いよいよ鍋の解禁!10分で完成する、簡単ほっこりヘルシー鍋

夜の寒さはもうすっかり冬モード。温かい料理が胃と心にしみる季節の到来です。
仕事から疲れて帰宅した夜、空腹を訴える胃を、ささっと簡単に作れる美味しい料理で満足させてあげましょう。
料理家 田中美奈子さんが考えた、働く女子のための「22時からの美味しい夜ごはん」。今回は、いよいよ鍋の登場です。

やさしい味!鶏塩スープのいろいろキノコと鶏団子鍋

【調理時間10分】
材料を切って、こねて、鍋に入れるだけ。こんなに簡単なのに、こんなに美味しい料理があるだなんて! 週イチで食べたくなるヘルシー鍋を、明日からのヘビロテレシピに加えましょう。

●材料(2人前)

・鶏ひき肉 150g
・えのき
・しめじ
・舞茸
・なめこ  ※キノコはすべて1パック
・ニラ 1束

A
・卵 1個
・大葉 5〜6枚
・白ごま 大1
・生姜 1かけ
・小麦粉 大3
・塩 小1/4

B
・水 400ml
・鶏ガラスープ 大1

トッピング
・レモン
・ごま
・塩
・輪切り唐辛子
・ごま油 適量

●作り方
1. えのき半分を5ミリにカット、生姜はすりおろし、大葉は千切りにしておき、ボールに鶏ひき肉、Aの材料をいれて粘りがでるまで混ぜる。

このぐらいのサイズ感でカットすれば、まとまりやすくて◎。
団子のたね。ねっとりするぐらいまで、しっかり混ぜて。

2. 鍋にBを入れて沸騰したらキノコを入れ、さらに沸騰したらを手またはスプーンなどで団子にして入れる。

キノコたっぷりでスープに旨味がでます。

団子に火が通ったら、ニラを入れてサッと煮る。仕上げにごま油、輪切り唐辛子をふりかける。

出来上がり!

トッピングは、レモンやごま、塩などでさっぱりと。お好みの量と組み合わせで召し上がってください。

手軽にできる鍋料理は、ヘルシーの極み。アツアツの鶏団子は、食べ応え十分です。鶏団子の中にも、鍋の具材にも、とにかくキノコがたっぷり。ニラとのハーモニーも絶妙です。

鶏の旨味が出たスープは、残ったら翌日もごはんを入れて雑炊に、麺を入れてラーメンにと活用できますよ。

今夜にでも、ぜひトライしてください。

写真・文/田中美奈子


田中美奈子 / 料理家、カフェディレクター
ナビゲーター
田中美奈子 / 料理家、カフェディレクター
DEAN&DELUCAカフェマネージャー、ドリンクメニュー開発後に独立。カフェレストランオーナーシェフとバリスタを経て、カフェ店舗商品開発やコンサルティング、フードコーディネートなどを手がける。 コレクションテーマに合わせた展示会用のオーダーメイドケータリングやデリバリーは、旬の野菜を中心とした料理が好評。最新著書『ティードリンクマニュアル』(片倉康博共著/旭屋出版)、『ケータリング気分のBox Food』(文化出版局)が絶賛発売中。ほか『タピオカミルクティー フルーツティードリンク』(片倉康博共著/旭屋出版)も人気。
このナビゲーターの記事を見る