28歳、友達が減るのはいい前兆

先日、久々に西麻布で派手に遊びました。

気の知れたメンバーで、シャンパン入れたり、カラオケしたり。 朝起きたらひざに知らない痣が出来ているという、大人げない飲み方を本当に久しぶりにしました。 

男女10名弱、しっかり割り勘。
AM2:00、各々が自分でタクシーを捕まえて家路に着きました。 

この爽やかで対等な友情関係、気がつけば全員大人になってからできた友達でした。 同年代だけど、年齢も職種もばらばら。

 28歳東京アイツ、花金の西麻布から酔っ払って乗り込んだタクシーの中で感じた気持ちです。 

友達の始まりは、いつも共通点を探すことからだった

Licensed by Getty Images

最近めっきり、学生時代の友人と会う機会が減りました。
私が誘わなくなったからなのか、彼らが私を誘わないからなのか、どちらもあると思います。

思い出し笑いしちゃうくらいに楽しかった思い出は、今でもたくさんあるけれど、今の私にとって、「会いたい」だけでは誘ったり出向いて行く原動力にならないんだなあと感じます。

学生時代、毎日教室や部活で顔を合わせた大好きな人たち。
同じ部活、同じクラス、同じファッション、同じ雰囲気。

いつも「同じ」ということが、私にとって友情の始まりでした。

「同じ」が与えてくれる空虚な安心感

Licensed by Getty Images

「私、全然勉強してない!」「私もー」

テスト当日、教室で誰もが交わしたことのある何気ないやりとりだと思います。
「同じ」ことで満たし合う関係性、お揃いの携帯ストラップを持つだけで安心できた学生時代。

そして今。20代の女性たちの、こんな会話を耳にしたことありませんか。

「出会いがないよー」「私もー」

「仕事つまんないなー」「私もー」

この同意って、果たしているのでしょうか。
社会に出た瞬間、同じテストを受けている人は誰一人いないはず。同じ会社であったとしても、そこに身を置く理由やモチベーションは様々です。

28歳、「同じ」を探すだけでは、楽しくお食事したりはしゃげない年齢になってしまいました。

素敵な友達をつくることで、無意識に埋めてきたコンプレックス

Licensed by Getty Images

友達に「同じ」を求めるのと同様に、「自分より」可愛い友達、「自分より」賢い友達、そういうものも無意識に求めていた気がします。

「自分より」素敵な誰かと、「同じ」を見つけるとすごく嬉しくて、そんな友達と一緒にいることで自分のコンプレックスが埋まって行く感じがありました。

自分より可愛い、自分より可愛くない。
自分より賢い、自分より賢くない。
自分よりモテる、自分よりモテない。

私のなかにはいつも、自分を中心に友達に優劣をつけるバカな物差しかなくて、その基準で作られる友情の希薄さといったら!

28歳、学生時代とは違う価値観で、人付き合いをしている今の自分に気がつきました。

新しい物差しを探しに

Licensed by Getty Images

「同じ」が大好きだった昔の私は、今、新しい物差しを探す旅を始めたところです。

きっかけは、周りの人の小さな変化の積み重ねでした。

7年間付き合って、絶対結婚するだろうって思っていた友達が突然別れる。
すごく可愛いかった学生時代のアイドルが、婚活に苦しみタバコを吸い始める。
仕事で優秀だった同年代の子が、現状維持に目標をすり替えて給料のために働く。

彼女たちが幸せかどうかは問題ではありません。
私がそうやって人を見てしまっていることが問題なんです。

「仕事も恋愛も100%!」勝手に正解を決めつけるくだらない物差しで人を見るから、予期せぬ方向に角度や方向を変える20代の人生に対応できないんです。

「私も」「おんなじ」「分かるよ」、これまで大好きだった相槌。
「私より素敵」「あの子より稼いでる」、これまで大切に持っていたくだらない物差し。

これ全部捨てないと、ものすごくかっこ悪い女性にこの先なっていく危機感がありました。

「違う」を見つけるとわくわくする

Licensed by Getty Images

「私はこう思う」「あなたはこうね」「私ならこうする」「あなたのそういうところ素敵ね」

自分なりの意見を、押し付けがましくなく相手に届けられる女性になりたいと心底思います。
それってきっと、ダイバーシティとか、Quality Of Lifeとか、自分らしく生きるとか、そういう類のありふれたことなのだけど、100%自分の気持ちをこの考え方に更新するのは結構大変。

そんな私が始めた小さな革命が、「違う」ことを楽しむために、「違う」ことを楽しめる人と一緒にいることです。

自分が知らないビジネスのこと。
自分が知らないお店のこと。
自分が知らない本のこと。
自分が知らない生き方のこと。

自分が知らない話を聞こうと決めてみると、改めて、自分が知らないことってこんなにもたくさんあったのかと驚きます。

新しい物差しを探す、なんて大げさに言わなくても、自分の気持ちと行動次第で価値観って変えられるみたいです。

28歳、友達が減るのはきっといいこと

くだらない物差しの呪縛から解かれた私は、今の自分が少し好きです。これまでよく会っていた友達、気の許せる関係性。

「違う」を求めるとそんな人たちと少しずつ距離ができて、友達が減りました。これが正しいのか分からない。ただのあまのじゃくかもしれない。

それでも今は、変わりたいと願う自分を尊重して信じてみることにしました。(私きっと、友達の間では付き合い悪いとかなんか変わったとか、いろいろ言われているんだろうな 笑)

この記事を読んでくれた人のなかにも、いろんな感想があると思います。同じ人がいたら嬉しいし、違う人がいても嬉しい。

28歳で仕事も恋愛も自己実現も全部うまくいってる女性なんて、多分存在しません(笑)。

だから、私なりの悩みはこんな感じだよって伝わればいいなと思っています。

東京アイツでした。

東京アイツ
ナビゲーター
東京アイツ
東京生まれ東京育ち。 大手広告代理店を退社後、ベンチャー企業にて修行中。 27歳、山よりも高層ビルに癒されるタイプ。 魚座、女より男友達が多いタイプ。 好きな言葉は、タクシー初乗り410円。
このナビゲーターの記事を見る