「年下男子」=「可愛い」それは、幻想です。

“大人のフリ”して放置(我慢したり、見て見ぬふりしたり)せず、煩わしい人間関係をぶった斬り、好きな人たちとだけ生きていく——。そんな“自分基準”を掲げて、人生を楽しく、生きやすくしていきませんか?


脚本家 岸本鮎佳さんの連載「私、幸せになるんで。はい、サヨウナラ」。あなたの人間関係やモノ付き合いの整理整頓&取捨選択に際し、ぜひご参考に!(編集部)

vol.03 「70%の年下男子」


「優柔不断な男」は、嫌だ。

という女性は少なくないと思う。


ただ、それが逆に母性本能をくすぐられるという女性も、これまた少ないだろう。

もし、「優柔不断な年下男子」だったら、どうだろう?


年下だし、お店もあんまり分かんない。

年下だし、お姉さんをデートに誘うのは勇気がいるから、なかなか誘えない。

・・・可愛いじゃないか。


だったら、私が引っ張っていってやるよ!だって、相手は年下男子だから。

「年下男子」と付き合うということで、女性がある程度リードしなければいけない時もあるというのは、覚悟の上だろう。


私自身、正直あまり「優柔不断な男」は、気にならない。

何故なら、私は普段友達といる時でも、自分で決めた方が楽だから。


でも、私は究極の「優柔不断な年下男」に出会ってしまった。


出会ってから、3回目くらいのデート。

もうそろそろ、告白されるかもしれないという期待を胸に、私は待ち合わせの駅に向かった。

その日は、私が見たことのない落語を観に行こう!という約束をしていた。

外は、まだ春が来たばかりで、暖かく優しい風が時折吹いてくるような、完璧な気候だった。


出会ってすぐに、

私 「今日いい天気だね」

彼 「そうだね」

というクソつまんないふんわりとした会話から始まった。


一緒に電車を待っている時も、

彼 「こんなにいい天気だったら、公園でピクニックしたら楽しいだろうね」

私 「うん!気持ちよさそうだね」

・・・はい、クソつまんない会話②。


すると、彼が突然、

彼 「実は俺、いっつも持ち歩いてんだよね」

と言い、リュックの中からビニールシートを取り出した。


そして、

彼 「ピクニックいっちゃおっか!」

え?


あまりに、急な行き先変更。

正直、落語を見る気満々だった私は戸惑ったが、まぁ彼と過ごせれば何でも楽しいはずだし、たしかに天気も良いし、ということで公園に行くことに。

電車の中で、彼が「UNIQLOでちょっと買いたいものがある」ということで、公園の前にUNIQLOに寄った。

彼は¥5,000くらいのダウンジャケットを見つけ、

彼 「これこれ!」

と言いながら、試着をし始めた。


それは、一つ前のシーズンのモデルで、¥1,000ほど値下がりしていた。

そして、最新のモデルのダウンジャケット(こっちのほうが明かに性能がいい)も試着し、

彼 「どっちがいいかなぁ?」

私 「あー、私はこっち(最新モデル)のほうがいいと思う」

彼 「そっかー」

私 「うん、こっちの方が、シームレスだし、暖かいんじゃない?」

彼 「うーん、確かに」

私 「までも、値段で言ったらこっちの方が安いとは思うけど」

彼 「そうだよねー、俺さ、これ持ち運びたいんだよね」

私 「あーだったら、こっち(セール品)の方がコンパクトじゃない?」

彼 「そうだよねーでもこっち(最新モデル)見ちゃうとなー」

私 「うん、こっちの方が良いとは思うよ」

彼 「でも値段もねー」

私 「え、でも¥1,000しか変わらないじゃん?」

彼「や、1000円ってでかくない?」

私 「うん、まぁ、でかいけど・・・だったら、こっち(セール品)にすれば?」

彼 「あー・・・・」


・・・どうでも良いんだけどさ・・・
・・・早く決めて?

とは、勿論言えなかったが、彼はUNIQLOで30分近く悩んで、結局どっちも買わなかった。


え?

ごめんなさい確認なんですけど、ここってUNIQLOさんですよね?
あのファストファッションで日本の生活を救ってくれてる天下のUNIQLOさんですよね?

ヨウジヤマモトじゃないですよね?

そちらのダウンジャケット¥5,000と¥6,000ですよね?

20万と30万じゃないですよね?


「もう一度、家に帰って冷静になって考えてみる」とのこと。


え? 今の時間は何だったの・・・
私の時間返して?

と言いたいのも勿論我慢し、気持ちを切り替え、公園に向かう。



暖かな陽気だったので、公園には沢山の人が、ビニールシートを広げ、ピクニックを楽しんでいた。

・・・OK! 楽しそう!

張り切って行こう!!!


公園の中を散策しながら、ビニールシートを広げる場所を探す。

私 「どーする?」

彼 「どーしよっかね?」

とまたしても優柔不断の神を降臨させる彼。

なかなか、場所を決めてくれない。


神様、どうか、私たちに安息の地をお恵みください!!!

ようやく、腰を下ろしたのは、池のすぐ近くで、小学生たちが野球を楽しんでいる場所だった。


なんか分かんないけど、嫌な予感がした。

とは言え、鴨がゆったりと泳いでいる様子を、ただただぼーっと見つめながら、木陰で言葉少なに過ごす時間は、とても素敵な時間だった。


こんな場所で、本を読んだら、最高だろうな・・・。

私 「こんな場所で、小説とか読んだら、最高だろうな・・・」

彼 「・・・あるよ?」


え?

・・・ん?

彼は、子供が一人入りそうなくらい無駄にでかいリュックの中から、文庫本の小説を取り出し、私に差し出した。


タイトルから察するに、私が最も読まないであろうジャンル、お江戸の人情喜劇。

彼 「これ、短編シリーズで結構出てるんだけどさ、面白いんだよ!読む?」


いやいや、私はそういう意味で言ったんじゃない!

何か、「小説とか読みたくなるような、そんな気持ちの良い気候だね」だ。

私 「いや・・・」

彼 「朗読してあげるよ」


へ? ろ、ろ、朗読?

え? ここで? 鴨と小学生の前で?

朗読?


私の意向を完全に無視して、登場人物の説明をし始めた。
そして、まぁまぁでかめの声で朗読をし始めた。

彼 「『おい!お前さん!うちの女房知らないかい!?』『どうしたんだい!?旦那!』」

親切に、登場人物によって、声を変えている!


まるで、俺、結構演技力あります!とオーディションで主張する役者のように。

野球少年たちも、このカップル何事かと、こちらに目を向けているのがわかる。


ここにたどり着いた時は、太陽が気持ちよくご挨拶してくれていたのに、気付いたら周りに人は誰もいない。
結局完全に日が暮れるまで、彼の朗読会は続いた。


さっきまでUNIQLOで¥5,000のダウンを30分も悩んでいたとは思えないほど、彼の朗読への決意は固かった。


私は帰り道、彼にずっと聞いてみたかったことを、勇気を出して聞いてみた。

私 「ねぇ、私のことどれくらい好き?」


週に1・2回会っていて、それが三ヵ月は続いてる。
LINEもほぼ毎日、くだらない内容を送ってくる。

体の関係はない。

でも、彼からの決定的な一言は、なかった。


彼は少し沈黙した後、こう言った。


彼 「・・・うーん・・・70%くらい・・・?」


な、70%?

実にリアルな数字だと思った。


普通、こういう時相手を気遣える男なら、こんなバカ正直には答えないだろう。

でも、彼はハッキリ70%と言った。

私は一気に目が覚めた。

これらのどの出来事にも共通するのは、「相手の気持ちを考えられない身勝手さ」があるという事。


私が、例え天気が良くても落語に行きたかったこと、UNIQLOで待たされて苛立ったこと、興味のない小説を延々と聞かされること。そして、70%・・・。


彼は、いつでもこの世界に一人で立っている。
隣に人がいたとしても、自分一人の世界に浸っている。

そんな彼と一緒にいるためには、ただ「合わせる」ことをしなければいけない。


好きだという魔法にかかって、私は知らぬ間に彼に「合わせる」ことをしていたのだ。
恋愛において、「合わせる」ということほど、危険なものはない。


それは、年下だろうが年上だろうが関係ない。
決断できない年下男子は、「可愛い」訳じゃない。


そういう男は、きっとその事に気付くまで、同じ過ちを繰り返すだろう。

彼にハッキリと伝えてくれるたくましい女性と出会うことを、願っている。


サヨウナラ、サヨウナラ。

「年下男子」という可愛い魔法にかかってはいけない。


文/岸本鮎佳

岸本鮎佳/脚本家
ナビゲーター
岸本鮎佳/脚本家
脚本家・劇作家・演出家・女優。演劇ユニット「艶∞ポリス」主宰。女性独特かつ綿密な人間観察を土台に作り上げる会話劇を得意とし、笑いを織り交ぜたスタイリッシュな作風で幅広いファンをつかむ。主宰する舞台では、脚本、演出、出演をこなし、近年は映像の脚本も手掛けるなど、その多彩な才能を発揮。現在放送中のドラマL「年下彼氏」(ABCテレビ)では脚本を担当。interFMのレギュラー番組 岸本鮎佳と渋江譲二「艶っぽい夜」(毎週木曜23:00~ / https://www.interfm.co.jp/tsuya )も大好評。
このナビゲーターの記事を見る