好きな映画を聞かれたら、恋が始まるチャンス。100点の回答法教えます

土曜日夜、渋谷のカフェ、蚊に刺されながら必死で書いています。 東京アイツです。 蚊はしぶといなぁと思いながらも、すっかり気温は秋モード。 ここからの季節の移り変わりは怒涛です! あっという間にやって来る、忘年会、クリスマス、帰省同窓会…。 この記事を読んでくれたあなたが、そんな年の瀬の飲み会で、隣りの“あの子”よりもちょっとだけユーモラスでチャーミングな女性になれますように。そんな気持ちで今夜も書きます。

“好きな映画なに?”に強い女はモテる!?

From Getty Image

「この映画行こうぜ」
9月の半ば、気の置けない男友達から突然映画のお誘いがありました。
彼とは大の仲良しだから、「アイツ、こういうの好きだろうな」ってわかって誘ってくれたのでしょう。その日は結局、仕事が終わらずお断りしたのですが、予定が合えばなんとしても行きたかったところ。

下心がまったくないことを証明するように、「あっそ」とひと言残し、彼はひとりで映画館へ。
その時ふと、女の子を映画に誘う男の子の心理って面白いなあと思いました。
女の子にしてみたら、「男女で映画=デート」って考えがちだけど、男子はちょっと違うみたいで。

要は、「焼肉食いたい!」「餃子食いたい!」という衝動と同じ。
特定の食べ物がものすごく食べたい時って、ありますよね。
「誰でもいいから肉付き合って!」みたいな。
今回の場合もどうやらそんな感じだったみたい。

でもそんな時、もし、気になる男の子が自分の映画の好みを知っていてくれたら…。
うまくターゲティングして、相手に印象付けられていれば、誘われるきっかけが増えるのかなあなんて思いました。

となると、自分の映画の趣味のブランディングは超重要!
“普段どんな映画観るの?” “好きな映画は?”
男の子たちって、この手の質問好きですよね。

チーム女子としては、「あなたとデートすることが大切であって、作品は実はなんでもいいんだけどね…」と思いつつ、素敵な回答ができれば、気になる彼との会話ももっと弾むんじゃないかなって思うのです。

“好きな映画は?”

次の飲み会でこの質問が来たら、チャンスだと思いましょう!
映画デートに発展しやすい、下心ありありの必殺回答を考察してみました!

超初級:好きな映画を聞かれたら、死んでも作品名で答えちゃダメ!

From Getty Image

映画なんて年間10本観ればいい方、その程度の私が唱える極論ですが、映画って、とにかく空気/ストーリー/ニュアンスだと思うんです!

私の場合、ストレートに回答するなら、
スターウォーズもジブリも好き、ミュージカル映画も好きだけど、グザヴィエ・ドランも好き。
つまみ食いのように映画を観る私みたいな人にとって、具体的な作品名で答えるのはとってもリスク。だからこそ、好きな映画は、空気/ストーリー/ニュアンスなんです!

問い “好きな映画なに?”
回答例① “最近は、エンディングが釈然としない、曇り空な雰囲気の映画が好きかな?”
回答例② “いろいろ観るけど、親子愛強い系が特に好き!”
回答例③ “心臓がドキドキばくばくして、ワッ! となってふう~ってなるジェットコースターみたいな映画が好き!”
ね? とりあえず次の会話には進みそうじゃない!? 笑
こう答えると、「例えばどんなの?」って絶対に聞かれるので、そこで、好きな作品を素直に答えればいいんです。そしたら、空気感という漠としたもので男の子は捉えて、作品が刺さらなくても会話が続くから♪

“好きな映画なに?”
――“う〜ん、なんでも観るよ?”

出ました。これ、つまらない女。レッドカードを食らって、一瞬にして退場です!
せめてもうちょっと映画の会話を続ける努力を…笑。

レベル2:自分の好きなジャンルの映画を見つける

From Getty Image

私、この間ものすごい刺さる言葉に出合ったんです。
その言葉に出合ったことが、今回この記事を書くきっかけでもあったのだけど。
それが“カミング・オブ・エイジもの”

みなさん、こんな映画のジャンルがあるの、知ってました?
少年少女が何人かで連れ合って、チャリ乗ったりスケボーしたり恋したり、当たり前の生活の中で仲間たちと成長して、バックでいい感じの音楽が流れちゃう系の作品。
こういうのをまさに“カミング・オブ・エイジもの”って言うらしいんです!

元々は思春期って意味の言葉なんだけど、主人公が究極10代の男の子じゃなくても、なんとなくこんな感じの映画が好きって伝わりそうな言葉、“カミング・オブ・エイジもの”。
SFとかラブコメとかサスペンスとかでは、なかなか言い表せない私の気持ちを表現してくれた素敵な言葉。それが“カミング・オブ・エイジもの”。
「それそれ、私が好きなやつだ!」って、大興奮でした。
教えてくれたのは、渋谷にある映画館、アップリンクの公式サイト。
ありがとう、アップリンク!!

もし共感してくれる方がいたら、ぜひこの言葉を使ってみてほしい!
絶対に「うーん、幅広く観るよ?」とか適当に答えないことね。

レベル3:俳優名で答える時は、細心の注意が必要!

From Getty Image

「好きな役者」一見一番簡単な回答そうですよね。
でもこれ、実はかなりの曲者回答。

私、以前気になる男の子とデートで『ラ・ラ・ランド』を観に行ったんです。
でね、うっかり「ライアン・ゴズリングっていいよね、かっこいいし好き!」って言っちゃったんです。

そしたら、彼の口から出てくる出てくるライアン・ゴズリングの出演作の数々…。
私はかろうじて2作知っている程度で、会話はそこで終了。
「かっこいい」という安易な理由で、俳優名とか答えちゃいけないんだって身にしみました、笑。

男の子って基本凝り性。
好きな俳優を見つけたら、その俳優の映画を徹底的に観る人が多いらしい。
ライアン・ゴズリングの後は、マット・デイモンも私大好き! って言おうと思っていたのだけど…もちろん生唾とともに静かに飲み込みました…笑。
彼が特別に映画に詳しかっただけかもしれないけれど、ちょっぴりアーティな人に片思いしている人は特に気をつけましょう。

映画という領域において、男の子には不戦敗でいいと思う

From Getty Image

好きな監督名で答えるのもありかなと思ったのですが、これも結局、作品名や俳優で答えるのと同じ目に合いがち。

特に「趣味は映画鑑賞」って答える男子。これね、女子とレベルが違う!
週2本とか平気で観てるし、おんなじ作品繰り返し観てるし、うっかりセリフとか言えちゃう男子いるしね、笑。
私の結論としては、趣味をテーマに話すなら、男の子に具体的な名称で挑んじゃダメなんです、笑。だって会話が続けられないくらい詳しいから!

次の飲み会の時、いつもと違う角度で好きな映画を答えてみて?
それで、気になる男性から、最後にこの言葉を引き出せたらいいな。

“まじ? 今度映画行こうよ!”

健闘を祈ってます♪ 東京アイツでした。

この秋注目の”カミング・オブ・エイジもの"!

最後に作品を2つほどご紹介させてください。
『キングス・オブ・サマー』
8月から公開されているのでもうすぐ終わり&公開劇場がとても少ないのですが、明らかにいい映画っぽい!カミング・オブ・エイジ感満載!
https://www.kings-of-summer-jp.com/

『パーティで女の子に話かけるには』
12月1日公開の作品、トレーラーを見ただけでわかるカミング・オブ・エイジな雰囲気、私も是非観に行きたい作品です。
http://gaga.ne.jp/girlsatparties/

文/東京アイツ

東京アイツ
ナビゲーター
東京アイツ
東京生まれ東京育ち。 大手広告代理店を退社後、ベンチャー企業にて修行中。 27歳、山よりも高層ビルに癒されるタイプ。 魚座、女より男友達が多いタイプ。 好きな言葉は、タクシー初乗り410円。
このナビゲーターの記事を見る