大好きな人に愛されるためには、〇〇する技術があればOK!

女子会での会話に耳を傾けてみると、だいたいが恋愛か美容の話が挙がりますね。 その中でも、「愛されたい」という言葉をよく耳にします。実際に雑誌やネットでも【愛され女子になるには】というキーワードをよく見かけませんか?  しかし、不思議ではありませんか!?

なぜ世の中の女性たちは【自分が誰かを愛すること】よりも【誰かに愛されること】をこんなにも望むのでしょう。本来は愛されることよりも愛することの方が、何倍も難しいし価値があるというのに。今回はその謎を解き明かしていきます。

愛するから愛される

Licensed by Getty Images

誰しも、好きな人から愛されたいと願うもの。それは当然の感情かもしれません。
しかし問題なのは、【自分はあげないけどちょうだい】や【あなたがくれるならあげてもいいよ】という考え。
これ、愛ではなく物に置き換えて考えるとわかりやすいかもしれません。

ここに、お腹を空かせているAさんと、喉が渇いているBさんがいるとします。
Aさんはお腹が空いているのですが、持っているのはお水だけ。逆にBさんは喉が渇いているのですが、持っているのはおにぎりだけ。

この場合、お互いが持っているモノを交換すればお互いに満たされハッピーです。
でももし、お互いが前述のように【自分はあげないけどちょうだい】や【あなたがくれるならあげてもいいよ】という考えを持っていたらどうなるでしょう?

2人ともどんどん苦しくなるばかりで、誰もハッピーではありませんね。

ではこれはどうでしょう?どちらかが率先して「はい、あげる♡」と自分が持っているモノを損得勘定なしに渡す。
きっともう1人も素直に自分が持っているモノを渡すことができ、2人ともハッピーになれるはず。これが【愛の循環】です。

愛されたいと願うなら、まずは自分から愛する。それが原則なのです。

「愛する」のは技術

Licensed by Getty Images

あの人は愛に溢(あふ)れているとか、この人は愛がない。なんて表現を使いますが、もともと愛がない人は存在しません。私たちは誰1人として例外なく誰かしらの愛のおかげで生きています。

愛されたい愛されたいと願う人に限って、他人からの愛を受け取らず、私は誰にも愛されないと悩んでいます。
そして、自分から誰かを愛そうとすることもしません。
なぜそんな思いに至ってしまうのか⁉ それは傷つくのが怖いからです。

誰かを愛することはできる・できないではなく練習です。愛することは技術なのです。アドラー心理学を提唱しているアドラーも言っています。【愛するのは技術】だと。
そして、人生をかけて向き合うべき人生の課題だと。

まずは恐れず、自分が持っているモノ(愛)をそっと相手に差し出してみましょう。
相手もくれるとは限らない。期待もしない。愛することで幸せになるのは、相手ではなく自分の方なのだと気づくことができるはずです。

愛すると不調も消えていく

Licensed by Getty Images

さて、女性ホルモンと全く無関係に思える愛のお話。しかし、実はものすごく深い関係があるのです。

これまで多くの女性のお悩みと向き合ってきましたが、体や心の不調を抱えている女性の多くが【愛を渇望】しています。
もちろん、愛を感じにくい環境で育ってきたという方もいますが、ほとんどが実は自分の方が愛を受け取っていません。

そして、自分は誰にも愛されていない。愛される価値がない女なんだ。と決めつけ、心も体もどんどんネガティブに偏ってしまっているのです。
なので、自分から愛する練習をすればするほど、不調が消えていく人がとても多いのです。

繰り返しますが、愛することは技術であり、練習です。
そして自分から能動的に愛することで自分自身がハッピーになり、人からも愛される【愛の循環】が起きます。
最後におすすめの愛する練習をご紹介します。

*電車で席をゆずる

*お店の店員さんに笑顔で「ありがとう」を伝える

*あなたに会えてよかったを大切な人に伝える

愛することが習慣になると、あなた自身がハッピーになり不調も改善していくはず!
ぜひ、この夏は愛されることよりも愛するチャレンジ。やってみてくださいね!

文/西村留美

西村留美 / 女性ホルモン専門家
ナビゲーター
西村留美 / 女性ホルモン専門家
14年間セラピストとして、人の身体や心をケアする仕事に従事。20代の頃から原因不明の不快症状(イライラや不安、無気 力など)に悩まされ、人生が思うようにいかないもどかしさを感じ、鬱なのかも?と思い、精神科を受診したことも。 後にそれらがPMSだったことを知り、生活習慣改善に取り組み克服したことを機に、同じ悩みを抱えている女性が他にもたくさんいるはずだ! と女性ホルモンについて徹底的に勉強し、女性ホルモン専門家となる。 現在は、女性が社会で自分らしく生きていくためには、女性ホルモンとうまく付き合っていくことは必須のスキルだという強い想いのもと、カウンセリングやセミナーを通して、世の中の女性たちに女性ホルモンが心身に与える影響や生理の大切さを積極的に伝える活動を多方面でしている。
このナビゲーターの記事を見る