15分で簡単に作れる、具材多めヘルシーパスタ~プチプラ時短レシピ

仕事が終わった平日の夜、ちょっと遅い時間からの夜ごはん。がっつりしたものはヘルシーじゃないし、コンビニ食では味気ないし、軽めにしようとサラダだけ・・・では満足できない!  そんな働く女子向けに、サクッと作れるおうちごはんレシピを紹介。 
炭水化物は避けたいけど、頑張ってる自分へのご褒美で、少しぐらいなら食べてしまいたい夜もありますよね(笑)。料理家 田中美奈子さんが考えた、働く女子のためのプチプラ時短レシピ。今回は、“かさ増し”で見た目もボリュームも満足感アリな、具だくさんショートパスタです! 

歯ごたえGOODで、お腹もよろこぶ“夜パスタ”

【調理時間 / 15分】
粗く刻んだブロッコリーで“かさ増し”、さらにショートパスタだと実際の量よりも見た目も盛りっと見えて、“食べた~♪”という気持ちになれるメニューです。もちろん、材料もプチプラ。ぜひ、トライしてみて。

●材料(1人前)

・ショートパスタ 50g
・ブロッコリー 半分
・ツナ缶 小1缶
・にんにく 1かけ
・レモン 1/4個

●作り方
1. ブロッコリーをザクザクに切る。にんにくはみじん切りに。

2. パスタを袋の表記どおり茹でている間に、フライパンにツナ缶を油ごとすべて入れ、にんにくが香りが出るまで弱火で炒める。

3. 2にブロッコリーを加え炒める。この時点で油が足りなければ、オリーブオイルを少したす。塩(表記外)をひとつまみ入れ、パスタを入れて、パスタの茹で汁を大さじ4杯入れる。

出来上がり!

レモンを絞って召し上がれ♪ ブラックペッパーはお好みで。
ショートパスタはたったの50g、プロッコリーでかさが増ししているので、それなりにほどよくボリューミィ。しっかり食べた満足感で、仕事の疲れも吹き飛ぶはず。

この具材はトマトソースにまぜてもよし、オムレツの具材にしてもOK。いろいろと応用してみてください。

写真・レシピ/田中美奈子


田中美奈子 / 料理家、カフェディレクター
ナビゲーター
田中美奈子 / 料理家、カフェディレクター
DEAN&DELUCAカフェマネージャー、ドリンクメニュー開発後に独立。カフェレストランオーナーシェフとバリスタを経て、カフェ店舗商品開発やコンサルティング、フードコーディネートなどを手がける。 コレクションテーマに合わせた展示会用のオーダーメイドケータリングやデリバリーは、旬の野菜を中心とした料理が好評。『タピオカミルクティー フルーツティードリンク』『ティードリンクマニュアル』(片倉康博共著/旭屋出版)、7月20日には『ティードリンクの発想と組み立て』(片倉康博共著/誠文堂新光社)が発売予定。『ケータリング気分のBox Food』(文化出版局)が絶賛発売中。
このナビゲーターの記事を見る