水風呂先輩からの洗礼。最高の体験でした

ここ日本でも、サウナを愛する“サウナー”が増殖中なことをご存じですか? 脚本家 岸本鮎佳さんも、サウナの魅力にハマっている一人です。岸本さんがサウナへの愛を語り尽くす連載「サウナヴィッチ」を読んで、あなたもぜひ愛好者の仲間入りを!(編集部)  

vol.02 ご飯が美味しいサウナ

サウナが苦手だった私は、初めて行ったサウナで、気持ち良さを知ってしまった。


前回の記事で、初めてサウナに行った次の日・・・
朝起きてびっくりしたのが・・・
めちゃくちゃ、よく寝れた・・・。

普段眠りが浅い私は、よく悪夢を見てうなされている。
そんな私が、ここまでぐっすり寝れたのは、久しぶりだった。

だから私は、翌日もまたサウナに入りたいと思ってしまったのだ。


いやいやいや・・・と思うかもしれないが、恐ろしいほど自然に、あの気持ち良すぎる体験をしたい。

怖い怖い怖い・・・こんなにサウナ体験が余韻に残るなんて。

そして、気付いたら、サウナを検索していた。


一番初めに出てきたサイトが「サウナイキタイ」という、全国のサウナを検索できるサイト。

現在地から近くのサウナを検索することが出来る。

「食べログ」のサウナ版のようなものだ。


食事処や休憩スペースがついているような「スーパー銭湯」と、街の至る所にあって浴槽とサウナが付いている「街の銭湯」の二種類が存在している。

何となく、「街の銭湯」は、常連の年輩の皆様が怖そうなイメージがあって、ハードルが高い気がしたので、「スーパー銭湯」を探した。


そこで気になったのが、駒込駅から徒歩30秒の「ロスコ」というサウナ。
レビューを見ると、「ご飯が美味しい」と書いてある。

食いしん坊の私は、これに食いつき、早速友達と「ロスコ」に行く日にちを決めた。

*****


「ロスコ」は、24時間営業していて、90分、12時間、24時間というコースが選べる。
90分は流石に短いので、12時間コースに。

フロントで入館料¥1,800を払い、2階のロッカールームへ。

新しい施設ではないので、若干レトロ感が漂っているが、中の清掃も行き届いているし、女性専用フロアがちゃんとあるのがいい。

行く時間が遅めだったこともあるが、結構空いてる・・・。

そして、お一人様がかなり多い。
友達同士で来てるのは、私たちぐらいだった。

館内着に着替えて、同じフロアにある浴室へ。


早速サウナが!

決して広くはないし、特別何かがあるわけではないように感じるが、女性専用フロアには浴槽が1つと水風呂。

きた!!! 水風呂!!!と、すでにテンションが上がる私。

え!!! なんか、ライオンの口から水が勢い良く出てる!!!

めちゃくちゃ勢い良く出てる!!! ていうか、水が溢れてる!!!

ちょっと、怖い! でも今日も頑張って水風呂入る!


身体を洗い、いよいよ、サウナへ。
ここのサウナは、テレビがついてて、広さもしっかりあります。

そこまで熱くないので、ゆっくりじっくり入れる。

そして、友達とじっくり裸で語り合えるので、時間はあっという間に過ぎていく。


友人「これ、上がってビール絶対美味いよね!」

キラーン!!! そうでした! 私がここに来たのは、美味しいご飯を食べるため!!
そして、美味しいビールを飲むため!!!


最高かよ!!!

ビールのために耐えて、汗をかいてることが、誇りに思えてきた。

あたしたち! ビールのために、戦ってる!!! カッコいいよ!


そして、ライオンちゃんが頑張ってくれている水風呂へ。

入りたい! 早く水風呂に入りたい!!という気持ちで、もはや躊躇はなく、戦い終えた戦士たちのように、堂々と水風呂に肩まで一気に浸かる女2人。

ぎゃあああああ!!!!!!

んんんなぁあああああ!!!!!!!

つめてぇーーーーー!!!!!!


ライオンちゃんの口から勢い良く出てくる水が、身体を一気に冷やしてくれる。

目が、頭が、一気にシャキーン!!!と覚めるほど刺激的な水風呂!


私、さっきまで何呑気に友達と老後一緒に住もうね?なんて、生温いこと話してたんだ?
まだアラサーだろ? まだまだ人生これからだろ? 何人生諦めたような発言してんだ!?

・・・って、喝を入れられたような、インパクト!

水風呂から出ると、2人とも放心状態・・・

さっきまで、人生について語っていたのに、もう言葉を失うほどの水風呂先輩のインパクトに圧倒され、ただただ、魂が抜けていく自分自身の身体と向き合っていた。


友人「ねぇ・・・」

私「ん・・・?」

友人「・・・ヤバいね」

私「・・・だろ?」


実は、この友人はサウナ初体験。
水風呂も苦手だと言っていた友人が、サウナに耐え、水風呂先輩の洗礼を受け、今魂の抜けたトローンとした表情でこちらを見ている。


・・・なんて、美しいんだ・・・!


このルーティーンを3回繰り返し、ついに・・・ビール!!!

お食事コーナーのあるフロアは、広々としていた。
カレー、ラーメン、餃子、野菜炒め、唐揚げ、枝豆、カツ丼、サバ焼き定食、豚汁、そばうどん、スパゲティー、ソフトクリーム・・・正直、ないものを探す方が困難なほど、メニューが豊富。

席についた瞬間、とりあえず、生!を注文し、唐揚げや枝豆、そして気になった豚汁を注文した。

ビールが体の細胞に染み渡っていく。

先ほどの水風呂先輩の洗礼は、この瞬間のためだったのですね。というほどの至福感。

最高。

あまりに美味すぎて、泣けてきた。


何で、こんな最高の娯楽を今までやってこなかったんだ?という後悔。

ほどなくして、運ばれてきた料理もすべて美味しい。


サウナ上りだからというだけじゃない。

ビールのジョッキもキンキンに冷えてるし、揚げたての唐揚げのジューシーさ、そして豚汁の衝撃的な美味しさ!
サウナの後にこんな美味しいおつまみでビール飲めるって、これ以上最高の遊びがこの世にあるか?


さっきまで、老後の安泰をテーマに話していた私たちは、いつの間にか自分たちの夢を語り合っていた。

サウナに入ると、気持ちが前向きになる。

友達とどこで遊ぼうか迷っている女子は、ぜひこういうスーパー銭湯タイプのサウナに行ってみてほしい。

気のおけない友達とゆっくり語り、美味しいお酒とご飯で、幸せになり、いつのまにか気持ちが晴れて、ぐっすり眠れるから。

文/岸本鮎佳

岸本鮎佳/脚本家
ナビゲーター
岸本鮎佳/脚本家
脚本家・劇作家・演出家・女優。演劇ユニット「艶∞ポリス」主宰。女性独特かつ綿密な人間観察を土台に作り上げる会話劇を得意とし、笑いを織り交ぜたスタイリッシュな作風で幅広いファンをつかむ。主宰する舞台では、脚本、演出、出演をこなし、近年は映像の脚本も手掛けるなど、その多彩な才能を発揮。InterFM897のレギュラー番組 岸本鮎佳と渋江譲二「艶っぽい夜」(毎週木曜23:00~/https://www.interfm.co.jp/tsuya)も大好評。オンエア中のドラマパラビ「だから私はメイクする」(テレビ東京)で監督を務める。
このナビゲーターの記事を見る