独身アラサー女子の一ヵ月のリアルな支出をのぞき見!月収34万円の使い道は?

毎月1人ずつ、読者の皆さんにお財布の中身や家計簿を公開していただくGINGERの人気連載「MONEY事情」。    

今回登場していただいたのは、PR会社勤務の三上奈津美さん(仮名/32歳・独身)。彼女の家計簿とお財布の中身を、さっそくチェックしていきましょう!    


年収と、現在の貯蓄額を教えてください!

「2年前に長く勤めたアパレル会社からPR会社に転職。違う業界を知りたかったのと前職での経験を活かしたく、希望していた業種に就けました。現在の年収は約500万円。ただ、正直、多忙な業務内容には見合っていない年収だと思っています」 (三上さん)

1ヵ月の収支を見直して気になるのは?

「やっぱり交際費にかなりかけていることが判明して、ちょっと反省しています。もう少し抑えることも意識したいですね」 

現在の貯蓄額は? 

「毎月使わなかった分を貯金して貯まったお金が150万ほど。目標額みたいなものは特にありませんが、最低でも100万円くらいは貯金があるようにしています」

今、課題に感じているのは貯金の増やし方と話す三上さん。

「特に目標もなくただ貯めているという状態なので、もう少し将来のためにマネープランを考えたいです。投資や運用にも興味があるし、今後は貯金の増やし方を勉強していきたいです」


三上さんの場合、収入が多いので貯金できていますが、外食や交際費、ファッション・美容費が多め。生活費以外のご褒美支出は手取りの20%を目安に。食費も15〜20%程度に留めるのがベストです。皆さんもこれを機に、家計をきちんと見直してみましょう!    


撮影/植一浩

GINGERweb取材班
ナビゲーター
GINGERweb取材班
アラサー女子の心と脳を活性化させるニュースからインタビューまで、見逃せない話題のあれこれを丁寧にレポート。あなたの“やる気”をアップする刺激的なネタが勢ぞろい!
このナビゲーターの記事を見る