おりものが多い、においや色が気になる・・・。婦人科に行くべきおりものの見分け方は?

おりものの量が多くなった、においが気になる、色が混じっている・・・など、何かの病気の前兆かと不安になることがありますね。暑くて湿度の高いこの季節は、いつも以上に気になる人も多いかと思います。

おりものの量は、多めの人、少なめの人がいて、個人差が大きいもの。においや色も、体調の変化によっても変わります。でも放っておいてはいけない、おりものもあります。その見極め方をお伝えします。

おりものは天然の殺菌クリームです

腟に限らず、人の粘膜は粘液を分泌しています。腟内の分泌物は、腸内に存在する乳酸菌と同様で、常に存在するデーデルライン桿菌(かんきん)という善玉菌です。大腸菌やカンジダ真菌などの雑菌が増えないように働いています。

強い酸性で、ほかの菌が体内に侵入してくるのを防ぐ役割があり、腟からの分泌物は、天然の殺菌クリームといってもいいものです。このデーデルライン桿菌が少なくなったりすると、腟内の抵抗力が落ちて感染を起こしやすくなります。

腟はいろいろな菌が紛れ込みやすい部位です。外部から進入する菌を腟内の分泌物が殺して、おりものとなって排出します。

また、排卵期、生理前など、女性ホルモンの周期によっても、子宮頸部の頸管粘液がたくさん分泌し、おりものが増える時期があります。

無色、甘酸っぱい香りなら心配なし!

いつもと同じようなおりものなら、自然なものなので問題ありません。生理周期や体調によっても量の増減はありますので、多少おりものが増えても心配することはないでしょう。

おりものやちょっとしたかゆみは、生理的によくある症状で、腟には自浄作用があります。おりものは、腟の中を酸性にして適度なうるおいをもたせることで、外敵の侵入を防いだり、性交渉の準備をしたり、妊娠しやすい状態を作ったりする大切なものです。これが腟の自浄作用です。

個人差はありますが、正常なおりものの色は、透明に近いか、白っぽい色です。正常な状態では卵白のように伸びがあります。下着などに付いて乾くと、薄黄色に変色します。

においは、かすかに甘酸っぱさがある場合が多いです。このにおいの元が、デーデルライン桿菌という善玉の乳酸菌です。

洗いすぎ、締めつけすぎに要注意!

おりものを過剰に気にして、携帯用ビデなどで腟内を洗いすぎると、天然の殺菌クリームを洗い流してしまうことになりかねません。自浄作用が弱まり逆効果のことも。トイレのウォシュレットシャワーくらいならいいですが、トイレのたびに毎回洗う必要もありません。入浴のときに、できればデリケートゾーン専用の石鹸を使って、ぬるめのシャワーで軽く洗い流すくらいでも十分です。

下着が汚れることを気にして、おりものシートを使う人がいますが、おりものが多いときは、肌も敏感になっています。おりものシートで擦れて、かぶれることも。きついガードルやジーンズで締め付けるのもよくありません。炎症を起こすきっかけになります。

注意が必要なにおいと色は?

女性ホルモンのバランスや体調を崩すことで自浄作用が低下し、腟炎を発症することがあります。体内の抵抗力が落ちて腟内の環境を守れず、炎症を起こしてしまうからです。  

よくあるのは、生理前の抵抗力が落ちたときや抗生物質を服用したあとなどで、免疫力が一時低下し、カンジタ菌や大腸菌が繁殖する場合です。

ヨーグルトや豆腐のカス状のおりものがある場合は、カンジダ腟炎を疑います。性感染の場合もありますが、セックスの経験のない人にも発症します。カンジタ菌や大腸菌による炎症は、ひどくなる前に受診し、薬で治療すれば簡単に治ります。

注意が必要なのは、いつもと違ういやなにおいと色(黄色、緑、茶色っぽい)です。婦人科を受診すべきポイントになります。 性感染症(STI)の可能性が考えられるおりものについて、次に挙げます。

性感染症(STI)の可能性もあります

性感染症(STI)でおりものが増える可能性もあります。性感染症をそのままにしておくと、腹膜炎になったり、不妊症の原因になるなど、いろいろなトラブルを起こします。

おりものに、いつもと違うにおい、違う色を感じたら、まず婦人科を受診しましょう。婦人科では、綿棒で腟から粘液を採取する検査で簡単に調べられます。「おかしいな。いつもと違う!」と思ったときが、受診のタイミングです。

緑がかったおりもので下腹部痛がある人は、クラミジアが疑われます。婦人科の検査では、血液による抗体、もしくは頸管内での抗原採取を行います。クラミジアは、不妊の原因にもなるので注意が必要。

泡沫状の黄色のおりものが現れる場合は、トリコモナス腟炎の可能性もあります。

茶褐色や赤っぽい場合には、おりものに血が混ざっている可能性があります。悪臭がする、おりものが増加したなどの症状が重なっている場合には、子宮頸がん、子宮体がんなどが疑われます。

ほかにナプキンを長時間使用していることで、腟炎を起こすこともあります。また、皮脂やアポクリン腺、毛嚢などの皮膚炎による場合があります。

腟錠や抗真菌剤、抗生剤などで改善できます

腟炎の場合は、早期治療で治療期間も短くて済みます。菌が同定された場合は、それに応じた腟錠や軟膏の処方(抗真菌剤や抗生剤)、また強いかゆみには、ステロイドの含まれた軟膏を短期間処方されることもあります。

また、パートナーにも性感染症(STI)などの疑わしい症状がないかを確認することも大切です。性感染症の場合、パートナーと同時に治療をすること、治療期間セックスを止めることで再発が激減します。

症状が軽くなると再検査を受けない人がいますが、性感染症の再発防止のため、症状が良くなったときにぜひ再検査を受けましょう。

増田美加/女性医療ジャーナリスト
ナビゲーター
増田美加/女性医療ジャーナリスト
NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。本誌「30歳美容委員会・女性ホルモン整え塾」でもお馴染み。エビデンスに基づいた健康情報、予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書は『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人「みんなの漢方R」理事長、NPO法人「乳がん画像診断ネットワーク(BCIN)」副理事、NPO法人「女性医療ネットワーク」理事、CNJ認定「乳がん体験者コーデイネーター」ほかを務める。
このナビゲーターの記事を見る