川口春奈、中野ブロードウェイでサブカルに触れる!

GINGER本誌で好評連載中の川口春奈「東京23区STORY」。春奈が23区を順番に巡り、気になるスポットを散策します。本日(8/21)発売の10月号では中野区に降臨!


再開発が進む中野駅北口から、サブカルチャーの聖地・中野ブロードウェイに向かいました。

中野ブロードウェイといえば「まんだらけ」

漫画専門の古書店からスタートし、現在は中野ブロードウェイ内だけで30店舗を展開する「まんだらけ」。コミックス、フィギュア、中古ゲームソフトなど、ジャンル別に分かれたコレクターズショップには、国内はもちろん海外からもファンが訪れています。まさに、サブカルブームの火付け役ともいえる存在なのです!

イエロー空間のこちらは「まんだらけ ぷらすちっく」。ここでは女性向けのおもちゃやドール、グッズを取り扱っています。春奈が大好きだったプリキュアグッズもありましたよ。

昔懐かしいモノクロテレビのような外観の「まんだらけ こんぺいとう」は、おまけ&紙物専門店。お菓子についていたおまけだったり、かるたやめんこ、ぬりえなどのレトロなお宝玩具がいっぱいです。

ひときわ目を引く「まんだらけ本店」。この本店は、「本」の店、という意味です(笑)。少年少女漫画から、小説、CDなども扱っています。

本誌で春奈の撮影場所となったのが、こちらの「まんだらけ 変や」。企業のノベルティグッズや昭和レトログッズ、ヴィンテージトイなどが所狭しと並ぶ、まんだらけのなかでも人気の“異”空間です。誌面では、入り口にある印象的な鳥居の写真を掲載しています。ぜひチェックしてみて!

●まんだらけ中野店
東京都中野区中野5-52-15
http://www.mandarake.co.jp

名物は「デイリーチコ」の8段ソフトクリーム

1966年、中野ブロードウェイ開業とともにオープンした老舗軽食店「デイリーチコ」。超特大ソフトクリームが名物で、かりんとう、いちご、コーヒー、バニラ、チョコ、ごま、抹茶、ラムネの8種の味を一度に楽しめます。ちなみに8段(コーン)で¥700という破格プライス!

地下1階にあるお店では、さぬきうどんなども人気メニューだそう。

デイリーチコ
住所:東京都中野区中野5-52-15  中野ブロードウェイ B1F
TEL:03-3386-4461

中野ブロードウェイで選んだお土産はコチラ

「まんだらけ こんぺいとう」で選んだ、鉄腕アトムのノート、イソップ物語のぬりえ、ペコちゃんのペンケースが今回のお土産。こちらをセットにして、春奈のサイン入りでプレゼントします!

プレゼントは誌面の連載ページにある応募券を、3号(3冊)分を1口としてハガキでご応募いただきます。各地のお土産のほか、撮影現場の見学チャンスなども予定していますので、どんどんご応募ください! プレゼント内容の詳細や最新情報は、このGINGERのWEBにて随時更新していきますので、サイト内で「#川口春奈連載」を検索してちょこちょこチェックしてくださいね。

【応募方法】
連載ページの応募券(コピー不可)3枚分を1口とし、ハガキに貼ってご応募ください。
①郵便番号 ②住所 ③氏名 ④年齢 ⑤職業 ⑥電話番号 ⑦春奈へのメッセージをご記入のうえ、下記の宛て先までお送りください。

※3枚の応募券は、月号が重複していても、連続した月号分でなくても応募可能です。

【宛て先】
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
幻冬舎 GINGER編集部
川口春奈連載プレゼント係  

【最終応募締め切り】
2022年2月22日(火)
※プレゼント内容に合わせ、抽選は複数回に分けて行います。

春奈も毎月楽しみにしているこの23区連載、次はどこの区に行こうかなー?

撮影/齋藤弦(ACUSYU)
スタイリング/NIMU(まきうらオフィス)
ヘア&メイク/髙取篤史(SPEC)

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る