犬連れ女子に出会いが多い理由

ドッグラバーはそれこそ世界中にいて、かけがえのないパートナーとして愛犬と仲睦まじく暮らしています。 パリの街にもそんな幸せそうな、飼い主&犬のカップルやファミリーがたくさん。その素敵な関係を、ちょこっと覗き見。


撮影/MANABU MATSUNAGA    

パリの街角カフェで・・・

春が近づいてきて、ちょと浮かれた気分になってしまう今日このごろ。Oh~シャンゼリゼ~♪(といっても、ここはシャンゼリゼ大通りではありませんが)
リヴォリ通り近くの人気ビストロ前から中継です。まだ冬とはいえ、穏やかな気候の一日。ということもあり、テーブル席も賑わっていますね。

ん!?

んんん!?

はい、美女を発見!
カメラマンという職業柄(←言い訳)、キレイな女性は、すぐにレーダーに引っかかります。

とはいえ、連れがいて談笑中のところに、ずうずうしく入っていくわけにもいかず。

・・・が、ラッキー! 彼女、犬連れだ!

(隣の男性は、ボーイフレンドなのかな?)

— あの・・・お寛ぎのところ、すみません。

美女 なんですか?(迷惑そう)

— とても可愛いな、と思って・・・写真撮らせてくれませんか?

美女 ・・・・・・。(かなり不機嫌顔)

— そちらのワンコさんがあまりにも可愛すぎて・・・。

美女 あ、このコね!

— はい、遠くから見てもとても目立っていて、みんな振り返っていましたよ。そのコ(あなた)のこと。

美女 すぐ終わるならいいけど。今、バルセロナから久しぶりに戻っていて家族団らん中だから、あまり邪魔されたくないの。隣は弟で、こっちはママよ。

— ボンジュール。はい、すぐ終わらせますので!(なんだ、ボーイフレンドじゃなくて弟か♪)

(可愛いだけじゃなくて、おしゃれだな~♡)

美女 ミロスのアップだけよ。私のことは撮らないでね。

—  もちろんです!(もちろん、撮ってます♪)  あ、ミロスって名前なんですね!

ミロス ちょっと、ワタシをダシにして・・・、飼い主をナンパしないでよ。

— (聞こえないフリ) ミロスとは、どちらで出会ったんですか?

「ミロスは私のことがだ~い好きなのよね!」

美女 ミロスは生まれてまだ6ヵ月なのよ! 私バルセロナの大学に通っていて、ちょっとホームシックになったときにこのコと出会ったの。フレンチブルだから、フランス語で話せるじゃない(笑)。ま、ミロスはバルセロナ生まれだけどね。

— ホームシック! それは心細かったですね。ボク、ときどきバルセロナに行くことがあって・・・

(なぜかビミョーに視線を合わせてくれないミロス)

ミロス お呼びじゃないよ。

— えっと?

ミロス 彼女の薬指を見て。フィアンセいるからね。

— (がーん・・・)

ミロス ワタシ、眠い・・・。

美女 あら、もう飽きちゃったみたい! もう終わりにしていただける?

— あ、はい、ありがとうございました・・・。(失恋・・・)

美女 ミロスはね、大きい犬とか、あなたみたいに気軽に近寄ってくる人のことが苦手なのよ。いつもだったらすぐ吠えるのだけど。あなたには吠えなかったのが不思議ね。

— おかげさまで、いい写真が撮れました。メルシィ・・・。ミロス、さようなら・・・。

(てか、すでに寝てるし・・・)

もしも彼女がホームシックにかかっているときに、ミロスじゃなくて、ボクと出会っていたら・・・と、いらぬ妄想が頭をよぎりました。
ま、ミロスがいなかったら、声を掛けることもできなかったけど! 犬が一緒にいると、やっばり近づきやすいよなあ。

出会い待ちの女性の方、ぜひ犬を連れて街に出て。きっと声を掛けられることが多くなるに違いありませんよ。

ビビッて後ろ足が上がっちゃってるし(笑)

失恋(!)した帰り道、またまた別のフレンチブルと遭遇。大型犬に出くわして、怖がっているところを目撃。フレンチブルって、顔に似合わず(失礼!)、気が弱いんですね。そして甘えん坊。
強面(こわもて)だけど、愛されキャラ。ぜひ、見習いたいもんだ。

美女とミロス。また、いつかどこかで会えますように。

MANABU MATSUNAGA/フォトグラファー
ナビゲーター
MANABU MATSUNAGA/フォトグラファー
北海道生まれ。幼少の頃から父の影響で写真を始める。ポートレイト、ルポルタージュなど幅広く活躍中。パリ在住。
このナビゲーターの記事を見る