MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年2月号 表紙 JO1
2月号 Now on sale
エンタメに抱かれたい

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TRENDファッション

2020.10.11

ジャケット大流行!着こなしは“かっちりしすぎない”のが今っぽい

マニッシュでカッコいい雰囲気を演出してくれるジャケットは、トレンドアイテムというより、いまやファッショニスタの定番。秋の始まりとともにセレブたちが軽めのアウターとして羽織り始めたのはもちろん、9月にミラノやパリで行われたファッションウィークでも大人気だったようです。この秋はカジュアル感をプラスした、少し遊びのある着こなしに注目です!

オリヴィア・パレルモ

Licensed by Getty Images

オリヴィア・パレルモ

ミラノファッションウィークのストリートで、個性的なダブルジャケットを主役にしたオリヴィア。印象的なペイズリー柄をシックなカラーで落ち着かせた、存在感あふれる1着は、エトロのもの。インナーには自身のブランドのシンプルな白シャツを選んで、クリーンに。
ダークトーンがクールな切りっぱなしデニムを合わせて、大人っぽくカジュアルダウンさせています。クロップド丈で目をひく足元は、甲のカッティングが独特なロジェ・ヴィヴィエのピンクサテンパンプスで女らしさをアピール。

ケイティ・ホームズ

Licensed by Getty Images

ケイティ・ホームズ

ジャケットをエフォートレスシックに着こなしたのは、新恋人とウワサされるセレブ御用達レストランのシェフとNYデート中のケイティ。マンゴーのほっこりしたニット素材のジョグパンツとベーシックな白Tでリラックス感満載に、かっちりしたダブルジャケットを羽織るMIXスタイルが斬新ですね!
「70sブレザー」とネーミングされたクラシカルなジャケットは、フレームのもの。優しげなラテカラーのワントーンは、白スニーカーにココア色のソックスを効かせる小技もお見事です!

リタ・オラ

Licensed by Getty Images

リタ・オラ

アスレジャーなジャケットスタイルで、ロンドンのカクテルバーでキャッチされたリタ。パワーショルダーとタイトミニの強めな印象を、上品なキャメルカラーで和らげるスーツはデヴィッド・コーマのもの。同ブランドのピカピカ光るフェイクレザーのバイカーショーツでスポーティなエッセンスを加えて、今っぽく仕上げています。
足元は思いきりレディライクに、チェーンが煌めくジミー・チュウのパンプスを。パテントレザーの輝きがバイカーショーツと相性抜群なカメラバッグはシャネルのもの。

ブランカ・スアレス

Licensed by Getty Images

ブランカ・スアレス

Netflix製作のスペインドラマ『ケーブル・ガールズ』の主演女優ブランカは、サン・セバスチャン国際映画祭でカジュアル感をブレンドしたロングブレザーコーデを披露。シンプルなブラックワンピに、ビッグボタンがアクセントになるオーバーサイズのダブルジャケットを重ねて、マニッシュな雰囲気を漂わせています。話題を呼んだのは、キラキラ光るダッドスニーカー。クリスタルがずらりと並んだ、ユニークな1足はグッチのもの。ディオールのエレガントなバッグとのミスマッチで着こなしの鮮度アップ!

クセニア・アドンツ

Licensed by Getty Images

クセニア・アドンツ

パリ・ファッションウィークのオフランウェイで注目を集めたのは、ドイツの人気インフルエンサー、クセニアの目新しい配色コーデ。鮮やかなパウダーブルーのテイラードジャケットとパステルカラーのシャツをグラデーションにすることで、さわやかな印象を強調しています。
辛口ムードなフォレストグリーン色のパンツとの、リュクスなカラーブロックが新鮮ですね。アクセサリー感覚でちょこんと持ったのは、モダンなシルエットが話題のフレンチブランド、コペルニの「ミニスワイプバッグ」。

ジャケットはかっちりとした印象が強いだけに、簡単にきちんとしたコーデになるのはもちろん、逆に着崩しが楽しめるのが、ファッショニスタに支持される理由のようです。コートが登場するまでのアウターとしても活躍してくれる便利アイテムで、この秋は着こなしの幅を広げてみませんか?

TEXT=江口暁子

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年2月号 表紙 JO1

2月号 Now on sale

エンタメに抱かれたい

最新号を見る

定期購読はこちら

2月号 Now on sale

エンタメに抱かれたい

GINGER2021年2月号では、今の時代に知っておきたいエンタメ・ムーブメントを大特集。
表紙は、日本から世界を目指し、およそ6,000人が参加したサバイバルオーディション番組から誕生したJO1が登場。デビュー後の1年間を振り返りつつ、自分たちの未来について熱く語ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる