外国人が感じる日本との食文化の違いとは?

私たち日本人が外国に行くと、いろんな食文化の違いに驚かされますよね。カレーを手で食べたり、一つの大皿をシェアするなど...日本は島国で、それこそ独自の文化が発展してきた国なので、私たちが外国に驚かされているのと同じように、外国人も日本の文化に驚いています。ということで今回はTadakuの外国人ホストに日本との食文化の違いで驚いたことを聞き、まとめてみました! 

1.音を立てて食べ物を食べる文化

日本では当たり前の「音を立てて食べる」文化。例えばラーメンやそば、味噌汁なんかも音を立ててすするような文化がありますよね。これは外国人が日本に来て、びっくりすることとしてよく挙げられることの一つですが、同じアジアであるタイ人もびっくりしていました。意外とアジアでも珍しい食べ方みたいです。

2.食べる順番が決まっていない文化

フレンチなんかを食べる時はお料理が順番に出てきますよね。サラダを食べてからメイン…というような「流れ」がありますが、日本の和食には特に順番がありません。全てを一度に並べて「どれからでも食べていい」状態でお料理が出されます。特にヨーロッパの人はそこに文化の違いを感じるのだそう!

3.料理が小皿に分かれている文化

中華では料理が大皿に盛られていて、皆でシェアして食べる文化があります。日本では、いろんな料理が小皿に分かれていて、しかもそれぞれ一つづつが自分のものとして最初から料理をする人が分けて出しますよね。大皿で食べる文化を持つ国は割と多いみたいなので、小皿で一人分が決まってるのは新鮮みたいですよ!

4.「ごちそうさま」という文化

私たちにとっては当たり前の「ごちそうさま」。外国人は食べた後、食べ物の感謝を伝えることはありますが、しかしこのように食べた後にしか使えない食への感謝を表す言葉があることに、外国の人は驚くみたいです。でも、「ごちそうさま」を言う文化は素敵だし、礼儀正しい日本人らしい、との言葉もいただきました〜!

文/Tadaku

Tadaku/家庭料理教室
ナビゲーター
Tadaku/家庭料理教室
外国人が教える家庭料理教室Tadaku(タダク)。日本に住む外国人の自宅でプチホームステイのように家庭料理が学べます。料理だけでなく、食を通じてその国の文化を体験したり、海外旅行前の下見を兼ねたプレ旅行、英語でのレッスンでは英語学習にも活用いただいています。
このナビゲーターの記事を見る