おつまみからメインまで!簡単夏野菜レシピ5選

こんにちは。お料理担当の坂本ちなみです。今回も、身近な旬野菜を使って簡単にできる家庭料理をお届けします。野菜の味をしっかり引き出しながら、素材の持つ美しい色合いも生かせるようトライしてみました。おつまみからメインおかずまで幅広く使える夏の5選、ぜひ今日から皆さんの献立にお役立てくださいね!

1.キュウリのキムチ挟み

まず最初にオススメしたいのがこちら、「キュウリのキムチ挟み」です。キュウリは、1センチほどの厚さに斜め切りにしたあと、真ん中に切り込みを入れて、塩少々をまぶします。しばらくおいてしんなりしてきたらキュウリから出た水分を拭き取り、切り込みにキムチを詰めます。お皿に盛りつけ、キムチの上からごま油を数滴たらして白いりごまを振りかけたら出来上がりです。いつものキムチが格段に美味しくなりますよ〜。

*キュウリから出た水分は、力を込めて絞ると切り込みが裂けてしまうので、キッチンペーパーなどでやさしく拭き取ってください。

2.ミニトマトのピクルス

お手軽ミニトマトのピクルスは、夏の間何度でも作りたい定番常備菜です。沸騰させたお湯にトマトを泳がせるとツルンと皮が剥けますので、あとはあらかじめ準備しておいた調味液に浸して冷蔵庫で冷やすだけ。夏場は特にスパイスを利かせると、風味が増して食べやすくなりますし、免疫力アップにもつながります。

3.ズッキーニのリピエノ

次にオススメしたいのは、最近すっかり夏野菜料理の仲間入りを果たした「ズッキーニのリピエノ」。リピエノとは「詰め物をした」という意味で、ナスやピーマンなどでもおなじみのあのお料理です。

今回、ズッキーニに詰めてみたのは、具だくさん野菜で作ったソースと、固めに作ったホワイトソースを層にしたもの。詰めたあとは、オーブンで焼くだけ。ほどよく柔らかくなったズッキーニの歯ごたえと、旨味が凝縮したコクのある詰め物との味覚のコントラストがたまらなく美味しい一品です。

*具だくさんソースは、みじん切りニンニク生姜をオリーブオイルで炒め、細かくカットしたベーコンを加えてカリカリに焼きます。そこへ玉ねぎ、ナス、トマト、くり抜いたズッキーニを加えて形がなくなるまで炒め、塩胡椒で味を整えたらソースのできあがりです。(玉ねぎ、ナス、トマト、ズッキーニは、粗みじん切りにします)

4.夏の春巻き

こちらは、旬真っ盛りのインゲン豆と青しそを使った「夏の春巻き」です。春巻きの皮を広げ、手前に大葉2枚を並べます。大葉の上にハムを1枚、その上にインゲン豆を4本置いてくるくる巻いていきます。170度の油できつね色になるまで揚げればできあがり。アツアツを、スイートチリソースにつけてどうぞ。夏バテも吹っ飛ぶ美味しさですよ!

5.ナス田楽

いつものナス田楽が、切り方一つでこんなにも表情を一変、食べるのが楽しくなる一皿です。ナスは洗って水気を拭き取り、ヘタを取って拍子切りにします。油を引いたフライパンでナスをこんがり焼き、積み上げるように盛りつけます。上から柚味噌と田楽味噌をたらりとかければ出来上がり。

*ナスを拍子切りにしたあとは、丸みを帯びた部分が余ってきます。皮を含めそちらはお味噌汁などにお使いください。


今回の夏野菜メニューいかがでしたか。少しのコツでボリュームが出たり、上品になったりと料理の楽しみは無限大ですよね。献立に迷われたり、レパートリーを増やしたい方、ぜひぜひこちらをお試しくださいね!

写真・文/坂本ちなみ

坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。著書『野菜のごちそう弁当』も人気。インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る