ひき肉とレタスがあれば、簡単に美味しい夜ごはん!

忙しい毎日だからこそ、“食べること”を大事にしてヘルシーな体調をキープしたいもの。
働く女子に向けて、簡単で・美味しくて・体に優しいレシピをお届けする連載「22時からの夜ごはん」。料理家 田中美奈子さんに、帰宅してからササッと作れる時短料理を紹介いただきます。


今回は、ひき肉とレタスが主役の一品。今夜にでも、ぜひお試しあれ!

旨味たっぷり!肉味噌のレタス包み

【調理時間10分】
お疲れモードな日は、少し味が濃いめのものを体が欲しがちです。でも夜遅い時間に重たいものを食べると、翌日の胃もたれにつながるので避けたいもの。
そこで、冷蔵庫の常備素材ともいえるひき肉に、味噌の旨味で美味しさをプラス。レタスでヘルシーにいただく夜ごはんをご提案します。

●材料 (作りやすい分量)

豚ひき肉 100g
鶏ひき肉 100g
ピーマン  1袋
長ネギ 1/2本

にんにく、生姜 各ひとかけ

甜麺醤 大さじ3
鶏ガラ顆粒 小さじ1/2

ごま油 大さじ1


●作り方

1.にんにく、生姜、長ネギをみじん切り、ピーマンをさいの目に切る。レタスは大きめにちぎり、流水に浸しておく。


2. フライパンにごま油を入れ、1を香りが出るまで炒め、ピーマン、鶏ガラ顆粒を加え、ピーマンに食感が残る程度に炒め、一度取り出す。


3.
フライパンにひき肉を入れ、半分火が通ったらをフライパンに戻して、味噌を加えて炒め合わせる。

ひき肉を炒める時は豚肉から油が出るので、油なしで炒めてOK。 豚ひき肉と鶏ひき肉を合わせる事で油っぽくなく仕上がります。  


出来上がり!

レタスの水はしっかりきってから、好みの量の肉味噌を包んでいただきます。

炭水化物がわりに、シャキシャキした食感のレタスを。舌も胃も大満足!


さらに・・・

翌日は、余った細かい部分のレタスを細切りにしてご飯の上にのせ、タコライス風にしてみてはいかがでしょう。目玉焼きをのせるのもオススメです。

肉味噌は多めに作って、お弁当に活用したり、まぜご飯やおにぎりの具にも◎。
いろいろなアレンジを楽しんでください。


写真・レシピ/田中美奈子

田中美奈子/料理家、カフェディレクター
ナビゲーター
田中美奈子/料理家、カフェディレクター
DEAN&DELUCAカフェマネージャー、ドリンクメニュー開発後に独立。カフェレストランオーナーシェフとバリスタを経て、カフェ店舗商品開発やコンサルティング、フードコーディネートなどを手がける。 コレクションテーマに合わせた展示会用のオーダーメイドケータリングやデリバリーは、旬の野菜を中心とした料理が好評。『タピオカミルクティー フルーツティードリンク』『ティードリンクマニュアル』(片倉康博共著/旭屋出版)、『ティードリンクの発想と組み立て』(片倉康博共著/誠文堂新光社)、『ケータリング気分のBox Food』(文化出版局)が絶賛発売中。
このナビゲーターの記事を見る