MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年2月号 表紙 JO1
2月号 Now on sale
エンタメに抱かれたい

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TRENDライフスタイル

2020.10.24

どこに行ってもチヤホヤされる・・・なぜか好かれるオンナの特徴

学生時代からの友人や会社の同僚のなかで人気のある子は、なぜ皆から好かれているのか知っていますか? 「美人だから」「性格がいいから」はもちろんですが、惹き付けられる理由はそれだけではないのです。
ものごとの本質を知り、人と比べない習慣を身につけるための連載「オンナの生き方・磨き方」。vol.19となる今回は、媚びていないのにどこに行っても特別扱いをされる“アイドル女子”の共通点についてです。

乙部アン

(c)AstroStar/Shutterstock.com

いつでも本音で話す

初めて会った人にまでも優しくされる“アイドル女子”は、いつも本音が基本です。とはいえ、「思ったことをすぐに言う」こととは大違い! 自分の気持ちを正直に伝えつつも、言葉選びやタイミングには最新の注意を払うことができる、それが人気の秘密です。自分にも相手にもウソをつかないその姿勢は、誠実さそのもの。
反対に、耳障りが良くても気持ちのこもっていない言葉を発する人は、どこか胡散臭く感じるもの。正直に、けれど思いやりを持つのがみんなに好かれる“アイドル女子”です。

他人の長所を見つけるのが上手

好かれるオンナは皆一様に、人のいいところを見つけるのがとても上手です。悪いところよりいいところにフォーカスすることで、むやみに苦手な人が増えないうえに、男女関係なく発せられる“好き好きオーラ”に、自然と人が集まるのです。
長所を見つけるのが苦手な人も、これは一種のクセのようなもの。自分のいいところ、そして他人のいいところをたくさん見つけるトレーニングをしてみましょう。

全然、完璧じゃない

もしもあなたが「自分は人から好かれない」と悩んでいるとしたら。「私は美人じゃないから」とか、「コミュニケーションが下手だから」というように、どこか欠点を探し、それが好かれない理由だと位置づけてはいませんか?
けれど人気のある“アイドル女子”は、決して完璧な人ではありません。どこか抜けていたり、だらしない部分も含め、好かれている人が多いのです。そんな欠点までチャームポイントに変えてしまうのは、彼女が自分の欠点を認めているからこそ。開き直りとは違って、自分の欠点ごと愛してしまっているその包容力が、人を引きつけてやまないのです。

自分にも他人にも寛容

先に挙げたように、“アイドル女子”は自分にちゃんと向き合い、短所すら認めています。つまり、自分が完璧じゃないことを知っているからこそ、自分にも他人にも優しくいられるのです。
大人になったら、正しさと同じくらい優しさを大切に。他人をジャッジしないオンナは、たとえ何かで失敗したとしても、だれからも厳しく裁かれることはありません。

少々のぶっちゃけ話ができる

現代の“アイドル女子”は、キレイなところばかりを取り繕ってみせたり、誰かに媚びるような態度はしません。それどころか自身の失敗談を明るく笑い飛ばすような、ぶっちゃけ話ができる“いいヤツ”なことがほとんどです。何も暴露話をしなさいというのではなく、腹を割ってリラックスした話ができる——そんな肩の力が抜けた部分が壁を取り払い、他人の心を開かせるきっかけにもなるのです。

自分の人生に集中している

どんな場面でもチヤホヤされる“アイドル女子”は、自分以外の誰かに振り回されたりしません。彼やダンナさんなどパートナーがいたとしても、自分の人生に集中し、自立しています
他人の言いなりになったり、自分の生活を犠牲にしてでも相手に尽くす人は、都合がいいとは思われても本当の意味で長く好かれることはありません。仕事でも趣味でも、何かに夢中な人は美しい。その美しさが多くの人を魅了するのです。

乙部アン

(c)Black Salmon/Shutterstock.com

好かれようとしていない

皆から好かれるオンナは、好かれることを目的としていません。常に“今”に集中し、毎日を一生懸命過ごしている結果、好かれているのです。反対に、好かれることを目的としている人はどうしても基準が自分ではなく他人軸となってしまい、接する相手によって自分軸が常にぶれてしまいます。
いつでもどこでも人気のある“アイドル女子”を素敵だなあ、と感じるのならば、好かれようとするのはやめましょう。他人に好かれてもそうでなくても、あなたの素晴らしさや価値には何の関係もありません

今回は“好かれるオンナの特徴”を挙げましたが、好かれるために行動する必要は決してない、ということはおわかりいただけましたでしょうか?
誰かから好かれるか否かというのは、目的ではなくただの結果。どちらでもいいし、どちらだとしてもあなたの存在価値は変わらないのです。周りにも自分自身にも優しくゆるく。自分の人生にだけ夢中になって、これからの毎日を過ごしましょう!

TEXT=乙部アン

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年2月号 表紙 JO1

2月号 Now on sale

エンタメに抱かれたい

最新号を見る

定期購読はこちら

2月号 Now on sale

エンタメに抱かれたい

GINGER2021年2月号では、今の時代に知っておきたいエンタメ・ムーブメントを大特集。
表紙は、日本から世界を目指し、およそ6,000人が参加したサバイバルオーディション番組から誕生したJO1が登場。デビュー後の1年間を振り返りつつ、自分たちの未来について熱く語ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる