斗)、「クールに見られがち。でも本当はボケ好きです(笑)」(京本大我)、「張り切りすぎず、ほどよく脱力して仕事に挑みます」(髙地優吾)、「社交的に見られるけど、実は普通に人見知り。初対面で1対1は苦手です」(田中樹)、「仕事をすることは自分が楽しむことが大事!」(森本慎太郎)。さらに自分のことをメンバーはどう見ているのか…どんなときも一緒だからこそ知る、メンバーの正しい"トリセツ"も明らかに。またスペシャルピンナップに掲載されたキメキメ&ラフな表情の17カット、そして、普段あまり見せることのない、ニュアンス違いの黒、シルバー、グレーに彩られた彼らの爪先も必見です!

定番メイクを手放すと、"次の顔"が見えてくる

GINGERの巻頭特集で初めて美容をフィーチャーする今号。その表紙には、コスメ愛を探求する美容賢者の地位はもはや不動となり、美容のプロたちからも信頼を置かれている田中みな実さんが登場しました。彼女がGINGERのカバーを単独で飾ることは4回。素肌にコート、写真集以来初となる水着、実物大の顔に寄ったカット、美脚を大胆に披露…と毎回そのビジュアルが話題になっています。5回目となる今回の表紙では、人気が再燃している新生クレージュのホワイトトップスと黒ボトムスを着用。大胆なデザインのアイテムも、程よく引き締まったボディシルエットと透き通るような素肌を持つ彼女が纏ってレンズの前に登場すると、スタッフ全員から"ほーっ!"とため息が漏れたほど。インタビューでは、「客観的な視点はそれなりに大切にしながらも、過去や常識にとらわれるのをやめてみる」「今日、なんだか違うね…は最上級の褒め言葉」など、私たちも取り入れやすい彼女の美容に対するこだわり、そしておしゃれの核がわかります。さらに好評連載「ここだけ話」のテーマは"結婚できないとかんじるときーーーっ"。クイーンサイズのベッドを自分だけのために購入した日をふと思い返す、今の自分の気持ちを赤裸々につづっています。

特集「服好きのためのシン・美容」では、「美しさを滞らせないための秘訣」をあらゆる視点からひも解きます。まずはビューティ業界の重鎮、美容ジャーナリストの齋藤薫さん、ビューティ・ライフスタイルデザイナーの藤原美智子さんから、キレイを更新する意味そして人生を楽しむために必要な美しさについての金言。服は毎日着替えているのに、メイクは変わらず…な人に向けて、遊びのある服とヘアメイクの提案。独自の理論を持つ、センスのいいひとが買っているコスメを徹底調査。さらにパフォーマー、俳優として唯一無二な存在感を放つ岩田剛典さん。彼の美しい佇まいの裏側、美意識について伺いました。他にも人生100年時代を美しく生き抜くための美活道や、数字で見る美容医療…など、GINGERならではの美容企画が満載です。

■キレイを一生、続けるために
■遊びのある服&ヘアメイク
■センスのいい人が買うコスメ
■アパレルブランドのおしゃれコスメ
■ヘアスタイル、更新しよう
■服が似合うカラダづくり and more

自分の"好き"だけを集めたおしゃれな40人の部屋&宝物を取材

ステイホームを経験し、改めて気づかされた、居心地の良いプライベート空間の大切さ。今回はセンスがいい人のこだわりの家&インテリアを徹底取材。スマホで撮影されたおしゃれなスペースには、暮らしの質をアップするティップスが満載でした。

また好評連載Hey! Sɑy! JUMPの連載「TAG」。第3回目は伊野尾慧さんを、メンバーの知念侑李さんがプロデュース。普段のスタイルとは異なる、テンション高めのファッションと夜を思わせるライティングでの撮影は、今号でしか見られない貴重な1枚に。また"いのちね"コンビならではの対談、さらにジャニーズ初の有明アリーナ公演のレポートも掲載。

レギュラーモデルや著名人による本誌ならではの連載も充実。今回最終回となる、松本まりかの「THINK CLEARY」では、連載中の約1年半を振り返り、環境の変化とともに仕事を通して新しい出会いがあり、心の旅をしていたことをつづります。香里奈連載「今、できること」では、リメイクの魔法を体感。大量のデッドストックの山からアイテムを選び、実際にミシンをかけ、2点を完成させました。桐谷美玲連載「Emotional」では、"スポーツとはほとんど無縁"という彼女が、テニスコートに登場し、最新のグッチのスポーティファッションをクールに着こなしています。川口春奈連載「WAN for ALL!」には、スタンダード、ミディアム、ミニチュアの3段階に分類されているオーストラリアン・ラブラドゥードルが登場。ふわふわで愛嬌たっぷりな10歳の相棒に癒され、ドラマとは違う表情が見られます。そのほか作家・山田詠美、タレント・壇蜜、美容家・神崎恵、作詞家・小竹正人、フリーアナウンサー青木源太のエッセイも継続。自分力を高め、人生が好転するキーワードをたっぷりお届けします。

BACK NUMBER
GINGER 2022年11月号 人生がととのう! 快感レッスン
GINGER 2022年10月号 365日、韓国沼。
GINGER 2022年9月号 甘さをください♡
GINGER 2022年8月号 It's a COLORFUL WORLD
GINGER 2022年7月号 私をつくる、私のナカミ
GINGER 2022年6月号 Forever the TOP
GINGER 2022年5月号 MOVIN'ON
GINGER 2022年4月号 NO BORDER
GINGER 2022年3月号 Self Styling
GINGER 2022年2月号 おいしい時間
GINGER 2022年1月号 SEXYの新解釈