GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年11月号
11月号 Now on sale
人生がととのう! 快感レッスン

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2022.09.22

ホラー?ファンタジー?映画『LAMB/ラム』は愛おしくて、不気味

映画ライター渥美志保さんによる連載。ジャンル問わず、ほぼすべての映画をチェックしているという渥美さんイチオシの新作『LAMB/ラム』をご紹介。

個性派映画の極めつけ『LAMB/ラム』

北欧といえば「おしゃれデザイン」みたいなイメージがありますよね。ナチュラルでシンプルで、スマートなんだけどどこか温かみも感じられるみたいな。サウナとか湖とかキノコ狩りとかムーミンとかがパッと浮かぶんですが、でも「世界一臭い缶詰」っていうのも確か北欧にあったはず…と思うと、なんや知らんけど、おしゃれなだけじゃない国のような気もしてきます。実は映画に関しては、スウェーデンとかデンマークとかアイスランドって「鬼才」「個性派」と呼ばれる監督の宝庫で、フランスとかドイツとかイギリスとかと併せて「ヨーロッパ映画」とひとくくりにはできない、なんやら独特の奇妙な作品がすごく多かったりします。この『LAMB/ラム』という作品もそんな作品――というか、極めつけ! みたいな作品です。

舞台はアイスランド、外界と隔絶された山間の片田舎。主人公はそこで牧羊を営む子供のいないマリアとイングヴァルの夫婦です。シーズンなのか、羊が次々と出産する中、ある「特別な仔羊」が生まれます。妻はその仔羊に「アダ」と名前を付け、自分の子供として育てることに。ええ、ここまでで十分変なんですけど、一寸法師とか親指姫みたいな話と思えばなんつうことはありません(知らんけど)。

迫りくる不穏な空気にぞくり

ここから話はさらに妙な具合になってゆきます。幸せにくらす3人家族の生活を壊しかねない存在が見えてくるんですね。ひとつは「アダの本当の母親=母親羊」。母親羊は、群れから離れて一人、どうやらマリアをジーーーッと見てる。彼女が自分の子供をとり上げたことを知っているわけです。そんな中、今度はイングヴァルの弟ペートゥルが、ふいに夫婦の家に転がり込んでくるんですね。「特別な羊」であるアダを人間の子供の様に扱い、溺愛し執着するマリアと、それに何も言わずに許しているイングヴァルが信じられず、「こいつは人間じゃない!」とアダを「動物扱い」してはばかりません。そういう中で、何かとんでもないことが起こってしまいそうな不穏な空気が、どんどんと膨れ上がってゆきます。

想像のさらに上をいく結末とは…

セリフが少ないし決定的な映像はなかなか見せない、多くを説明しない映画ですが、その代わり様々に仕込まれたほのめかしが、観客の想像力を刺激します。例えば、アダが生まれたときのイングヴァルが浮かべる曇った表情、家の裏手にある3つの小さなお墓、「マリア」「羊」「ペートゥル(ペテロ)」というキリスト教の記号、アダの中で目覚めてゆく何か、マリアとペートゥルの関係、雨の夜に訪れ羊を慄かせる何者かの存在。特にアダと母親羊のにらみ合いなんかを見ていると、羊が羊に見えなくなってきます。ホラーかと思えば、つい吹き出すようなオフビートな笑いがちょいちょい挟まれたりも。家族の多様性? 女性の狂気? 宗教? ただのエンタメ? なんて思ってるうちにやってくるラストは、いろんな意味で驚愕と困惑なのですが、日本とは全く別の感性をおつりがくるほど味わえるのは間違いありません。映画でしか味わえない世界を、ぜひぜひお楽しみください。

『LAMB/ラム』
監督・脚本/ヴァルディミール・ヨハンソン
出演/ノオミ・ラパス、ヒルミル・スナイル・グズナソン、ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン
https://klockworx-v.com/lamb/
2022年9月23日(金)ロードショー
©2021 GO TO SHEEP, BLACK SPARK FILM &TV, MADANTS, FILM I VAST, CHIMNEY, RABBIT HOLE ALICJA GRAWON-JAKSIK, HELGI JÓHANNSSON

渥美志保の記事をもっと読む。

TEXT=渥美志保

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年11月号

11月号 Now on sale

人生がととのう! 快感レッスン

最新号を見る

定期購読はこちら

11月号 Now on sale

人生がととのう! 快感レッスン

9月21日(水)全国発売のGINGER2022年11月号通常号の表紙には、デビュー15周年、アニバーサリーツアー真っ只中のHey! Sɑy! JUMP 山田涼介さんが初登場。大人の男のカッコ良さと色気を漂わせるワントーンにまとめたスーツ姿は、表紙解禁と同時に編集部にファンから感激のコメントが殺到。さらに10月号からスタートしたHey! Sɑy! JUMPの連載「TAG」では、彼がメンバーの髙木雄也さんをプロデュース。いつもとは違う表情で誌面を飾ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する