簡単なのに美味しすぎ!夏野菜ズッキーニで作る主役級の一品

スーパーマーケットだけでなく、街の八百屋さんにも並ぶほど身近な存在になっているズッキーニ。外見はきゅうりに似ていますが、ウリ科でカボチャの仲間です。濃い緑色が目を引くズッキーニは、夏野菜の代表格。ラタトゥイユやパスタなどで脇役使いが多いかもしれませんが、主役にもなれる奥深さを備えています。

今回の料理家 田中美奈子さんの連載「野菜が際立つ簡単ごはん」は、ズッキーニの持ち味を生かした極旨な一品をご紹介!  

ズッキーニ・リピエーニ(ズッキーニの肉詰め)

イタリアの家庭料理としてお馴染みの、ズッキーニ・リピエーニ。ズッキーニの長い形状をそのまま生かしてて作る、メインになれる料理です。食卓が華やぎます。

●材料(作りやすい分量)

ズッキーニ 3本

A
鶏ひき肉 300g
玉ねぎ 1/4個分
粉チーズ 大さじ3
塩 小さじ1/2
オレガノ(ドライ)小さじ1
ナツメグパウダー 少々

B
パルミジャーノチーズ 適量
パン粉  適量
ブラックペッパー 少々
オリーブオイル 適量


●作り方[調理時間35分]

ズッキーニを縦半分に切り、耐熱皿に入れて500wで約5分レンジにかける。

ズッキーニの中をくりぬき、カット。玉ねぎもみじん切りにする。  


ボウルにAと➁を入れて練り合わせてたものをズッキーニに詰め、Bをふりかけ、180度のオーブンで焼き色がつくまで20分ほど焼く。


出来上がり!

お好みでレモンをしぼって召し上がれ!
カリッと焦げ目がついたズッキーニ・リピエーニは、食欲をそそります。ランチにも、ディナーにもおすすめ。

通常は合挽肉や豚ひき肉ですが、鶏ひき肉にしてヘルシーにしました。アツアツはもちろん、冷めても美味しいので、翌日はカットしてお弁当や、サンドイッチにはさんでも◎。

1人でズッキーニ1本分はあっという間に食べてしまう美味しさ。翌日分も見越して、3本分ぐらい多めに作ってお楽しみください。

写真・レシピ/田中美奈子

田中美奈子/料理家、カフェディレクター
ナビゲーター
田中美奈子/料理家、カフェディレクター
DEAN&DELUCAカフェマネージャー、ドリンクメニュー開発後に独立。カフェレストランオーナーシェフとバリスタを経て、カフェ店舗商品開発やコンサルティング、フードコーディネートなどを手がける。 コレクションテーマに合わせた展示会用のオーダーメイドケータリングやデリバリーは、旬の野菜を中心とした料理が好評。『タピオカミルクティー フルーツティードリンク』『ティードリンクマニュアル』(片倉康博共著/旭屋出版)、『ティードリンクの発想と組み立て』(片倉康博共著/誠文堂新光社)、『ケータリング気分のBox Food』(文化出版局)が絶賛発売中。
このナビゲーターの記事を見る