周りが羨む年収と貯金・・・30歳/独身/製薬会社勤務のフトコロ事情を公開!

毎月ひとりずつ、読者の皆さんにお財布の中身や家計簿を公開していただくGINGERの人気連載「MONEY事情」。今回登場していただくのは、製薬会社で営業担当として働く梅村裕香さん(仮名/30歳・独身)。「収入には満足していますが仕事内容は過酷です」という彼女の家計簿とお財布の中身を、さっそくチェックしていきましょう!

年収と、現在の貯蓄額を教えてください!

年収は、700万円です。基本給に加えて、営業手当てとして日当も出ています。基本給と日当は別口座に入るので、日当分を使わず置いておくことで無理なく貯金。670万円ほど貯まっています。仕事内容は、担当エリアの病院への営業活動。直行直帰も多く自由な環境ですが、労働時間が12時間を超えることもしばしばあり・・・このままでいいのかな?と考えてしまいます」

家計簿を見せてください!

好きな服にお金をかけたり、ボーナス時には自分にご褒美を購入したり。ある程度は贅沢もしつつ、それ以外のムダ遣いを減らすことで、きちんと貯金をしている梅村さん。

「社会人5年目くらいまでは頑張って貯金している感覚でしたが、だいぶ貯まったので、ここ最近はあまり意識していませんでした」

それでも最近、雑誌の記事などで自分よりも年収の少ない人が1,000万円以上貯金している例を見て、改めて意欲が湧いているそう。

「食品や日用品の購入でちょこちょこ節約するのは、すずめの涙。それよりも、私の場合、ファッション費を節約しないと。1月はセールで買いすぎたので、2月は買わないなど、メリハリのある支出を心掛けていきたいと思います」

お財布の中身を見せてください!

シャネルのお財布をきれいに保つために、なんと2個持ち。小銭やポイントカード類をコインケースに入れることで、メインのお財布が比較的すっきりと整頓されています。なかなか真似するのは難しいですが、お財布を丁寧に扱うことが、貯金上手への第一歩と言えるかもしれません・・・!

メリハリのある支出と、整頓したお財布。お手本にしたいところですね。

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る